東武百貨店 池袋店

8F催事場
6F 8~10番地 時計サロン

2019 東武ワールドウォッチフェア

イベント一覧

  • ワールドウォッチフェア
会期
2019年8月22日(木)~27日(火)
8F催事場 営業時間:午前10時~午後8時※最終日は午後6時閉場
第二会場 6F 8~10番地 時計サロン 営業時間:午前10時~午後8時 


心がはずむ、自分らしい時計選び
~豊かなライフスタイルのために上質な1本を~

高級時計の世界は日々進化を遂げています。
たとえば特殊素材による新たな表現、より緻密で美麗な複雑機構など、そのアイデアは様々です。
そんな状況を背景に、今年も多種多彩な時計が続々登場。
もちろん使い手の選択肢が広がったのは言うまでもありません。
そんな中、一体どんなモデルを選べばいいのでしょうか?
ヒントは、自分の価値観や理想のライフスタイルの中にあります。
独自の価値基準に合わせて選んだ時計は、きっと“自分らしい”1本となるはず。
そんなこだわりの時計が手元で輝いていれば、心がはずみ、毎日が充実したものになるのでは?
さあ、この機会に自分らしい時計を見つけて、豊かなライフスタイルへの一歩を踏み出しましょう。


2019 東武ワールドウォッチフェア カタログの掲載内容は2019年6月時点のものです。
掲載商品の一部につきましては、9月以降のお渡しのため、ご予約にて承ります。
都合により、価格の変更、仕様の変更、お渡し時期の遅れ、商品が入荷しない場合がございます。予めご了承くださいませ。
※表示の税込み価格は『消費税率8%』の価格です。なお、10月以降お渡しの場合は販売時の消費税率で計算した価格となります。





“SIHH”“バーゼルワールド”でわかった2019年の特徴とは?


ブランドの“強み”を生かした個性的な時計がズラリ!
SIHH 2019、バーゼルワールド2019という国際時計見本市を通じて、見えてきたのは時計ブランドが原点に立ち戻っているということだ。
というのも、今やスマホ全盛期。時計は、時間を知る道具というルールから解放されたが、かえって存在意義が揺らいでしまった。
デザインやコンセプトの進化の方向性が定まらないからだ。そこで各ブランドは、原点へ回帰。
過去の重要なモデルを復刻し、“ブランドの歴史”をアピール。また、複雑機構に傾倒し“技術力”を主張。
使う素材にこだわり“先進性”も強調しはじめた。
その結果、復刻モデルによって、成熟したデザインの時計が増加。
様々な時計機構は、時計ファンの所有欲を満たしてくれそう。
そして先進的な新型素材は、軽さや耐アレルギー、耐磁性能など、機能性においてユーザーに大きなメリットをもたらしてくれるだろう。
そんな新たなモデルたちが見本市では会場を賑わしていた。
さらに時計業界では、“審美性”もテーマになっている。単なるデザインだけでなく、ケースの磨きやダイヤルの質感といった、目立たないけど心に染み入る美しさを追求するようになっている。発色のよいカラーダイヤルやグラデーション処理、あるいはマザー・オブ・パール製のダイヤルなどはその好例だろう。
またケース表面を場所ごとにサテン&ポリッシュ仕上げすることで、立体感や輝きを演出するテクニックも向上している。
ブランドが原点を見つめ直したことで、時計市場がさらに拡大することだろう。
それはすなわち、“時計を選びやすい時代”になったということに違いない。

  • 篠田哲生
    TETSUO SHINODA
    時計ジャーナリスト/時計専門誌、ファッション誌、ライフスタイル誌、WEBなど幅広い媒体で時計記事を担当している。
    時計学校を修了した実践派であり、年に数度はスイスにて現地取材も行う。
    カジュアル系からラグジュアリー系まで、全方位にアンテナを張り巡らせている。




キーワードから知る今年のトレンド

  • “新素材”が続々登場 カーボンやセラタニウムなどの最先端の素材を採用するブランドがさらに増えた。
    軽いうえに耐久性があるのが特徴で、実用性が高くて見た目もよいモデルが今後も登場しそうだ。

  • “宇宙”テーマのモデル
    今年は人類が月の上に立ってから、50周年。
    そのためかムーンフェイズや宇宙、星などをモチーフにしたモデルが業界を賑わせている。
    あのアポロの機体を宿した時計まで出現。

  • “ブロンズ”ブームがさらに過熱!? 近年、脚光を浴びているのがブロンズケース。
    経年変化による退色が生み出す色合いが、“枯れた”魅力を発するユニークなモデルだ。
    今年は採用するブランドが増え、さらに人気傾向。

  • “グリーン”人気が健在
    ここ数年のトレンドカラーといえばグリーン。
    今年はそのバリエーションがさらに豊富になった。
    カジュアルな装いとの相性もよく、1本持っておくと着こなしの幅が広がるので是非!




[8F催事場]




[6F 第二会場 時計サロン(8~10番地)]




[8F催事場]



ジラール・ペルゴ

SINCE 1791
GIRARD-PERREGAUX
[ジラール・ペルゴ]


卓越した時計技術に美しさを加えた
スイス時計産業の中心地ラ・ショー・ド・フォンを拠点とする実力派ブランド。
時計を動かすムーブメントやそれを収めるケースなどを自社で一貫製造している。
そのため、細部にわたる緻密な仕事ぶりが長年にわたって支持されている。
時計の審美性にも定評があり、メカニズムを見せるスケルトンダイヤルや、
ポップさとエレガントさを両立したレディスウォッチなど、
心躍らせる時計が揃っているのが特徴。



  • [01]
    1945年製モデルのデザインを継承した1本。
    デザイン様式〝アール・デコ〞の〝シャープな直線と優雅なカーブ〞という特徴を生かしている。
    ダイヤルが半透明ガラスのため、2枚のディスクを使ったラージデイト表示や月の満ち欠けを表現するムーンフェイズの機構がよく見える。
    ●ヴィンテージ 1945
    (ケースサイズ36.10×35.25mm、自動巻き、18KPGケース、アリゲーターストラップ、30m防水、キャリバーGP03300-0062 )
    410万4000円
    東武販売予定数1本

  • [02]
    オーバル型ケースに装飾をあしらった美しいレディスウォッチ。
    ダイヤルは光の加減で色彩が変化するマザー・オブ・パールを使用しており、ベゼルにはダイヤモンドをセッティング。
    9時位置の小さな花は秒針を兼ねており、クルクルと可憐に回転するという愛らしい時計だ。
    ●キャッツアイ プラム ブロッサム
    (ケースサイズ35.40×30.40mm、自動巻き、SSケース、カーフストラップ、キャリバーGP03300-0149)
    177万1200円
    東武販売予定数1本





SINCE 1832
LONGINES
[ロンジン]


歴史を背景にした時計作りに邁進
第1回近代オリンピックの計時を担当するなど、
スポーツウォッチの分野で目覚ましい実績を持つ名門ブランド。
その一方で、女性の手元を可憐に演出するエレガントなドレスウォッチも人気が高い。
両モデルに共通するのは、伝統を重視しているということだ。
1832年の創業以来、スイスのサンティミエで時計を作り続け、伝統と文化を継承。
それが生み出されるモデルへと大きく反映されている。

[01]
スローガン〝エレガンス イズ アン アティチュード〞の20周年を記念した日本限定モデル。
文字盤の3時の位置には、〝勝利の石〞とも呼ばれる天然ルビーを配置。
この色に合わせたレッドのアリゲーターレザーストラップも付属し、シーンによって使い分けできるのも嬉しい。
●ラ グラン クラシック ドゥ ロンジン
(ケース径29mm 、クォーツ、SSケース、SSブレスレット(アリゲーターストラップ付属)、30m防水、キャリバーL420)
19万9800円
日本限定300本
東武販売予定数6本
[02]
スポーツウォッチの伝統を受け継ぐ〝ハイドロコンクエスト〞に、ブランド初となるフルセラミックモデルが登場。
セラミックは軽くて傷に強く、もちろん錆びることはないため、ダイバーズウォッチの理想素材。見た目が精悍な顔つきなので、手元がグッと映えるに違いない。
●ハイドロコンクエスト
(ケース径43mm、自動巻き、ブラックセラミックケース、ブラックラバーストラップ、300m防水、キャリバーL888)
47万8440円
東武販売予定数2本





SINCE 1846
ULYSSE NARDIN
[ユリス・ナルダン]


技術に裏打ちされた独創性
ロゴマークの錨が示すように、かつては船舶用の海洋高精度時計を作っていた。
1980~’90年代にかけて発表した天文時計シリーズは、
その複雑さとロマンチックさで機械式時計の価値を再評価させる原動力となった。
近年は特殊なメカニズムと、それを生かした前衛的なデザインの融合に取り組んでいる。
流麗なデザインが多いが、歴史あるブランドの安心感があるので、臆せず挑戦を。

