東武百貨店 池袋店

8F催事場
6F 8~10番地 時計サロン

<予告> 2018 東武ワールドウォッチフェア

イベント一覧

  • 時計
会期
2018年8月23日(木)~28日(火)
8F催事場 営業時間:午前10時~午後8時※最終日は午後5時閉場
第二会場 6F 8~10番地 時計サロン 営業時間:午前10時~午後8時 

今年のテーマは『私がキラメク腕時計~腕時計を着替えよう~』


今年のテーマは『 私がキラメク腕時計~腕時計を着替えよう~』
時刻を知る手段はたくさんあるのに、どうしてあなたは腕時計をつけるのだろうか?
実用品として生まれた腕時計は、いつしか自分のスタイルを表現するアイテムとなった。
鮮やかなカラーダイヤルも、華やかなゴールドケースも、ブランドの個性が見えるデザインも、すべては“腕時計をつける”という行為自体を楽しむためのエッセンスなのだ。
だからもっと腕時計のことを知りたくなる。ストラップ交換ができるモデルなら着替えるように使い分けられるし、復刻モデルなら時計の歴史も味わうことができるだろう。
しかも腕時計はいつだってそばに寄り添い、たくさんの思い出を刻んでいく存在でもある。
さあ今年こそ、自分がキラメク運命の1本を見つけよう。
新しい毎日はそこから始まるのだ。


2018 東武ワールドウォッチフェア カタログの掲載内容は2018年6月時点のものです。
都合により、価格の変更、仕様の変更、お渡し時期の遅れ、商品が入荷しない場合がございます。予めご了承くださいませ。



[8F催事場]




[6F 第二会場 時計サロン(8~10番地)]


SPECIAL EVENT
※すべてのイベント日時・内容等は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。


  • FRANCK MULLER
    Dial art work demonstration&ダイヤルオーダー受注会
    日時:8/24(金)午前11時/午後1時・3時・6時
    8/25(土)午前11時/午後2時・4時・6時
    8/26(日)午前11時/午後2時・4時
    場所:8Fフランク ミュラーブース内
    スイスの職人によるダイヤルペインティングの実演と体験(※)を実施。
    数量限定でオリジナルのカラー配色の文字盤も注文可能。
    ※事前申込制。各回2名様
    [体験申込]
    申込期間:8/1(水)~10(金)
    申込場所:6F10番地 フランク ミュラー

  • CITIZEN シチズン エコ・ドライブ ワン 組立実演
    日時:8/25(土)午後1時
    場所:8Fイベント会場
    世界で一番薄い光発電時計「エコ・ドライブ ワン」。
    2.98mmという驚異的な薄さを可能にした秘密をシチズン時計のスーパーマイスター荒井寛子氏による組立実演のなかで、解き明かしていきます。

  • GRAND SEIKO メカニカルハイビート 分解・組立実演
    日時:8/26(日)午後1時
    場所:8Fイベント会場
    グランドセイコーの安定した高精度を実現する「メカニカルハイビート 36000」の分解・組立を行います。
    実演を行う組立士は、腕時計の精度を決めるうえで重要な歩度チームのリーダーを務める工藤幸枝氏。


TALK SHOW

東武百貨店 池袋店 特別イベント
黒部和夫氏とステキな時計仲間たち

ファッション評論家である黒部和夫氏と、時計&ファッションのスペシャリストたちとのトークセッションを行います。
時計選びのヒントも満載のトークは必聴。ぜひ、お楽しみください。


  • [コーディネイター]
    カルロ インターナショナル 代表、ファッション評論家
    黒部和夫氏
    大手アパレルのメンズ商品開発室長やファッション業界4団体の委員を歴任する、ファッション評論・教育のスペシャリスト。
    ニックネームは「カルロ」。

  • ハースト・メンズ・メディア・ブランド・アンバサダー 兼、ナノ・ユニバース・メンズ・ディレクター
    戸賀敬城氏
    1967年東京都生まれ。
    『Men’s EX』、『MEN’SCLUB』など数々の雑誌編集長を歴任し、2017年より現職。
    ’18年には「オフィス戸賀」を設立し、活動は多岐にわたる。
    日時:8/25(土)午後3時
    場所:8Fイベント会場

  • 作家・作詞家・編集者
    松山 猛氏
    1946年京都府生まれ。
    ミリオンセラーになった『帰って来たヨッパライ』の作詞をはじめ、雑誌の編集、書籍の執筆など多方面で活躍。
    スイスのバーゼルとジュネーブで開かれる世界的時計見本市には30年以上欠かさず取材に訪れている。
    日時:8/26(日)午後3時
    場所:8Fイベント会場


