東武百貨店 船橋店

B1F
4番地

銘酒撰
メイシュセン

銘酒撰

  • 日本酒
  • 洋酒
  • ワイン

電話番号:047-425-6069

地下1階4番地 「銘酒撰」では、お酒好き必見の希少和酒(日本酒・焼酎)の品揃えを拡充してリニューアルオープン。ビール・ウイスキーなども含め幅広く取り揃えております。 また、試飲販売などイベントを行います。

船橋に本店を構える日本酒と本格焼酎専門店「酒のはしもと」がお勧めする希少和酒の品揃えを強化。
酒アドバイザーが美味しい飲み方やおつまみまでアドバイス致します。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
※お車・オートバイなどを運転されるお客さまの飲酒はご遠慮いただいております。

ショップニュース

  • 2024/04/23

    2024年度和洋酒売場宣伝販売会日程(5月)

    5/2(木)~5/8(水) 七郎兵衛(青森県)
    1644年に創業。津軽最古の酒蔵と伝えられています。濃厚と言われる津軽の酒の中でもとりわけボディが強く芳醇でかつ飲み飽きない辛口に仕立ててあります。一般的な清酒と比較して色が濃いのも特徴です。これは、酒本来の味を余すことなく残す為、色をとる処理をしていない為です。また、蔵の中で一年間以上じっくり熟成させてから出荷しているので色は一層濃くなっています。

    5/2(木)~5/8(水) 大多喜城(千葉県)
    1781年に創業した歴史ある城下町で長きにわたり愛される南房総の地酒。
    日本酒の味を深く追求し、丁寧に作る事を大切にしている『豊乃鶴酒造』。
    純米吟醸が人気です。爽やかでつるりと飲みやすく、中辛口。
    ぜひ、日々の晩酌にどうぞ。

    5/9(木)~5/15(水) 丹沢山(神奈川県)
    「食べ物との一体感」を信条とし、
    酒たけがスタンドプレイをするのではなく、酒が食べ物の旨みを引き出し、
    同時に食べ物が酒の味わいを高めるような、そんな調和的関係を造りたいと考えています。深い味わいと余韻を残しながら、すっとキレていくような酒。
    ぜびお試しください。

    5/9(木)~5/15(水) おおやま夢工房(大分県)
    九州有数の梅の郷。大分県日田市大山町。
    梅林に囲まれた環境から梅の実の力を最大限に生かした梅酒。
    朝採りの梅をその日のうちに漬け込みし、長期熟成を重ねています。
    本格梅酒です。母の日のギフトにもお勧めです。

    5/16(木)~5/22(水) 羽前白梅(山形県)
    創業は 1592年。「常温で香りと味のバランスがとれた酒を目指す」
    食中酒として飲み飽きしない酒はお燗にもおすすめです。昔も今も変わらぬ酒造りの基本を守り、純米酒を中心に爽やかで個性豊かな酒を造り続けています。炭素ろ過をしないにもかかわらず、雑味が無く、米の旨みと熟成を楽しめる酒は一飲の価値があります。
    お試しください。

    5/23(木)~5/29(水) 玉桜(島根県)
    広島県との県境近くに位置する玉櫻酒造が醸す代表銘柄「玉櫻」(たまざくら)は、「お燗」、「生酛」、「純米酒」という三つのテーマに則って製造されています。この酒蔵は、全ての酒造りにおいて地元産契約栽培米を使用し、原料米の味わいを存分に楽しむことを目的に、ブレンドを行わずに完全発酵させた後、濾過せずに熟成させる手法を採用しています。この結果生まれる熟成酒は、裏貼りに醸造年度が明記されており、年ごとに変化するその味わいを楽しむことができる。特に熱燗で飲むとその特徴が一層引き立ちます。

    5/30(水)~6/5(水) 花垣(福井県)
    酒造りを始めてから120有余年。古きよきものから新しい創造を生み出すため
    伝統的かつ挑戦的な酒造りを行っています。
    「手造りに徹して目の届く量を丁寧に醸し、より、高品位の酒を世に送り出す」ため純米酒にこだわっています。

ホームページの表示価格は「消費税込み」の価格です。