[01]
時計機構を美しく見せることを念頭においてスケルトンムーブメントを開発。
繊細にデザイン化されたX型のブリッジの上で、小さなパーツたちがチクタクと時を刻むという不思議な時計。
主要パーツはシリコン製で、エネルギー伝達がよいため連続駆動時間は約96時間を達成。
●スケルトン X
(ケース径42mm、手巻き、チタンケース、ラバーストラップまたはアリゲーターストラップ、50m防水、キャリバー UN-371)
218万1600円
東武販売予定数1本
[02]
ダイヤルの左下の一部がめくれているようなユニークなデザイン。
こちらは、中国の宮廷で天国と地球を繋ぐ魔法の石とされていた〝ジェイド(翡翠)〞へのオマージュとして2013年に発表されたもの。
新モデルはケース径を34mmへ変更し、ますます可憐さが増した。
●クラシコ ジェイド
(ケース径34mm、自動巻き、SSケース、アリゲーターストラップ、30m防水、キャリバー UN-815)
73万4400円
東武販売予定数1本





SINCE 1848
OMEGA
[オメガ]


現代的な時計の進化を探求する
知名度の高い人気ブランドだが、実は目立たないところで、時計進化に大きく寄与している。
今、修理に持ちこまれる時計のほとんどが、磁気による故障。
これは周囲にデジタル機器が増えたのが要因だ。
そこで〈オメガ〉では耐磁技術を研究し、
ほとんど磁気の影響を受けない時計を完成させた。
〈オメガ〉はユーザーのために〝壊れない時計〞を目指している、
実用性の高いブランドでもあるのだ。

[01]
時計の中央にレーザー加工された地球のディスクがあり、その周囲の24時間ディスクが一周することでワールドタイムを示している。
ダイヤルの外周部分にあるのは各タイムゾーンを代表する世界24都市の名前。
GMT+1はBIENNEだが、これは〈オメガ〉本社がある街の名だ。
1万5000ガウスの耐磁とCOSC認定クロノメーターの両方を取得した、マスター クロノメーター ムーブメントのキャリバー8939は、シースルーバックから鑑賞可能。
表面に入るアラベスク模様が美しい。
●シーマスター アクアテラ ワールドタイマー マスター クロノメーター
(ケース径43mm、自動巻き、18KセドナGケース&ブレス、150m防水、オメガ マスター クロノメーター キャリバー8939)
420万1200円
[02]
ケース素材に〈オメガ〉の独自素材であるムーンシャインゴールドを使用したレディスウォッチ。
ダイヤルはラッカーで仕上げた光沢のあるレッドガーネットを配色。
ケースには左右非対称にダイヤモンドをセッティングしていて、存在感のある時計に仕上げている。
●トレゾア
(ケース径36mm、クォーツ、18KムーンシャインGケース、アリゲーターストラップ、30m防水、キャリバー4061)
100万4400円
[03]
昨年リニューアルした〝シーマスター ダイバー300M〞の熟成版として、クロノグラフが登場。
9時と3時位置に60分と12時間の同軸積算計をセットすることで、クラシカルな2つ目デザインに。
防水性能は300mで、10時位置にはヘリウムガスのエスケープバルブを装備している。
●シーマスター ダイバー300M クロノグラフ マスター クロノメーター
(ケース径44mm、自動巻き、SSケース&ブレス、300m防水、オメガ マスター クロノメーター キャリバー9900)
86万4000円





SINCE 1860
TAG HEUER
[タグ・ホイヤー]


価値ある時計はここにある
モータースポーツやサッカーなど、スポーツとの関係が深いスポーツウォッチの名門。
近年は価格以上に価値を感じる時計の開発から、
綿密に設計された新ムーブメントの発表。
さらに世界初の発明を部品に取り入れるなど、常に挑戦を続けている。
複雑機構の花形であるトゥールビヨン搭載ウォッチは、
見た目がラグジュアリーなので人気のモデルのひとつ。
時計業界に革命を起こす、異色の存在だ。



  • [01]
    自社製ムーブメント〝ホイヤー02T〞を搭載し、開発からメンテナンスまで緻密に考え抜かれた設計で、驚異の価格帯を実現した。
    ケース等をすべてブラックで統一する〝ファントム〞には、時計でありながらあえて時を見えづらくするという高度な遊びゴコロが詰まっている。
    ●タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02T カーボン トゥールビヨン ファントム
    (ケース径45mm、自動巻き、チタンケース、アリゲーターストラップ、100m防水、キャリバー ホイヤー02T)
    250万200円
    世界限定500本

  • [02]
    傑作〝オータヴィア〞が、ついにレギュラーモデルとして復活。
    トレンドであるスモーキーダイヤルが目を引くが、特筆すべきは時計の内部。
    心臓部のヒゲゼンマイというパーツに世界初のカーボンコンポジット素材を採用。
    磁気や衝撃に強いうえ、高い精度を長期間維持できる。
    ●オータヴィア アイソグラフ
    (ケース径42mm、自動巻き、SSケース&ブレス、100m防水、キャリバー5)
    45万9000円





SINCE 1874
PIAGET
[ピアジェ]


美と技がハイレベルで融合する
歴史あるスイスのウォッチメゾンでありつつ、ジュエラーとしても名高い〈ピアジェ〉。
その根底にあるのは「常に必要以上によいものを作る」という信念だ。
ジェムセッティング技術も極薄ムーブメントも理想を追求する中から生まれたものであり、
その姿勢は今でも変わらない。
妥協なき〈ピアジェ〉のクリエイションは、手元でその真価がわかる。
美しい時計は、例外なく心地よいものなのだ。

[01]
全体が完璧な調和を作り出している〝ライムライト・ガラ〞。
ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを配した左右非対称ケースと、しっとりと手元に馴染むミラネーゼブレスレットは、同じ工房で作られている。
ドレスアップした手元で凛とした表情を見せてくれるはず。
●ライムライト・ガラ
(ケース径26mm、18KWGケース、18KWGミラネーゼブレスレット、30m防水、59Pピアジェ自社製クォーツムーブメント)
337万5000円
[02]
厚さが2.1mmしかない極薄ムーブメントを搭載したドレスウォッチ〝アルティプラノ〞。
カレンダーも秒針もないミニマルなデザインが生み出す知的なオーラは、本格的なパーティスタイルと好相性。
もちろん、ビジネススーツと合わせてもスマートな着こなしになる。
●アルティプラノ
(ケース径38mm、18KPGケース、アリゲーターストラップ、30m防水、430Pピアジェ自社製極薄手巻きムーブメント)
189万円
東武販売予定数1本





SINCE 1884
BREITLING
[ブライトリング]


武骨さの中に宿したエレガンスを楽しむ
1884年の創業以来、航空産業と深く結びつきながら、
計器としての時計を作ってきた〈ブライトリング〉。
近年は、同じく過去に作っていたクラシックなウォッチを再興することで、
幅広いファン層へのアプローチをしている。
好評の日本限定モデルは、ローマ数字インデックスや
マザーオブパール製のダイヤルを採用し、エレガントに楽しめるように。
常に進化の歩みを止めないブランドなのだ。



  • [01]
    人気の高いクロノマットの日本限定モデル。
    ベゼルにはかつて使用していたライダータブというデザインを復活させ、インデックスはローマ数字を採用。
    メカニズムにも興味を示す日本のファンのためにシースルーバックにして、自社製キャリバー01を眺められるようにしている。
    ●クロノマット JSP ローマン インデックス リミテッド
    (ケース径44mm、自動巻き、SSケース&ブレス、200m防水、キャリバー01)
    97万2000円
    日本限定500本
    東武販売予定数1本

  • [02]
    1957年から続く〈ブライトリング〉のダイバーズウォッチを代表するシリーズ。
    500m防水という優れたスペックでありながらケースを42mmに抑えている。
    そのため、タウンユースの時計としても活躍してくれるはず。
    あざやかなオレンジダイヤルなら、手元の差し色効果も楽しめそう。
    ●スーパーオーシャン オートマチック 42
    (ケース径42mm、自動巻き、SSケース、ラバーストラップまたはSSブレスレット、500m防水、キャリバー 17)
    43万2000円
    東武販売予定数2本

  • [03]
    コレクションの中では最小サイズとなる29mmケースを使った日本限定のレディスモデル。
    マザーオブパールのダイヤルにダイヤモンドのインデックスをセットして、シックでエレガントな雰囲気に。
    搭載するクォーツムーブメントは、超高精度なので時間合わせの手間も必要ない。
    ●ギャラクティック 29 スリークT ブラック マザー オブ パール
    (ケース径29mm、自動巻き、SSケース&ブレス、100m防水、キャリバー 72<スーパークォーツ>)
    63万1800円
    東武販売予定数1本





SINCE 1913
CHANEL
[シャネル]