写真家 高橋和幸氏 写真展
開催期間:8/23(木)~28(火)
場所:8F 1番地 特設スペース
※最終日は午後5時閉場
時計界に造詣の深いカメラマン・高橋和幸氏による、撮り下ろし作品のベストセレクションを展示します。
作品はご購入いただけます。


  • 写真家 高橋和幸氏
    1951年徳島県鳴門市生まれ。出版社勤務を経て、パブリックアートカムパニー設立。
    ’97年に「卓球王国」創刊、発行人に。
    現在、鳴門市PR鯛使も務める。

  • 高橋和幸氏による写真撮影会 ~時計と私がキラメク瞬間~「MY PRECIOUS SHOT」
    ご購入いただいた時計をつけて、特別なショットを撮影いたします。
    データはプレゼントさせていただきます(お渡しは後日となります)。
    日時:8/24(金)・25(土)午後5時
    場所:8F 2番地 特設会場
    ※当日午後4 時から特設会場にて受付開始(整理券配布)、先着10名様。




[8F催事場]



ブランバン

BLANCPAIN
ブランパン Since 1735
最古のスイス時計ブランドの矜持


現存する時計ブランドのなかで、最も長い歴史を持つブランパン。
創業以来一貫して機械式ムーブメントにこだわり続け、時計師の叡智を結集させたハイ・コンプリケーションモデルを得意とする。
創業地の地名から命名された「ヴィルレ」コレクションは、
伝統を感じさせる端正なデザインが特徴。
ケースは薄くて着用感に優れるが、ここに複雑機構を搭載する技術力を堪能したい。

月の大小だけでなく、閏年の有無まで把握して動くパーペチュアルカレンダー機構を搭載。たくさんの針と表示が折り重なるが、時刻関連はシルバー、カレンダー関連はブラック&ブルーと明確に色分けしているため視認性は良好。
人気の定番モデルを今年は小径化した。
●ヴィルレ パーペチュアルカレンダー
(径40mm/SSケース/自動巻き/キャリバー5954/72時間パワーリザーブ/アリゲーターレザーストラップ)
3,628,800円
2018年発表モデル
予約販売(お渡しは2018年秋以降)


6時位置に月の満ち欠けを示すムーンフェイズ機構を搭載。
月には顔が描かれ、柔らかなニュアンスを作る。
アリゲーターやサテン、オーストリッチなど色も素材も異なる合計5本のストラップを付属しており、ファッションやTPOに合わせて時計を着替えることができる。
●ヴィルレ デイト ムーンフェイズ
(径29.2mm/SSケース/自動巻き/キャリバー913QL/40時間パワーリザーブ/交換可能ストラップ合計5本つき)
(アリゲーター、オーストリッチ、サテン)
1,760,400円




ジャケ・ドロー

JAQUET DROZ
ジャケ・ドロー Since 1738
280周年を迎えた異色の時計ブランド


18世紀に活躍した天才時計師ピエール-ジャケ・ドローは、からくり時計の名手として有名。
彼の工房は休眠してしまったが、その偉大な足跡を広めるべく、1995年にブランドが
再興された。
彼が懐中時計のデザインとして愛していた小さな時分針と大きな秒針で8の字を描くダイヤルが彼らのアイコンであり、シンプルさとバランスを楽しむツウ好みの時計である。

[右]
ブランドアイコンである8の字レイアウトを取り入れたスケルトンムーブメントを開発。
インデックスやブランドロゴを印字したダイヤルはサファイアクリスタル製だ。
繊細なブリッジで支えるため、時計機構が宙を浮遊しているように見える。その空間の美を堪能したい。
●グラン・セコンド スケルトン
(径41mm/18Kレッドゴールドケース/自動巻き/キャリバーJAQUET DROZ 2663.SQ/パワーリザーブ68時間/アリゲーターストラップ)
3,952,800円
2018年発表モデル
予約販売(お渡しは2018年9月予定)


[左上]
ムーブメントを少し回転させてニュアンスを加えたオフセンターモデル。
ダイヤル素材には、80万年以上も前に地球に落下したといわれるムオニオナルスタ メテオライト(鉄隕石)を使用。
カットする場所によって微妙に模様が変化するので、どれもが一点モノの価値を持っている。
●グラン・セコンド オフセンター メテオライト
(径43mm/18Kレッドゴールドケース/自動巻き/キャリバーJAQUET DROZ 2663A.P/パワーリザーブ68時間/アリゲーターストラップ)
3,045,600円
2018年発表モデル
世界限定88本
東武販売予定数1本


[左下]
時計師ジャケ・ドローが工房を開いてから280周年ということで、特徴的な8の字レイアウトの限定モデルが登場。
ダイヤル素材は職人が手作業で焼き上げるグラン・フー エナメルを採用。
シリアルナンバーもダイヤルに入れており、とことん丁寧に作られている。
●グラン・セコンド トリビュート
(径43mm/18KYGケース/自動巻き/キャリバーJAQUET DROZ 2663.Si/パワーリザーブ68時間/アリゲーターストラップ)
2,516,400円
2018年発表モデル
世界限定88本
東武販売予定数1本




ヴァシュロン・コンスタンタン

VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン Since 1755
多くの顔を持つマニュファクチュール


ジュネーブの最古参であり、近代的な時計産業の礎を築いたヴァシュロン・コンスタンタン。
260年以上にわたり、その専門性と製造を途切れさせることなく操業を続ける。
極上のオーダーメイドサービスとユニークピースの「レ・キャビノティエ」も好評であり、ラグジュアリー、クラシック、スポーティと幅広いモデルを揃える。

  • [上]
    既に人気を集めているエレガンススポーツウォッチの新色として、待望のブラックが加わった。
    ブラッシュ&サテン仕上げのケースの迫力を増幅させる引き締まった顔のおかげで、さらに人気を呼ぶだろう。ブラックラバーとブラックアリゲーターのストラップを付属する。
    ●オーヴァーシーズ
    (径41mm/SSケース/自動巻き/キャリバー5100/パワーリザーブ60時間/SSブレスレット)
    2,408,400円
    2018年発表モデル

  • [中]
    アメリカ市場に向けて考案された1920年代の傑作を復刻した。
    時計表示が傾いているのは、自動車のハンドルを握った状態でも時計を読みやすくするため。
    既に人気モデルだったが、今年は新たに小ぶりな36.5mmケースが加わり、女性でも楽しめるようになった。ブラウンのアリゲーターストラップも付属する。
    ●ヒストリーク・アメリカン1921
    (縦36.5×横36.5mm/18KPGケース/手巻き/キャリバー4400AS/パワーリザーブ65時間/アリゲーターストラップ)
    3,477,600円

  • [下]
    月、曜日、日付の〝コンプリートカレンダー〞に加えて月の満ち欠けまで表示しており、実用機構の最高峰とされる。
    このモデルはケースやダイヤルの素材などに、プレシャスメタルの最高峰であるプラチナを使っており、さらにラグジュアリーなモデルとなっている。
    ●トラディショナル・コンプリートカレンダー -コレクション・エクセレンス・プラチナ
    (径41mm/プラチナ950ケース/自動巻き/キャリバー2460 QCL/パワーリザーブ40時間/アリゲーターストラップ)
    8,208,000円
    2018年発表モデル
    世界限定100本
    東武販売予定数1本




ブレゲ

BREGUET
ブレゲ Since 1775
天才時計師の情熱を受け継ぐ


フランス革命前後のパリで活躍した天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲ。
彼の発明した機構やデザイン、そして情熱を受け継ぐのが現代のブレゲである。
クラシックスタイルを得意としているが、メカニズム面では常に進化を追求しており、シリコン製パーツや磁気を使った機構、あるいは画期的なミニッツリピーターなどの新機軸を開発しながら、次世代時計を探求している。
  • [左]
    皇帝ナポレオンの妹であるナポリ王妃カロリーヌのために、初代ブレゲが製作した世界初の腕時計。
    そのストーリーから発想し、可憐な卵型のケースデザインで誕生したのがこの時計。
    マザー・オブ・パールを使ったダイヤルやダイヤモンドで、エレガントな雰囲気に仕上げる。
    ●クイーン・オブ・ネイプルズ 8908
    (縦36.50×横28.45mm/18Kローズゴールドケース/自動巻き/キャリバー537 DRL2/パワーリザーブ45時間/サテンストラップ)
    4,222,800円
    2018年発表モデル

  • [右]
    初代ブレゲが好んだブレゲ針やギヨシェ彫り、ローマ数字インデックスなどを継承したドレスウォッチ。
    今年はローズゴールドが加わり、カレンダーも秒針もない端正な姿にほのかな艶っぽさを加えている。
    ケースは5.45mmと極薄で、シャツの袖口にスマートに収まる。
    ●ブレゲ クラシック エクストラ-フラット 5157
    (径38mm/18Kローズゴールドケース/自動巻き/キャリバー502.3/パワーリザーブ45時間/アリゲーターストラップ)
    2,192,400円
    2018年発表モデル