傑作の進化が大きなニュース
1987年の〝プルミエール〞で時計業界に参入。
そして2000年に発表した〝J12〞が大ヒットし、名声を確立した。
今年は〝J12〞の誕生20周年を機に、リニューアル。
デザインの違いは見た目にはわかりにくいが、
ケース、ベゼル、ダイヤル、針、書体、ブレスレットなど、実に約80%近くを変更。
軸を変えずに進化を遂げる〝J12〞は、時計界のマスターピースとして飛躍の時を迎えている。



[01]
耐傷性に優れるセラミックを、ラグジュアリーウォッチに用いた。
そのシャイニーな磨きや完璧なプロポーションは、デビューから20年経った今でも見入ってしまう美しさがある。
このモデルは針やインデックスを同系色でまとめており、時間を感じさせないようにしている。
●J12 ファントム
(ケース径33mm、クォーツ、ブラックセラミックケース&ブレス、200m防水)
57万7800円

[02]
ピュアなホワイトを追求し、自社工場でセラミックパーツを製造。
その光沢感はいつまでも失われずに、美しい姿を保ち続ける。
このモデルも〝ファントム〞なので、インデックスはダイヤルと同系色。
立体構造なので影ができると、さりげなくインデックスが現れるのがお洒落。
●J12 ファントム
(ケース径33mm、クォーツ、ホワイトセラミックケース&ブレス、200m防水)
57万7800円





SINCE 1925
FENDI
[フェンディ]


優雅さの向こうにブランド哲学が見える
ラグジュアリーメゾン〈フェンディ〉は、誕生の地ローマから
インスピレーションを受けた時計を作っている。
特にラウンドウォッチは旧跡である円形競技場コロッセオをイメージしており、
優雅さの中にもローマの誇りを感じさせる。
時計専業ブランドとは違ったアプローチをすることで個性を引き出していて、
なかでも〝フェンディ マイ ウェイ〞のファーを組み合わせるという手法は秀逸だ。

[01]
ダイヤル素材はピーチ色のマザー・オブ・パールで、ダイヤモンドをセッティング。
さらにベゼルには、35個のダイヤモンド、24個のピーチトパーズ、12個のハニートパーズ、12個のホワイトトパーズをセッティングしており、柔らかな輝きで女性らしい手元を演出している。
〈フェンディ〉の工房で製作されるフォックスファーは、バーガンディ色。
時計と組み合わせると、柔らかなニュアンスに。カジュアルなパーティなどで活躍してくれそう。
●フェンディ マイ ウェイ リミテッド エディション ハニー/ピーチ
(ケース径28mm、クォーツ、SSケース、カーフストラップ、50m防水)
56万1600円
世界限定50本
東武販売予定数1本
[02]
ダイヤル素材はホワイトのマザー・オブ・パールで、インデックスにもダイヤモンドをセット。
ベゼルには35個のダイヤモンド、32個のサファイア、8個のブラックスピネル、8個のサンドスモーキー クォーツをセッティング。
優雅だがシックで辛口な時計に仕上がっている。
こちらのフォックスファーは、ブラックを採用。
時計と組み合わせると、ドレッシーな雰囲気が強まるので、ガラパーティなどしっかりとドレスアップしたときに効果的だろう。
●フェンディ マイ ウェイ リミテッド エディション ブラック/ホワイト
(ケース径28mm、クォーツ、SSケース、カーフストラップ、50m防水)
68万5800円
世界限定50本
東武販売予定数1本





SINCE 1966
CENTURY
[センチュリー]


特殊構造によって煌めきを引き出す
ダイヤモンドに次ぐ硬度を誇るサファイアクリスタルを使って、
時計のケースを作るブランド独自の技術を持つ〈センチュリー〉。
サファイアクリスタルを金属製のケースバックに固定するのだが、
耐久性と防水性が高いうえに、周囲からの光が透過するため、時計全体で煌めきを放つ。
さらに丁寧な手作業により多面カットすることで輝き方が複雑に。
時計が宝石のように輝くには理由がある。



[01]
レッドゴールド製のケースバックの上に60面カットのサファイアクリスタルを組み合わせている。
ラウンドケースはパリのシンボルである、エトワール広場をイメージしており、ラグ部分は凱旋門のシルエットを表現。
ダイヤモンドと組み合わせているから煌びやかな手元に。
●ラヴェニュー
(ケース径28mm、クォーツ、18KRG/サファイアケース、アリゲーターストラップ、100m防水)
167万4000円
東武販売予定数1本

[02]
スペイン舞踊〝ボレロ〞からインスピレーションを受けたデザイン。
レッドゴールド製のケースバックの上には、43面のハンドカッティングを施したサファイアクリスタルをセット。
ストラップはカーフ素材にグリッター加工を施しており、すべてがキラキラと輝いている。
●ボレロ
(ケースサイズ19×19mm、クォーツ、18KRG/サファイアケース、グリッターカーフストラップ、100m防水)
51万8400円
東武販売予定数1本





SINCE 1983
CHRONOSWISS
[クロノスイス]


ディテールで時計好きを唸らせる
ドイツ人時計愛好家が、スイス時計の伝統技術の継承を目的に、
1983年に立ち上げた〈クロノスイス〉。
時分秒針が独立しているレギュレーター機構を得意としており、
古典的な機械式時計に個性的なデザインを加える手法が多い。
現在は社屋をドイツ・ミュンヘンからスイス・ルツェルンへと移し、経営陣も一新。
しかしながら、時計愛好家から愛される真摯な時計作りは変わっていない。



[01]
得意とするレギュレーター機能がモダンに進化した1本で、ケース&ダイヤルの鮮烈なブルーカラーがなんともお洒落。
さらに6時位置にある秒針が、30秒ごとにフライバックするレトログラード秒針になっていて、ダイナミックな針の動きを楽しめるようになっている。
●フライング・レギュレーター オープンギア レ・セック
(ケース径44mm、自動巻き、ブルーDLC(SS)ケース、クロコダイルストラップ、100m防水、キャリバーC.301)
165万2400円
世界限定50本

[02]
もとは時計師の工房で、時刻合わせ用の時計として使用されていたレギュレーター機構。
その古典的な伝統は、ダイヤルのギョーシェ彫りにも見られるが、ここにモダンな要素を加えるのが〈クロノスイス〉のテクニック。
分表示をビスで固定して立体的な表情を作り出している。
●フライング・グランドレギュレーター限定モデル
(ケース径44mm、手巻き、ブラックDLC(SS)ケース、アリゲーターストラップ、30m防水、ムーブメント キャリバーC.677)
165万2400円

[03]
ムーブメントを徹底的に肉抜き加工して内部構造を見せるスケルトン加工も、懐中時計の時代から愛されてきた時計技術。
ここに赤のインデックスや針を組み合わせることで、クラシックとモダンを融合させている。
8時位置からはチクタクと振動する脱進機が鑑賞可能だ。
●フライング・グランドレギュレーター スケルトン限定モデル
(ケース径44mm、手巻き、ブラックDLC(SS)ケース、アリゲーターストラップ、30m防水、キャリバーC.677S)
169万5600円
世界限定30本
東武販売予定数1本





SINCE 1983
CHARRIOL
[シャリオール]


古来の伝統装飾がアイコンのブランド
時計宝飾業界で活躍してきたフィリップ・シャリオールが、1983年にブランドを設立。
古代ケルト人が好んだ螺旋型のケーブル装飾〝トルク〞を
ブランドの代表的なデザインアイコンとし、時計を中心にジュエリー、
レザーグッズなど多岐にわたってアイテムを展開。
現代のラグジュアリーブランドとしては珍しく家族経営を大切に守っていることも特徴。
〈シャリオール〉らしさは今後も大切に継承されるだろう。



[01]
フランス南部、コートダジュールの高級保養地サン=トロペの優雅な空気感を表現する〝サントロペ〞コレクション。
ブランドのアイコンであるケーブル装飾〝トルク〞をブレスレット部分に取り入れており、さらに繊細なチェーンをあしらうことで、アクセサリーのような雰囲気に。
●サントロペ オリガミ
(ケース径25mm、クォーツ、SSケース&ブレス、3気圧防水)
19万4400円
東武販売予定数1本

[02]
ダイヤルのデザインは、海外でも人気の高い日本の文化、折り紙からインスピレーションを得たもの。
〈シャリオール〉では折り紙を一種のアートと捉えており、マザー・オブ・パール製のダイヤルの上に三角形の幾何学模様を装飾。
繊細ながらも個性的なルックスに作り上げている。
●サントロペ オリガミ
(ケース径25mm、クォーツ、SSケース&ブレス、3気圧防水)
20万5200円
東武販売予定数1本





SINCE 1992
FRANCK MULLER
[フランク ミュラー]


手元を飾る華やかなフォルムが魅力
一度もブランドに所属せず、独立時計師として
活動してきた天才時計師、フランク・ミュラー。
彼は誰も実現したことがない複雑機構の考案に成功し、
トノウ カーベックスケースに代表される優雅なデザインでも人気を集めた。
ここ数年は、新たなアイコンになりつつある〝ヴァンガード〞を
中心としたラインナップを強化中。
もちろんデザインを楽しむレディスウォッチも健在。
まさに華やぎを楽しめる腕時計だ。