ジラール・ペルゴ

GIRARD PERREGAUX
ジラール・ペルゴ Since 1791
着実なアップデートで時代を切り開く


1889年から現代まで連綿と受け継がれてきた「スリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨン」のような古典機構を愛する一方で、現代的なスタイルにも力を入れる。
近年は、1975年に誕生したラグジュアリースポーツウォッチ「ロレアート」を再始動させ、
若い層からの注目度も上がっている。
マニュファクチュールゆえの巧みなサイジングや、ディテールの技を堪能したい。

  • [左]
    人気のロレアートにクロノグラフムーブメントを搭載。
    ブラック×ブルーの配色で洗練された雰囲気に。ケースの厚みを12.01mmに抑えており、ビジネススタイルとも好相性。
    ちなみにステンレススチールは高品質な904Lを採用しているため、強度に優れている。
    ●ロレアート42mm クロノグラフ
    (径42mm/SSケース/自動巻き/キャリバーGP03300-0141/パワーリザーブ約46時間/ SSブレスレット)
    1,792,800円
    2018年発表モデル

  • [右]
    特徴的な8角形ベゼルにダイヤモンドを美しくセッティングしたレディスウォッチ。
    シースルーバックからは美しいクオーツムーブメントが見えるが、これは「ロレアート」が当時の最新技術であったクオーツモデルとして誕生した歴史への敬意を込めたものだ。
    ●ロレアート 34 mm ロイヤルティ
    (径34mm/SSケース/クオーツ/キャリバーGP013100-0004/ SSブレスレット)
    1,328,400円
    2018年発表モデル
    世界限定200本
    東武販売予定数1本




ロンジン

LONGINES
ロンジン Since 1832
エレガンスを体現する


1832年の創業以来、創業地であるスイスのサンティミエにて時計を作り続けているロンジン。 ロンジンといえばスポーツ計時が有名だが、実は卓越した技術力を生かして腕時計の小型化に成功し、紳士淑女に愛されるエレガントウォッチを作ってきたことでも知られる。
現在、馬術競技や競馬などの格式高いスポーツもサポートしているのは、積み上げてきた歴史があるからなのだ。

  • [左]
    中三針とカレンダーを備えた、折り目正しいドレスウォッチ。
    トレンドであるブルーダイヤルに明るめのローズゴールドケースを合わせており、艶っぽい雰囲気に。
    時計は端正だが、ムーブメントにはシリコン製のひげゼンマイを使用して高精度を追求している。
    ●レコード
    (径38.5mm/18Kローズゴールドケース/自動巻き/キャリバーL888/パワーリザーブ64時間/アリゲーターストラップ)
    792,720円
    2018年発表モデル
    東武先行販売(お渡しは2018年年内予定)
    東武販売予定数2本

  • [右]
    ケースバックとつながる1本ラグは、ロンジンの独自技術であり、その可憐なケースをさらに軽やかに見せている。
    ベゼルにダイヤモンドをセッティングして華やかに仕上げているが、ステンレススチールケースなので価格は控えめ。
    主役級の優雅さを楽しめる。
    ●ラ グラン クラシック ドゥ ロンジン
    (径24mm/SSケース/クオーツ/キャリバーL209/アリゲーターストラップ)
    378,000円
    2018年発表モデル
    東武先行販売(お渡しは2018年年内予定)
    東武販売予定数5本




パテック フィリップ

PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ Since 1839
継承する文化と進化する時計


今でも家族経営を守り続けるパテック フィリップ。高い品質を維持し、ブランドアイデンティティを守り、完璧なメンテナンス体制を整えてユーザーに寄り添う姿勢こそ、"最高峰"と称される理由だ。
しかし伝統に固執するあまり、停滞しては意味がない。
そこでパテック フィリップは機構やカラー、サイズなどで時計を進化させている。伝統と革新こそが彼らの哲学なのだ。

  • [左]
    黄金比によって導きだされた優雅なドレスウォッチは、今年誕生50周年を迎えた。
    節目を飾る新作は、ケースこそ大きくなったものの、マイクロローター式のムーブメントCal.240を使用することで薄さを追求。
    5.9mmというサイズは、現行コレクションのなかで最も薄い。
    ●ゴールデン・エリプス 5738
    (縦39.5mm×横34.5mm/18Kローズゴールドケース/自動巻き/キャリバー240/パワーリザーブ最少約48時間/アリゲーターストラップ)
    3,628,800円(予価)
    2018年発表モデル
    予約販売(お渡しは2018年秋以降)