[01]
モデル名の〝クー〞とは、フランス語で〝心=ハート〞の意味。
ダイヤモンドをセッティングした愛らしいハートのモチーフをケースの上下に配置して、まるでジュエリーのようなデザインに仕上げた。
インデックスやケースにもダイヤモンドをちりばめたことで、華やかにきらめく。
●トノウ カーベックス クー レリーフ ダイヤモンド
(ケースサイズ35×25mm、クォーツ、PG×ダイヤモンドケース、クロコダイルストラップ、日常生活防水)
388万8000円
数量限定20本

[02]
ラグジュアリーヨットの船体をイメージした、流線形のフォルムが特徴となる〝ヴァンガード〞の新作。
ダイヤルには羅針盤をイメージしたデザインが施され、インダイヤルは伝統的な2つ目レイアウト。
精悍なブラックダイヤルのおかげで、ぐっと引き締まったスポーティな印象に。
●ヴァンガード ヨッティング クロノグラフ
(ケースサイズ53.7×44mm、自動巻き、SSケース、クロコダイルストラップ、日常生活防水)
210万6000円





SINCE 2004
RJ
[アールジェイ]


歴史の一部を個人所有する!?
タイタニック号の悲劇やアポロ11号の月面着陸、あるいはテレビゲームの誕生など、
人類の歴史に残る出来事をテーマに時計を作る、新進気鋭の時計ブランド〈アールジェイ〉。
ユニークなのは、デザインだけを反映させるのではなく、
出来事に関連する〝本物の素材〞を腕時計に使用するという点。
ロマンチックで創造性に富んだ時計は、
もはや人類史を封じこめたタイムカプセルのような存在となっている。

50年前に人類初の月面着陸に成功した、アポロ11号のパーツを使ったコンポジット素材を、ベゼルに使用したという特別な時計。
さらに満ち欠けを示しながら360度回転する巨大なムーンフェイズ機構を、ブランド初搭載。素材と機構の両面で、人類史に残る偉業の50周年を祝う1本だ。
●アロー 6919 チタニウム
(ケース径45mm、自動巻き、チタンケース、ポリアミド&ブラックラバーストラップ、10気圧防水、キャリバーRJ-2180)
279万7200円
世界限定100本
東武販売予定数1本





SINCE 2018
TOM FORD TIMEPIECES
[トム フォード タイムピース]


人気デザイナーの美意識を感じる時計
〈グッチ〉や〈イヴ・サンローラン〉で辣腕を振るったのちに、
自身の名を冠したファッションブランドを立ち上げたトム・フォード。
活躍の場はアイウエアやフレグランスなどにも及ぶが、
2018年からは時計コレクションもスタート。
シンメトリーを愛する彼の美意識は、端正なケースと、
01、02と表記するアラビア数字インデックスに表れる。
ストラップは簡単に着脱でき、気軽に付け替えを楽しめるのも特徴だ。



[01]
2019年に誕生した第2弾モデルは、シンプルなラウンドケースを採用。
さらにスイス製の機械式ムーブメントを搭載して、完成度を高めている。
時針の先端に大きな輪をつけたことで18Kゴールドのエレガントな雰囲気にポップさが加わり、腕時計をつける行為がより楽しくなる。
●N°002
(ケース径40mm、自動巻き、18KYGケース、ポニーストラップ(別売り)、3気圧防水)
140万4000円

[02]
デザインの王道であるアール・デコ様式を踏襲した、ブランド第1弾モデル。
形を作る直線と角を取った曲線を巧みに組み合わせたことで、極めてシンプルな印象の中に優雅さを持つ1本に仕上がった。
あえてカレンダーをつけず完璧な対称形をとったインデックス配列も魅力。
●N°001
(ケースサイズ44×30mm、クォーツ、SSケース、ブレイテッドストラップ(別売り)、3気圧防水)
29万1600円





SINCE 1881
SEIKO
[セイコー]


様々な個性に合わせた時計が揃う
日本初の時計メーカーであり、日本人の琴線に触れる腕時計を作ってきた〈セイコー〉。
ラインナップも豊富だが、なかでも端正なドレスウォッチが得意な〝クレドール〞、
野心的で遊び上手な大人のための〝ガランテ〞、
GPS衛星電波をキャッチして正確な時刻を示すグローバルウォッチ〝アストロン〞は、
ほかにない個性が際立っていて人気が高い。
自社製造のため、アフターサービスが万全なのも嬉しい。

[01]
〝クレドール〞の定番デザインのひとつであるトノー型ケースをアップデイトし、
スポーティかつエレガントな印象に仕立てたメンズウォッチが登場。
2層のダイヤルはマザー・オブ・パールを下地に、ローマ数字インデックスを配した上板を重ねて、立体感のあるリッチなデザインに仕上げた。
●クレドール GCCD998
(ケースサイズ46.9×36.76mm、自動巻き、SS×PGケース、クロコダイルストラップ、10気圧防水、キャリバー 6L75)
108万円
数量限定30本
東武販売予定数2本
[02]
宇宙空間をイメージしたモデル。
先端に宇宙船のモチーフをあしらったGMT針が指し示すのは、23タイムゾーンにある主要空港の3レターコード。
7時位置にあるパワーリザーブ表示はイエローサファイアをセットし、彗星のようなデザインに。
●ガランテ SBLA113
(ケース径44.9mm、自動巻きスプリングドライブ、SSケース、クロコダイルストラップ、20気圧防水、キャリバー 5R66)
108万円
数量限定30本
東武販売予定数1本
[03]
1969年に誕生し時計の歴史を見事に塗り替えた、世界初のクォーツ式腕時計〝クオーツ アストロン〞の50周年を記念したモデル。
原点の初代モデルをイメージしたクッション型のケースデザインで特別感を演出。
もちろんGPS衛星電波受信による時刻調整機能もしっかり搭載。
●セイコー アストロン SBXC035
(ケース径47.2mm、クォーツ、チタンケース&ブレス、10気圧防水、キャリバー 5X53)
64万8000円
世界限定200本
東武販売予定数2本





SINCE 1918
CITIZEN
[シチズン]


クォーツ技術の未来を語る
ムーブメントもケースも一貫製造するマニュファクチュールブランドである〈シチズン〉は、
特にクォーツ技術を磨いている。
年差±1秒という究極の精度を実現した〝ザ・シチズン〞、
日常使いできるグランドコンプリケーション〝カンパノラ〞、
華やかな表現を探求するレディスウオッチ〝シチズン エル〞は、
どれもがクォーツムーブメントを生かしたデザインと機構を
追求することにチャレンジしている。



[01]
電子音によるミニッツピーター、閏年も自動修正するパーペチュアルカレンダー、そしてクロノグラフを搭載。
機械式であれば数千万円クラスになるが、クォーツ式なら日常的に楽しめる。
ダイヤルの一部と見返しリングには日本の伝統工芸である漆を採用。
艶やかで品格ある手元を演出できる。
●カンパノラ 留紺(とまりこん)
(ケース径43mm、クォーツ、SSケース、ワニ革バンド、日常生活用防水)
46万4400円
数量限定300本
東武販売予定数5本

[02]
環境や人権に配慮し、不当な紛争鉱物を使わないなど、エシカルなモノ作りを提案するブランドなので、電池交換不要で廃棄電池を出さない光発電エコ・ドライブ機能を搭載しているのも、うなづけるところ。
2重ケース上に配されたダイヤモンドが腕を動かすたびに揺れ動く様子も美しい。
●シチズン エル 東武オリジナル
(ケース径32.5mm、クォーツ、SSケース、サテン風合成皮革バンド、5気圧防水)
32万4000円
東武オリジナル限定10本

[03]
ATカットという特別な方法で仕上げた水晶振動子を使用。
さらには内部温度を計測して温度差による振動数の変化を補正することで、年差±1秒という究極の精度を見事に実現。
その純粋な1秒という時を美しく表現するために、ケースもダイヤルもシャープでキレのある造形に徹している。
●ザ・シチズン
(ケース径37.5mm、クォーツ、WGケース、ワニ革バンド、5気圧防水)
194万4000円
世界限定100本
東武販売予定数3本
9月発売予定





SINCE 1946
CASIO
[カシオ]


ライフスタイルを豊かにする技術力
様々なフィールドで活躍する高機能時計を多数擁する〈カシオ〉。
グローバルブランド 〝G-SHOCK〞は日本の美意識を表現する
高価格モデルを充実させており、
また洗練されたデザインを持つ〝オシアナス〞はより薄型化を強化。
そして先進のセンサーテクノロジーで、アウトドアでの
ユーザビリティを追求する〝プロトレック〞。
技術力を生かして、ライフスタイルに寄り添うラインナップを揃える。



[01]
内蔵センサーで気圧と高度、気温、方位を計測し、針や液晶で表示する高機能アウトドアウォッチ。
タフさと軽さを両立させたカーボンファイバー素材をベゼル部分に用いて、ローズゴールドパーツと組み合わせてリッチな雰囲気に。
タウンユースにも合う精悍なスタイルが魅力だ。
●プロトレック PRW-7000X-1JR
(ケース径52.3mm、クォーツ(電波ソーラー)、SS×樹脂ケース&ブレス、20気圧防水)
11万8800円
世界限定1300本
東武販売予定数5本

[02]
標準電波とスマートフォン連動という高精度技 術を用いながらモジュールサイズを小型化。
9.5mm厚という圧倒的な薄さを実現し、より着用感を高めた。
24面カットを施したサファイアリングは、グラデーション蒸着技術によってブルーからグリーンへと美しく煌びやかに色を変える。
●オシアナス マンタ OCW-S5000C-1AJF
(ケース径42.3mm、クォーツ(BluetoothⓇ搭載電波ソーラー)、チタンケース&ブレス、10気圧防水)
23万7600円
世界限定1500本
東武販売予定数5本

[03]
日本的表現でエモーショナルな価値を加える〝MR-G〞の新作。日本刀の世界観を取り入れるべく刀鍛冶の名門〝月山〞と手を組んで、滑り止め加工のひとつ、鑢目(やすりめ)をブレスレットの中駒に取り入れた。
ベゼルは切っ先を、ケースの色は鍛錬中の鋼をイメージして、シャープな見た目を実現。
●G-SHOCK MR-G MRG-G2000GA-1AJR
(ケース径49.8mm、クォーツ(BluetoothⓇ搭載GPS電波ソーラー)、チタンケース&ブレス、20気圧防水)
86万4000円
世界限定300本
東武販売予定数2本





SINCE 1960
GRAND SEIKO
[グランドセイコー]


日本が世界に誇る最高峰ブランド
1960年に誕生し、いまや高級時計の代名詞といえる〈グランドセイコー〉。
2017年に独立ブランドとなったことでさらにデザイン領域を拡大してきたが、
今年は特にスポーツモデルとレディスモデルに注力。
歪みのない多面による美しい稜線が象るケースこそ〈グランドセイコー〉の個性であり、
そこに世界最高峰の時計技術が加わることで高い満足感を提供する。
まさに一生モノの価値がある1本だ。



[01]
細かいパーツまで自社で製造するレディスモデル専用ムーブメントを搭載。
白蝶貝ダイヤルに繊細な彫り模様を施すことで、華やかな表現を引き出した。
〈グランドセイコー〉は堅い印象が強いが、ダイヤモンドをあしらうことで、上質で煌びやかなアクセサリーとしても楽しめる。
●エレガンスコレクション STGK006
(ケース径28.7mm、自動巻き、PGケース、クロコダイルストラップ、10気圧防水、キャリバー 9S27)
324万円
東武販売予定数1本

[02]
ブランドの象徴である獅子がイメージソースで、ケース四隅のシャープな平面が獅子の鋭い爪を、ダイヤルの色と彫り模様は若獅子のたてがみを表現している。
技術面では、ブランドのシースルーバックモデルとしてはじめて20気圧防水を実現。重心を低く設計し、腕馴染みもよい。
●スポーツコレクション スプリングドライブ 20周年記念限定モデル SBGA403
(ケース径44.5mm、自動巻きスプリングドライブ、ブライトチタンケース&ブレス、20気圧防水、キャリバー 9R15)
124万2000円
世界限定500本
東武販売予定数2本





SINCE 1912
KIENINGER
[キニンガー]


機械式クロックに特化した老舗
南ドイツのシュヴァルツヴァルト地方にて、1912年に創業した〈キニンガー〉は、
機械式クロックのみを製造する現存メーカーとしては世界最古の老舗。
しかし歴史は古くとも時計の製造現場は実に近代的で、
ムーブメントの仕上げにも好評を得ている。
深夜にチャイムが鳴らないよう自動でオフモードに
切り替える機構は、ここ〈キニンガー〉が特許を持つ。
伝統的なドイツクロックの歴史を守る、正統派だ。

[01]
美しく装飾されたクロックは、3種類のチャイムを奏でる特別仕様。
モーツァルトの代表曲である『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』や、ウェストミンスター聖堂のチャイムなどから選ぶことができる。
夜間はチャイムが鳴らないナイトサイレンサー機能付き。
●クロック 1705-22-01
(寸法W31.5×H43×D26㎝、手巻き、ダークウォールナット仕上げ枠)
210万6000円
数量限定500台
[02]
定番のウェストミンスターチャイムに加えて『セントミカエル』『ウィッティングトーン』の3曲から選択できるスリーチャイムホールクロック。
荘厳な外装ときれいに仕上げられたメカニズムのバランスもいい。こちらも夜間に自動的にチャイムを止めるナイトサイレンサーを装備。
●ホールクロック 0141-22-01
(寸法W57×H208×D37㎝、手巻き、ダークウォールナット仕上げ枠)
194万4000円





SINCE 1839
L’EPEE
[レペ]


デザインで話題のクロックブランド
フランスのモンベリアールで創業したクロックブランド〈レペ〉。
現在はスイス国内に拠点を移しているが、創造性豊かな時計作りが人気。
ロボットや宇宙船をイメージしたクロック、
また他ブランドや社外デザイナーとのコラボも多数展開。
世界のVIPからも愛されており、英国女王エリザベス2世の戴冠50周年の際には
記念品を製造するなど、世界的な評価が高い。

ローザンヌのデザイン学校とのパートナーシップから生まれた時計で、若きデザイナー、ジョージ・フォスターの作品。
1950年代のレーシングカーのボディをデザインベースに、2本の円筒を回転させて時刻を表示する。
クルマを後方に引くことで巻く仕様も実にユニークだ。
●タイム ファスト
(寸法W16×H12×D38.5㎝、手巻き、アルミ×ニッケル×真鍮製)
410万4000円
数量限定100台





SINCE 1920
URGOS
[ウルゴス]


重厚な機械式時計の原点を感じられる逸品
錘が下りようとする力を使って動く柱時計は、現在の機械式時計の原点である。
このような時計を古くから作っている地域のひとつが、
南ドイツのシュヴァルツヴァルト地方。
〈ウルゴス〉はその地に残る伝統的な技法を大切にし、
良質な木材を使った重厚なクロックを作っている。
なおブランド名は、ウーレン(時計)、ゴング(時打ち)、シュヴェニンゲン(地名)
という単語から、頭文字を取った造語。

正時を刻むとウェストミンスター寺院のチャイムが鳴り響くチャイム機能、夜間サイレント機能、巨大なムーンフェイズ表示などの高性能機構を搭載する、重厚なクロック。
大きな振り子がゆっくりと動いて時を刻んでいく姿は贅沢の極み。
まさに究極の趣味時計といえる。
●ホールクロック HU79N/W
(寸法W49×H195×D25㎝、手巻き、ウォールナット仕上げ枠)
86万4000円





SINCE 1865
REUGE
[リュージュ]


目と耳で楽しむユニークインテリア
時計産業が盛んなスイスの小さな街、サンクロアで創業したオルゴールブランド。
時計と同じようにゼンマイが動力源となり、
金属製の歯車やレバーを使って機構を動かし美しい曲を奏でるオルゴールは、
時計愛好家にもファンが多い。
同社の作品はどれもが細部まで美しく磨き上げられており、
書斎などにオブジェとして飾って楽しまれている。
オルゴールのイメージを一新させる、至高のブランドだ。

〈リュージュ〉創業と同時代に航空工学の第一人者として活躍したローレンス・ハーグレイブ。
彼が考案した箱凧を元に開発された、複葉機の姿をイメージしたオルゴール。
同じ時代を歩んだ2つのプロダクトを見事に融合した美しいデザインと音色、複雑なメカニズムを楽しめる。
●BIPLANE
(寸法W64×H17×D27㎝、手巻き)
594万円


上:メカニカル・オルゴール界で最も複雑とされるムーブメント、カーテル・フュゼー144弁を採用
下:奏でる音楽は飛行を思わせる4曲





SINCE 1920
石國商店


時計をアクセサリーにするベルトの楽しみ方
自己主張を楽しむ最高のアクセサリーとして親しまれている高級腕時計だが、
色や素材の異なるベルトを付け、シーンに応じて使い分けする手法が人気となっている。
面積の大きなベルトは、腕時計とファッションをつなぐ要素であり、
素材やカラーリングを変えると雰囲気を一変させる力があるからだ。
今現在、使用中の腕時計も、新しいベルトに交換すれば、
気軽にドレスチェンジを楽しむことができる。
そこにもっと自分らしさを演出すれば、腕時計をつける喜びは格段にアップするはずだ。
〈石國商店〉は東京都墨田区にて1920年に創業。
腕時計のベルトを手掛けるメーカーとしては、日本最古の歴史を持つ。
長年積み重ねてきた技術から生まれるベルトは、
唯一無二と言っても過言ではないほど、高いクオリティを誇る。
最上級ラインであるクニスタインは表材、裏材とも本皮革を使用し、
また表革を裏面に巻きこむ〝へり返し仕立て〟にこだわる。
豊富なカラーリングとコバと呼ばれるベルト側面に丹念な塗料仕上げを施したロコッテも人気。
さらにはベルトのオーダーメイドも可能。
革の種類や色、ステッチを選び、ベルトを自在に楽しめれば、
相棒にいっそうの愛着が湧くはずだ。