  • [右]
    ケースサイドにあるふたつのプッシュボタンを押すと、時針が前後に1時間ずつジャンプし、ローカルタイムに時差修正するという便利な旅時計。しかしホームタイムを示す中空針はそのまま。
    ナイト&デイ表示もホーム用とローカル用が用意されるという徹底ぶりだ。
    ●カラトラバ・パイロット・トラベルタイム 5524
    (径42mm/18Kローズゴールドケース/自動巻き/キャリバー324 S C FUS/パワーリザーブ最少約35時間/カーフストラップ)
    5,605,200円(予価)
    2018年発表モデル
    予約販売(お渡しは2018年秋以降)




ユリス・ナルダン

ULYSSE NARDIN
ユリス・ナルダン Since 1846
多様に見えても哲学はひとつ


グラン・フー エナメルを使ったクラシックウォッチも、優れた防水性能を持ったダイバーズウォッチも、新素材や新機能を駆使した複雑時計も、すべては革新を遂げてきた
同社の歴史のなかにある。
19世紀中頃における最高の精密機械だった「海洋高精度時計」の開発に傾けた情熱は、今は独自機構や操作方法の向上へと向かっている。
よりよい時計を目指した歴史を感じ取りたい。

  • [左]
    巨大な分針が丸ごと時計機構になった特殊な時計で、むきだしになった脱進機が1時間かけて一周する。
    脱進機にかかる重力の影響をキャンセルできるので、広義のトゥールビヨン機構でもある。
    リュウズはなく、ベゼルを回して針修正、バックベゼルで巻き上げを行う。
    ●フリーク アウト フルブラック
    (径45mm/Tiケース/手巻き/キャリバー UN-205/パワーリザーブ7日間/帆布ストラップ)
    6,026,400円
    2018年発表モデル

  • [中]
    巨大で頑強なリュウズガードによって、1000m防水を実現したダイバーズウォッチ。
    かなり巨大だが、軽量なチタンをケース素材に使うことで着用感を向上させている。
    ダイヤルやケースバックには、ダイバーの憧れであるハンマーヘッドシャークの姿を描いている。
    ●ダイバー ディープ ダイブ
    (径46mm/Tiケース/自動巻き/キャリバーUN-320/パワーリザーブ48時間/ラバーストラップ)
    1,501,200円
    2018年発表モデル
    世界限定300本
    東武販売予定数1本

  • [右]
    ユリス・ナルダン傘下のダイヤル会社「ドンツェ・カドラン」が製作したグラン・フー エナメルのダイヤルを使ったドレスウォッチ。
    デザインはシンプルだが、その独特の光沢感は見入ってしまうほど美しい。
    製造には手間がかかるが、価格はこなれているので嬉しい。
    ●クラシコ マニュファクチュール グラン・フー
    (径40mm/SSケース/自動巻き/キャリバーUN-320/パワーリザーブ48時間/レザーストラップ)
    1,101,600円
    2018年発表モデル
    東武販売予定数1本




オメガ
OMEGA

オメガ Since 1848
新たな標準技術を作る。


人気の高い看板コレクションを着実にアップデート中。
その中心となる技術は、耐磁化である。
デジタル機器に囲まれた現代人にとって磁気に強い時計は必須となっているが、オメガでは非磁性素材を使った高耐磁ムーブメントの開発に成功した。
しかもこれらの技術を特別扱いせずに、多くのモデルに搭載している。
オメガは機械式時計の未来を見据えて進化しているのだ。

  • [左]
    フランス語で〝宝物〞を意味するトレゾアは、ケースからラグへと流れる優雅なサイドラインに丁寧にダイヤモンドをセッティングした華やかな腕時計。
    ローマ数字のインデックスはグラフィカルに仕上げており、リュウズには赤いフラワーモチーフが入っている。
    ●トレゾア
    (径36mm/18Kセドナゴールドケース/クオーツ/キャリバー4061/アリゲーターストラップ)
    993,600円
    2018年発表モデル

  • [中]
    地球からは月の裏側(ダークサイド)を見ることはできない。
    これは人類で初めて月の裏側を周回した1968年のアポロ8号のミッションを記念したモデルで、ムーブメントのパーツは月のクレーターを表現。
    ケースバックはシースルー式なので、伝説のムーブメントが見える。
    ●スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号
    (径44.25mm/セラミックケース/手巻き/キャリバー1869/パワーリザーブ48時間/レザー&ラバーストラップ)
    1,123,200円
    2018年発表モデル
    予約販売(お渡しは2018年12月以降予定)

  • [右]
    今年で25周年を迎えたダイバーズウォッチがリニューアル。
    最大の変化は、15,000ガウスもの耐磁性能と高精度を併せ持つMETAS認定の「マスター クロノメーター」という規格に準拠していること。
    さらに波模様をあしらったダイヤルは、セラミック製に進化した。
    ●シーマスター ダイバー 300M マスター クロノメーター
    (径42mm/SS×18KYGケース/自動巻き/キャリバー8800/パワーリザーブ55時間/ラバーストラップ)
    745,200円
    2018年発表モデル
    東武先行販売
    (お渡しは2018年9月以降予定)