上:カラフルに手元のお洒落を楽しめるロコッテ
右下:重厚感たっぷりのクニスタインはドレスウォッチに最適
左下:ベルトのオーダーメイドなら、自身の好みも反映できる


フェア情報

  • 時計修理ご相談会
    時計修理の相談、受付を実施。その場で時計精度計を使った精度診断もしてくれる。
    普段使いの愛機はもちろん、自宅に保管しているコレクションのメンテナンスをすべきか悩んでいる人には、絶好の機会だ

  • 石國商店オリジナルバネ棒付きベルト販売
    2018年に好評だった〈石國商店〉オリジナルのバネ棒付きベルトを、催事期間限定で販売する。
    コチラは、専門工具を使わず簡単に付け外しができるベルトのこと。
    その日の気分によってベルトを選べる!




[6F 第二会場 時計サロン(8~10番地)]


SINCE 1735
BLANCPAIN
[ブランパン]


伝統を守り進化を続ける至高のブランド
1735年に創業した〈ブランパン〉は、現存する世界最古のスイス時計ブランド。
その歴史を継承するように、アイコンモデルを熟成させている。
現代のダイバーズウォッチの原点である〝フィフティ ファゾムス〞や
端正な薄型ケースの〝ヴィルレ〞に、
実用性を高めるカレンダー機構を組みこんだのも戦略のひとつ。
機械式腕時計のロマンチックな魅力を増幅させつつ、使い勝手も高める。
それが名門の矜持だ。



[01]
シャープなベゼルデザインが特徴の〝バチスカーフ〞に、得意のコンプリートカレンダーを組みこんだ1本。曜日と月は12時位置の小窓で、また日付表示は針式で表示。
またムーンフェイズ表示の月に顔を描くというのも〈ブランパン〉の定番。アクティブに遊べる、タフな実用腕時計だ。
●フィフティ ファゾムス バチスカーフ コンプリートカレンダー
(ケース径43mm、自動巻き、SSケース、セイルキャンバスストラップ、300m防水、キャリバー6654.P)
156万6000円

[02]
月曜日から扇状に運針し、日曜日が終わると針がフライバックして再びカレンダー表示を開始するレトログレード機能に、大型のカレンダー表示を組み合わせたモデル。
少しだけアシンメトリー的に配置することで、シンプルで品格たっぷりなダイヤルデザインに躍動感を加えている。
●ヴィルレ ラージデイト レトログレード デイ
(ケース径40mm、自動巻き、SSケース、アリゲーターストラップ、30m防水、キャリバー6950GJ)
146万8800円





SINCE 1738
JAQUET DROZ
[ジャケ・ドロー]


伝統をモダンに進化させた個性派
18世紀に活躍した伝説の時計師ピエール-ジャケ・ドローが持つ、
時計製造技術と美意識を受け継ぐブランド。
彼が好んだ、小さな時分表示と大きな秒表示で〝8の字〞を描くデザインが、
現在でもブランドのアイコンとなっている。
ムーブメントの開発は〈ブランパン〉と協力して行っているため、
品質、精度ともに文句なしにハイレベル。
生産本数が少なく、知る人ぞ知るブランドだが、存在感はまさに唯一無二だ。



[01]
ブランドの特徴である〝8の字〞デザインを再解釈。
ケースの上側にアコヤ真珠を収めたモチーフが加わり、可憐な姿に進化した。
ケースにはダイヤモンドを23個セッティングし、ダイヤルはマザー・オブ・パール。
美しさとユニークデザインを同時に叶える、稀有な腕時計に仕上がった。
●レディ 8 プティ マザー オブ パール
(ケース径25mm、自動巻き、SSケース、カーフストラップ、30m防水、キャリバー Jaquet Droz 6150)
169万5600円
東武販売予定数1本

[02]
ムーブメントを繊細なスケルトン構造で仕立てることで、ケースの中をアイコニックな〝8の字〞デザインが浮遊するような、不思議な視覚効果を楽しめる。
ケースを含めブラックトーンでまとめることで、針やビスのブルーが際立った印象に。
古典的なデザインにモダンさを加えた。
●グラン・セコンド スケルトン セラミック
(ケース径41.5mm、自動巻き、ブラックセラミックケース、ファブリックストラップ、30m防水、キャリバー Jaquet Droz 2663 SQ)
277万5600円
東武販売予定数1本





SINCE 1755
VACHERON CONSTANTIN
[ヴァシュロン・コンスタンタン]


遊び心も心得た名門ブランド
ジュネーブ最古の老舗であり、複雑機構を得意とする名門ブランド。
しかし、その一方でライフスタイルと時計の繋がりも意識している。
気鋭アーティストとのコラボレーションや、ロンドンのアビーロードスタジオと
パートナーシップを結ぶなど、遊び心のある試みもはじまった。
時計は単体で使うものではなく、〝時計と一緒にファッションや人生を楽しむ〞
そんなライフスタイルと共鳴するブランドだ。

1956年製モデルの特徴を取り入れたモダンクラシックウォッチ。
シャープな稜線を効かせたラグのデザインは、ブランドアイコンのマルタ十字から導き出されている。
〝ペトロールブルー〞と命名された新色は、落ち着きのある色調なので、手元でさりげなく主張できるはず。
●フィフティーシックス・オートマティック
(ケース径40mm、自動巻き、SSケース、アリゲーターストラップ、30m防水、キャリバー1326)
130万6800円





SINCE 1839
PATEK PHILIPPE
[パテック フィリップ]


家族経営を貫く孤高の名門ブランド
多くの王侯貴族に愛されてきた最高峰ブランドであり、
長きにわたって家族経営を貫く孤高の存在でもある。
長い時間をかけてムーブメントの研究開発を行い、
デザイン変更は最小限ながら、ディテールをモダン化。
イメージ刷新を図るなど、常に伝統の継承と次世代への革新を両輪としている。
男性の愛好家が多かったが、近年は女性からの注目度も高まっていて、
ペア需要も増えているそう。



  • [01]
    6月は30日まで、7月は31日までという〝月の大小〞を計算して動き、3月1日のみ調整するだけで、1年を通じて便利に使える〝年次カレンダー〞を搭載。
    3つの小窓で曜日、日付、月を表示するのでわかりやすい。さらにクロノグラフも搭載していて、機械的な魅力がある。
    ●年次カレンダー搭載 クロノグラフ 5905
    (ケース径42mm、自動巻き、ローズゴールドケース、アリゲーターストラップ、30m防水、キャリバーCH 28-520 QA 24H)
    774万3600円

  • [02]
    現代の活動的な女性のためのアイコンウォッチ。
    プレシャスメタルのケースには、自社製の自動巻きムーブメントを収め、その姿はケースバックからも鑑賞できる。
    ダイヤルは、縦方向と横方向からサテン仕上げを施すことで絹布のような効果を引き出し、優雅な雰囲気に。
    ●Twenty~4 オートマチック 7300/1200
    (ケース径36mm、自動巻き、ローズゴールドケース&ブレス、30m防水、キャリバー324SC)
    533万5200円





SINCE 1847
CARTIER
[カルティエ]


唯一無二のスタイルを脈々と継承するメゾン
1847年に創業した〈カルティエ〉は、時計製造の世界においても常に
創造性と真のパイオニア精神を発揮してきた。
懐中時計が主流の時代に、最初の男性用腕時計を考案したのは1904年、
そして"タンク"をデザインしたのは1917年のこと。
3代目当主ルイ・カルティエが築きあげ、脈々と受け継がれる
〈カルティエ〉ならではのスタイルが映し出されている。



  • [01]
    1980年代の陽気で大胆なムードを持つ"パンテール ドゥ カルティエ"。
    華やかに人生を楽しむというウルトラフェミニンなスピリットは、もはやジュエリーの域まで高められている。
    待望のミニモデルは、より軽やかに、ブレスレットのごとく女性の手元に寄り添う。
    ●パンテール ドゥ カルティエ
    (ケースサイズ25×21mm、クォーツ、18KPGケース&ブレス、日常生活防水)
    289万4400円