タグ・ホイヤー

TAG HEUER
タグ・ホイヤー Since 1860
傑作「カレラ」が熟成を進めた


タグ・ホイヤーの代表的なコレクションである「カレラ」は、1963年に誕生した。
モータースポーツウォッチの先駆けであり、ドレッシーさと洗練さを兼ね備えた時計として
タグ・ホイヤーの方向性を決定づけた金字塔でもある。
今年は誕生55周年だが、大きく変化させず既存モデルの熟成を進めた。特にスケルトンムーブメントに力を入れており、メカの魅力に引きこまれる。

[上]
自社ムーブメントを搭載した人気のクロノグラフにGMT機能を追加。
視認性を高めるために赤針にしているのもポイント。
24時間表記のベゼルはセラミック製で、品質面もブラッシュアップしている。
スケルトンなのでデザイン面に目が行くが、ディテールもぬかりない。
●タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ GMT
(径45mm/SSケース/自動巻き/キャリバー ホイヤー02/パワーリザーブ約80時間/ SSブレスレット)
702,000円
2018年発表モデル
予約販売(お渡しは2018年年内予定)


[下]
近年はサッカーとのつながりを深めているタグ・ホイヤー。
ワールドサッカーの中でも人気の高いクラブ「マンチェスター・ユナイテッド」とのコラボレーションモデルだ。
クラブカラーであるレッドを印象的に使い、スモールセコンドやケースバックにはクラブロゴを掲げる。
●タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ マンチェスター・ユナイテッド エディション
(径43mm/SSケース/自動巻き/キャリバー ホイヤー01/パワーリザーブ約50時間/ラバーストラップ)
658,800円
2018年発表モデル
予約販売(お渡しは2018年9月予定)




ピアジェ

PIAGET
ピアジェ Since 1874
ウォッチメーカーでありジュエラーでもある


男性にとっては時計、女性にとってはジュエリーと、幅広いブランドイメージを持たれているピアジェだが、そのルーツは1874年に創立したムーブメント工房である。
その後、美しいドレスウォッチを作るためにジュエリー工房を傘下に収め、そしてジュエリーの制作にも力を入れるようになった。
つまりピアジェとは"美しい時計を作りたい"という理念によって
前進するメゾンなのである。

[右]
ステンレススチールケースを使って、カジュアルに楽しめるようにした「ポセション」。
回転するベゼルにワンポイントのダイヤモンドをセッティングし、さらにインデックスにもダイヤモンドをあしらったことで華やかな1本に仕上がっている。
●ポセション
(径34mm/SSケース/ダイヤモンド/クオーツ/56Pピアジェ自社製ムーブメント/アリゲーターストラップ)
518,400円
2018年発表モデル


[中]
ジュエリーとしても人気が高い「ポセション」の回転するリングをモチーフとしたジュエリーウォッチ。
約1.04ctのダイヤモンドをセッティングしたベゼルが可憐に回転し、華やかな世界を作る。
簡単に交換できるブラックアリゲーターのストラップも付属。
●ポセション
(径29mm/18KPGケース/ダイヤモンド/クオーツ/56Pピアジェ自社製ムーブメント/アリゲーターストラップ)
1,620,000円
2018年発表モデル
東武販売予定数2本


[左]
頑強なステンレススチールケースを使った、カジュアルでエレガントなメンズウォッチ。
ラウンド型のケースにクッション型のダイヤルを組み合わせて、個性的なルックスに仕上げた。
水平ギョーシェ模様をあしらったダイヤルはブルーで仕上げ、洗練された雰囲気に。
●ピアジェ ポロ S
(径42mm/SSケース/自動巻き/1110Pピアジェ自社製ムーブメント/パワーリザーブ約50時間/アリゲーターストラップ)
1,107,000円
2018年発表モデル
東武販売予定数2本




ブライトリング

BREITLING
ブライトリング Since 1884
新生ブライトリングが始まる


昨年、スイス時計業界の大物ジョージ・カーンを新CEOに招いたブライトリングは、これまで埋もれていた歴史に光を当て、航空機黎明期に製造していた計器にインスピレーションを
受けた新コレクション「ナビタイマー 8」をスタートさせた。
航空時計を中心とするインダストリアルな世界観は継続しながらも、
3針モデルも充実させるなど、新たな戦略を進める。

  • [左]
    新生ブライトリングは従来通り日本の市場を重視しており、評判のよい日本限定モデルは継続する。
    こちらは航空自衛隊曲技飛行チーム「ブルーインパルス」に捧げる特別モデルとなっていて、9時位置のスモールセコンド部にはチームのエンブレムが掲げられている。
    ●アベンジャー II ブルーインパルス
    (径43mm/SSケース/自動巻き/キャリバー13/パワーリザーブ42時間/ SSブレスレット)
    712,800円
    2018年発表モデル
    日本限定300本
    東武販売予定数2本

  • [中]
    20世紀中頃に、ブライトリング社内に存在していた航空計器の開発部門「ユイット・アビエーション」をイメージしている。
    ユイットとはフランス語で〝8〞の意味なので、「ナビタイマー 8」となった。
    ツートンのダイヤルカラーは自社製ムーブメント搭載の証である。
    ●ナビタイマー 8 B01 クロノグラフ 43
    (径43mm/SSケース/自動巻き/キャリバー01/パワーリザーブ70時間/ SSブレスレット)
    928,800円
    2018年発表モデル
    予約販売(お渡しは2018年9月予定)

  • [右]
    航空計器を思わせるシンプルなデザインの3針モデルだ。
    三角マーカーが入ったベゼルは回転式になっているため、時針に合わせれば簡易的な計測機器となっている。
    しかもベゼルサイドには、滑り止めの大きな刻みが入っているので操作性も良好。
    プロフェッショナルのための計器である。
    ●ナビタイマー 8 オートマチック 41
    (径41mm/SSケース/自動巻き/キャリバー17/パワーリザーブ40時間/ SSブレスレ)
    496,800円
    2018年発表モデル
    予約販売(お渡しは2018年9月予定)




カール F. ブヘラ

CARL F. BUCHERER
カール F. ブヘラ Since 1888
ユーザー目線の時計作り


1888年に創業したルツェルンの名門時計店ブヘラのオリジナルウォッチがルーツ。
その品質は一流ブランドと肩を並べるほどで、後に高級時計部門を独立させて
本格的な時計製造を開始した。
歴史的な深みを感じさせるクラシックデザインを得意としており、
近年は巧みなカラーリングでも高評価。
時計をよく知っている愛好家から支持されている、通好みのブランドだ。

  • [左]
    ローズゴールド製のケースに、シャンパンカラーのダイヤルを組み合わせた優雅なクロノグラフ。
    一見するとインパクトが強めにも見えるが、ツーカウンター式のクラシカルなデザインのため、ビンテージウォッチのような品格ある佇まいに仕上がっている。
    ●マネロ フライバック
    (径43mm/18Kローズゴールドケース/自動巻き/キャリバーCFB 1970/パワーリザーブ42時間/アリゲーターストラップ)
    2,548,800円

  • [右]
    1960~70年代に制作されたオリジナルウォッチにインスピレーションを受けたモデルで、ダイヤルはブラック×シルバーのツートンに赤の差し色を利かせてクラシカルに。
    ストラップにはブラウン色のクーズーレザーを使用しているため、ビンテージ感が増している。
    ●マネロ フライバック レトロ
    (径43mm/SSケース/自動巻き/キャリバーCFB 1970/パワーリザーブ42時間/クーズーレザーストラップ)
    950,400円
    2018年発表モデル




シャネル
CHANEL

シャネル Since 1910
確立されたスタイルがある


時計専業ではないラグジュアリーメゾンの時計が注目されるのは、
独特の美意識が詰まっているから。
シャネルの場合はデザインや機構の細部にまで、
創業者であるマドモアゼル シャネルの美意識が見える。
メゾンのアイコンをデザインに取り入れたり、まずムーブメントをデザインし、それに沿って設計したりと、他社には真似できないスタイルに磨きをかけている。

[上]
5年の歳月をかけて開発したシャネル待望の自社ムーブメントを搭載したメンズウォッチ。
視認性の高いジャンピングアワー窓や、240度と広角で動くレトログラード分針、ケースバックから覗く構築的でモダンなムーブメントなど、すべてが独自性に満ち溢れている。
●ムッシュー ドゥ シャネル
(径40mm/18Kベージュゴールドケース/手巻き/キャリバー 1./パワーリザーブ3日間/アリゲーターストラップ)
4,428,000円


[中]
タイムピースであり、ジュエリーでもある新作「コード ココ」。
アイコンバッグ「2.55」からインスピレーションを受けたクラスプやキルティングのようなスクエア模様のブレスレット、そしてマドモアゼル シャネルが愛したダイヤモンドをセッティングしている。
●コード ココ
(縦38.1×横21.5mm/SSケース/ダイヤモンド/クオーツ/セラミック×SSブレスレット)
1,339,200円
2018年発表モデル