  • 02. "ベニュワール"が1958年に制作された伝説のモデルにオマージュを捧げ、従来のデザインを保ちつつ、進化を遂げた。
    細くなったブレスレット、30m防水など、現在の品質基準に応えながらも、最高の輝きを放つ。
    豊かな教養とセンスを持つ女性たちを魅了する、"知っている"女性のためのタイムピースだ。
    ●ベニュワール
    (ケースサイズ32×26mm、クォーツ、18KYGケース、アリゲーターストラップ、日常生活防水)
    128万5200円

  • [03]
    空を飛ぶことに生涯をささげたサントス=デュモンへのオマージュとして計測機能を備えた"サントス ドゥ カルティエ クロノグラフ"。
    9時位置のスタート/ストッププッシュボタンと、リュウズで直接操作できるリセット機能によって、デザインは軽やかに、時計操作は自由になった。
    ●サントス ドゥ カルティエ クロノグラフ
    (ケース径43.3mm、自動巻き、SSケース、ラバーストラップ(アリゲーターストラップ付属)、100m防水)
    104万7600円





SINCE 1888
CARL F.BUCHERER
[カール F.ブヘラ]


創業130周年をきっかけにさらなる傑作モデルを創出
スイス中央部の観光都市ルツェルンの名門時計店〝ブヘラ〞。
そこで製作していたオリジナルウォッチが発展する形で、ブランドの歴史がスタートした。
実力派時計工房を傘下に収めることで、レベルの高い時計作りを可能にしている。
創業130周年を迎えたことをきっかけに、
傑作モデルのデザインを継承する〝ヘリテージ〞コレクションが新たにスタートした。

[01]
500m防水の本格ダイバーズのスペシャルエディション。 ダイバーの憧れであるマンタ(オニイトマキエイ)の保護活動を行う慈善団体マンタトラストとのパートナーシップモデルだ。
ダイヤルにはマンタの姿が描かれ、ケースはブラックコーティングを施したチタン製。
●パトラビ スキューバテック ブラックマンタ
(ケース径44.6mm、自動巻き、チタンケース、ラバーストラップ、500m防水、キャリバーCFB 1950.1)
97万2000円
東武販売予定数1本
[02]
1956年に作られた〈ブヘラ〉の傑作クロノグラフのスタイルを継承。
パンダカラーのダイヤルや2つ目のインダイヤルは、お馴染みだろう。
しかしながら機能は現代的にアップデイトしていて、ケース径は41mmへと拡大。
ビッグデイトや年次カレンダーを加えて実用性を高めている。
●ヘリテージ バイコンパックス アニュアル
(ケース径41mm、自動巻き、SSケース、ラバーストラップ、30m防水、キャリバーCFB 1972)
97万2000円
世界限定888本
東武販売予定数1本





SINCE 1980
HUBLOT
[ウブロ]


カラーウォッチのトレンドセッター
大胆な発想の原点は、〝アート・オブ・フュージョン(異なる素材やアイデアの融合)〞
というコンセプトにある。
デザインや素材などを融合させ、新たな価値を創造するということだ。
そこで生み出された一つにカラーリングがある。
様々な配色を提案し、高級時計をファッションへと昇華。
それだけに〈ウブロ〉の色使いには、華があって楽しいのだ。

[01]
ブルーのダイヤルにはサンレイ仕上げを施しているため、光を受けると豊かな表情が楽しめるのが特徴。
ベゼルのダイヤモンドとの組み合わせによって、より華やかな手元に。
ラグのプッシュボタンを押すとストラップが簡単に着脱でき、別売りストラップと交換が可能だ。
●ビッグ・バン ワンクリック スチール ブルー ダイヤモンド
(ケース径39mm、自動巻き、スチールケース、ブルーアリゲーター×ブルーラバーストラップ、100m防水、キャリバーHUB1710)
172万8000円
[02]
ブルーセラミックでケースやベゼルを構成。
インデックスや針もブルーに統一したクロノグラフ。
ブルーはトレンドカラーだが、ここまで印象的なオールブルーモデルは希少だ。
搭載する自社開発・製造のムーブメントは、クロノグラフ機構が文字盤側から見えるように設計してある。
●ビッグ・バン ウニコ ブルーマジック
(ケース径45mm、自動巻きクロノグラフ、ブルーセラミックケース、ブルー×ブラックラバーストラップ、100m防水、キャリバーHUB1242<自社開発・製造“UNICO”>)
239万7600円
世界限定500本
東武販売予定数2本





SINCE 1830
BAUME & MERCIER
[ボーム&メルシエ]


エレガントさが魅力の絶品モデルが人気!
1830年の創業以来、一度も途切れることなく時計作りを継承してきた老舗ブランド。
過去のアーカイブをベースとする端正でエレガントなデザインが得意だ。
どのモデルも高品質のスイス製ムーブメントを搭載しているのだが、価格は控えめ。
そのため〝はじめてのスイス時計〞にもおすすめだ。
近年は新素材や新たなカラーリングを積極的に取り入れており、
ファッション感度も高めている。

がっちりとしたベゼルでスポーツマインドを表現した〝クリフトン クラブ〞。
その新作は、酸化することで、使っているうちに色が変わっていくブロンズをケース素材に採用。
しかもダイヤルのカラーはトレンドのグリーン。
味わい深いうえに、唯一無二となる表情が楽しめるモデルだ。
●クリフトン クラブ ブロンズ
(ケース径42mm、自動巻き、ブロンズケース、カーフストラップ、100m防水、キャリバーETA 2892)
33万4800円
東武販売予定数2本





SINCE 1853
TISSOT
[ティソ]


実用的な 上質ウォッチが自慢
スケールメリットを生かして高品質ウォッチを作っている〈ティソ〉。
特に、シリコン製ヒゲゼンマイが備わった
ムーブメント〝パワーマティック80シリシウム〞は、
80時間も連続駆動が可能。
それによりゼンマイのトルクを安定させ、
精度を高めているハイパフォーマンスムーブメントだ。
金曜の夜に時計を外しても、月曜日の朝まで動き続けるので
針修正が不要という実用性も備わっている。



[01]
1938年から防水時計を作ってきた〈ティソ〉。
その伝統を生かして300m防水のダイバーズウォッチを製作。
今年の新作はカラーバリエーションとして、ブルーダイヤルを発売。
高級感あるキャンバスストラップを採用し、お洒落度をグンとアップ。
街でも使える1本に仕上げている。
●ティソ シースター 1000 オートマティック シリシウム
(ケース径43mm、自動巻き、SSケース、キャンバスストラップ、300m防水、キャリバー パワーマティック 80シリシウム)
9万8280円

[02]
センター三針+カレンダーという王道の組み合わせ。
針やインデックスがゴールドなので華やかな見た目が特徴。
ベゼル素材には18Kローズゴールドを採用している。
実用本位にシンプリシティを追求し、〝本物〞の精度とマテリアル、そして細部にまでこだわり抜かれたモデルだ。
●ティソ ジェントルマン
(ケース径40mm、自動巻き、SSケース&ブレス、50m防水、キャリバー パワーマティック 80 シリシウム)
16万6320円





SINCE 1868
IWC
[アイ・ダブリュー・シー]


計器のようなデザインはなんともお洒落!
スイスの時計ブランドとしては、珍しくドイツ語圏に拠点を置く〈IWC〉。
ドイツ的機能美が表現され、そこが人気に。
今年はパイロット・ウォッチに新作が加わり、
〝スピットファイア〞は、よりヴィンテージ色を強めたデザインになっている。
1936年にパイロット・ウォッチをはじめて作り、
その伝統を今も色濃く残しているからこそ現代的なスペックながら、
使いこんだ風合いを楽しめるのだ。



[01]
視認性が高く航空計器を思わせる機能美が特徴のクロノグラフ。
ブラックのダイヤルに配置されたカレンダーはデイデイト式。ひと目でわかるのが嬉しいところ。
〝スピットファイア〞とは、英国の戦闘機のこと。
コックピットからインスピレーションを得たカラーコードが話題だ。
●パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・スピットファイア
(ケース径41mm、自動巻き、SSケース、布製ストラップ、60m防水、キャリバー69380)
72万9000円
東武販売予定数3本

[02]
1948年に誕生し、その後の航空時計に多大な影響を与えた傑作〝マーク11〞の流れをくむシンプル系パイロットウォッチ。
視認性に優れたデザインであり、ケース径39mmと小ぶり。
そのため、カジュアルスタイルはもちろんのこと、かしこまったシーンでも活躍してくれるはず。
●パイロット・ウォッチ・オートマティック ・スピットファイア
(ケース径39mm、自動巻き、SSケース、布製ストラップ、60m防水、キャリバー32110)
57万2400円
東武販売予定数3本





SINCE 1875
BULOVA
[ブローバ]


革新と挑戦を続ける創業144年のアメリカンウォッチ
ニューヨークの宝飾店がはじまりという名門ブランド。
かつては世界初の音叉式電子時計を開発し、
近年もムーブメントまで曲がったカーブクロノグラフを世界ではじめて発表するなど、
時計業界のエポックメイキングな技術を創出し続けている。
現在は〈シチズン〉の傘下ブランドに。
伝統を受け継ぐクラシックさと、技術を楽しむ斬新なアイデアという、
両軸でモデル展開を行っている。



  • [01]
    大型ケースやベゼルのビスなど力強いデザインでスポーティに仕上げたモデル。
    ダイヤルの7時位置に小窓を開けていて、そこからムーブメントの動きが鑑賞できるようになっている。
    ストラップは肌触りのよいシリコンラバー製。
    カジュアルスタイルに合わせて使いたい1本だ。
    ●マリンスター
    (ケース径45mm、自動巻き、SSケース、シリコンラバーストラップ、20気圧防水)
    6万8040円

  • [02]
    ブランドの歴史を語るコレクションで、1970年代に誕生したダイバーウォッチを復刻。
    カラーはグリーン。
    今年のトレンド色だが、このデザインに合わせるとレトロな雰囲気でお洒落に。
    モデル名は、666フィートの防水機能が悪魔の数字という理由で命名されたユニークな1本。
    ●デビルダイバー
    (ケース径44mm、自動巻き、SSケース&ブレス、20気圧防水<666フィート>)
    9万720円
    9月発売予定





SINCE 1885
SAINT HONORÉ
[サントノーレ]


華やかなパリの時計文化を継承する
1885年に、パリを代表するショッピングストリート、
サントノーレ通りに時計工房をオープンしたのがはじまり。
創業者ヴィクトラン・フレザードが手掛ける時計は、たちまち貴婦人たちを魅了。
その後、生産拠点を拡大し、さらに高品質の時計製造を進めていった。
フェミニンなデザインが特徴のコレクションは現在も人気抜群。
つけると手元が華やかに。

[01]
ベゼルに入った繊細な丸い突起は、リングなどに用いられることが多い〝ミル打ち〞という手法を使って丁寧に作られたもの。
上品な輝きが生まれるのが特徴だ。
ゴールドプレート仕上げの華やかなケースと組み合わせても嫌味にならない。あくまでもさりげなく、手元のアクセントになる。
●ガラ
(ケース径29mm、クォーツ、YGPケース&ブレス、30m防水)
17万2800円
東武販売予定数1本
[02]
ダイヤル素材はマザー・オブ・パールで、さらに4ポイントのインデックスを加えてアクセントにしている。
宝飾性を高めるバータイプのラグに繋がるブレスレットは、スムースなメッシュタイプ。
しなやかに曲がって柔らかく手元に馴染むので、つけ心地もよいはず。
見た目も実に上品。
●ガラ
(ケース径29mm、クォーツ、SSケース&ブレス、30m防水)
12万9600円
東武販売予定数1本





SINCE 1892
HAMILTON
[ハミルトン]


映画の世界も支えるアメリカンウォッチの雄
アメリカ発祥の時計ブランド(現在の生産拠点はスイス)であるため、
ハリウッドとの関係が深い。
映画の小道具として時計を提供するだけでなく、
映画の裏方を称える〝ハミルトン ビハインド・ザ・カメラ・アワード〞も主宰している。
さらに過去の傑作モデルを復刻することで、歴史的価値を再認識させる動きも活発。
デザイン性も高く、幅広い層から愛されるお洒落なモデルが多いのも特徴。

1968年製の傑作クロノグラフAは、昨年復刻され、すぐに大人気モデルに。
今年は文字盤をディープブルー×オフホワイトにすることで、さらに洗練された雰囲気になった。
ストラップはブラウン。これは〝アズーロ・エ・マローネ〞と呼ばれる、イタリアファッションの定番の配色。
●イントラマティック オートクロノ
(ケース径40mm、自動巻き、SSケース、カーフストラップ、100m防水、キャリバーH-31)
28万800円





SINCE 1976
RAYMOND WEIL
[レイモンド・ウェイル]


音楽から生まれる傑作のコレクション
時計師レイモンド・ウェイルによって創業されたこちらのブランド。
実は、ほかにはない個性を持っている。
それが〝音楽〞との融合。ロックやクラシック、ポップスなどジャンルは多種多様で、
さらにデヴィッド・ボウイやビートルズなどの有名アーティストとも
パートナーシップを結び、時計を制作。
個性あるデザインが楽しめると注目を集めている。

オーストラリアで活躍する韓国系シンガー、ダミ・イムをアンバサダーに迎えたレディスウォッチ。
レディス向けオールブラックウォッチはかなり珍しいが、ベゼルにブラックダイヤモンドを配するなど、細部まで凝っている。
カレンダーを半円形で表示するなど、お洒落な見た目も人気の理由。
●フリーランサー
(ケース径38mm、自動巻き、SSケース、カーフストラップ、100m防水、キャリバーRW4250)
37万8000円





SINCE 1997
Gc Watches
[ジーシー ウォッチ]


ファッション育ちでお洒落な見た目が自慢
時計を自己表現のためのアイテムと捉え、トレンドに合わせたデザインが得意な〈ジーシー ウォッチ〉。
実は、ファッションブランド〈ゲス〉が展開する時計ブランドなのだ。
〝ル プレシジョン ドゥ スティル〞をブランドコンセプトとし、
スイスの高品質な素材とフレンチスタイルが融合したユニークなブランド。
見た目と質のよさで、世界中で人気上昇中。



[01]
〈ゲス〉の共同創業者であるポール・マルシアーノの故郷であるフランスに時計工場を移設。
〝メイド イン フランス〞の時計になったことを記念した限定モデルがこちら。
大型ケースのメンズモデルは、ネイビーブルーのダイヤルを採用。
6時位置にトリコロール色を配置している。
●アーバン コード
(ケース径44mm、クォーツ、316L SSケース、レザーストラップ、100m防水)
8万8560円
世界限定1000本
東武販売予定数5本

[02]
ベゼルに伝統的な装飾デザインであるケーブルを用いた人気モデル。
これなら街スタイルはもちろん、海スタイルにもぴったり。
こちらも〝メイド イン フランス〞を記念する限定モデルが登場。
5時位置にはそれを表すトリコロールカラーを配色。
限定モデルはシリアルナンバー入り。
●ケーブル シック
(ケース径38mm、クォーツ、316L SSケース、レザーストラップ、100m防水)
5万5080円
世界限定1000本
東武販売予定数3本

[03]
力強い12角形ベゼルに、6つのビスをあしらったスポラグなデザインが特徴。
トレンド感のあるブルーを、ダイヤルやシリコンラバーストラップに採用している。
プッシュボタンなどのローズゴールドパーツにより、手元がいっそう華やかに。カジュアルな装いにお似合いな1本。
●Gc スピリット
(ケース径44mm、クォーツ、316L SSケース、シリコンストラップ、100m防水)
8万5320円
東武販売予定数5本




EVENT INFORMATION
※イベント日時・内容等は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。


MAIN EVENT
― 8F スイス時計協会FHブース ―
  • スイス時計協会FH
    スイス時計の歴史を学べる〝watch.swiss(ウォッチ・ドット・スイス)"
    日時:8/22(木)~8/27(火)
    スイス時計協会FHが提供するエキシビション『watch.swiss(ウォッチ・ドット・スイス)』が、みなさまをスイス時計の世界へご案内。
    7つのテーマを順に進んでいくと、時計製造の歴史や長い年月をかけて開発された複雑機構などについて、様々な角度でスイス時計を学ぶことができる。
    スイスが誇る時計の世界を楽しめる貴重な機会なので、是非ご参加を。


SPECIAL EVENT
― 8F イベント会場 ―
  • GRAND SEIKO [グランドセイコー]
    手巻きメカニカルムーブメントの分解・組立実演
    日時:8/24(土) 午後1時
    〈グランドセイコー〉初となる小秒針を搭載した手巻きメカニカルムーブメント、新キャリバー9S63。
    普段は、雫石高級時計工房で手作業により組み立てられているもの。
    その分解・組立が間近で見られる実演を実施。
    時計好きには、貴重なひとときとなりそうだ。

  • CITIZEN [シチズン]
    描いた文字盤に針を取り付ける親子時計組立教室
    日時:8/25(日) 午前11時/午後2時
    *各回6組12名(所要時間:約120分)
    お子様が文字盤に絵を描いて、そこに保護者の方が針を付ける体験型教室。
    夏休みの思い出作りにいかが?
    対象は、6~12歳のお子様と保護者の方(1組につき各1名)。
    事前申し込み制なので、参加を希望する方はお早めに。
    参加費は無料。
    ※定員を超えた場合は抽選
    ●体験申し込みはコチラへ
    申込期間:8/1(木)~7(水)
    申込場所:6F 10番地 シチズンコンセプトショップ
    *お申し込みはご来店となります




表示の税込み価格は「消費税率8%」の価格です。
なお、10月以降は販売時の消費税率で計算した価格となります。