[下]
時計は1本のブレスレット状になっており、両端を重ねてからクラスプをダイヤル上のロゴと平行になるように回すと、時計が固定される仕組み。
ケースの裏側にあるプッシャーで時刻調整を行うのでリュウズが存在せず、シンプルかつ優美なデザインを崩さない。
●コード ココ
(縦38.1×横21.5mm/SSケース/ダイヤモンド/クオーツ/セラミック×SSブレスレット)
791,100円
2018年発表モデル




フェンディ

FENDI
フェンディ Since 1925
ジュエリーが時計になった


1925年にローマで創業したフェンディ。
1988年にフェンディ タイムピーシズを設立しており、イタリアの高いデザイン性とスイスのクラフツマンシップを融合、時計分野にも力を入れている。
今年はアイコニックな”F”ロゴをあしらった新コレクション「Run Away(ラナウェイ)」もスタートしており、腕元にアクセントを加えるのに最適だ。

  • [左]
    アイコンの〝F〞が逆さまになった「F is FENDI」のロゴを、前面に大胆にあしらった新作ラナウェイ。
    リュウズをベゼルに隠れるように配置しており、丸みを生かしたデザインになった。
    さらに〝F〞のロゴやケースには、193個のダイヤモンドをセットしている。
    ●ラナウェイ
    (径28mm/SSケース/クオーツ/カーフレザーストラップ)
    442,800円
    2018年発表モデル

  • [右]
    3時位置のリュウズにはブルーサファイアが立て爪でセッティング。
    回すと3つのプレシャスストーンが回転、ダイヤル中央のマザー・オブ・パールで作ったフロレンティンモザイクとともにダイヤルを飾る。
    ブレスレットの中駒はファセットカット仕上げで、すべてが華やかに。
    ●フェンディ アイシャイン
    (径33mm/SSケース/クオーツ/ SSブレスレット)
    1,452,600円
    2018年発表モデル
    世界限定50本




センチュリー

CENTURY
センチュリー Since 1966
サファイアケースの煌きと機能美の融合


ダイヤモンドに次ぐ硬度を誇るサファイアクリスタルに宝石のようなハンドカッティングを施し、ジュエリーのように煌くケースを作るセンチュリー。
ブランド独自開発のサファイアケースによって”唯一無二"の美しく防水性に優れた時計を作っている。

  • [上]
    スケルトンムーブメントでメカニカルな魅力をアピール。
    透明度の高いサファイアクリスタル製のケースの煌きと、細部までしっかり見せた機能美がハーモニーを奏でる。
    光沢感のあるストラップはサテンの風合いながらラバー製でスポーティ&エレガンスにまとめる。
    ●プライム タイム
    (径38.5mm/サファイアケース/自動巻き/キャリバーSoprod M100/パワーリザーブ42時間/ラバーストラップ/10気圧防水)
    626,400円
    2018年発表モデル
    東武販売予定数1本

  • [中]
    12角形のサファイアケースが、上品な印象を与えるエレガントウォッチ。
    レッドゴールドがサファイアケースの煌きに、よりいっそうの華やぎをもたらしてくれる。
    そして、しなやかなブレスレットは腕なじみに優れ、女性の腕元に美しい彩りを添える。
    ●プライム タイム
    (径24mm/サファイアケース/クオーツ/18Kレッドゴールドブレスレット/10気圧防水)
    1,868,400円
    2018年発表モデル
    東武販売予定数1本

  • [下]
    人気のプライムタイムから、待望のブルーカラーの新作が登場した。
    古代より高貴な色と言われるロイヤルブルーのサファイアケースは、気品に満ちており、パーティシーンから日常使いまで、さまざまなシーンで楽しむことができる1本だ。
    ●プライム タイム
    (径24mm/サファイアケース/クオーツ/SSブレスレット/10気圧防水)
    475,200円
    2018年発表モデル
    東武販売予定数1本




ウブロ

HUBLOT
ウブロ Since 1980
進化と革新は続く


大成功を収めた傑作「ビッグ・バン」のデザインコードを守りつつ、新しい提案を行うことで新鮮な印象を与え続けるウブロ。
近年は独自性の高いハイコンプリケーションの開発を進める一方で、レディスウォッチの充実にも力を入れる。
既にウブロは時計界を代表する存在だが、今は革新を遂げつつ伝統を積み上げる時期に入っている。

  • [左]
    ウブロ創業当初のDNAを「フュージョン(融合)」で再解釈したコレクション「クラシック・フュージョン」からブレスレットモデルが登場。
    放射状に線が広がるサンレイ仕上げのライトブルーカラーのダイヤルが美しい。
    ベゼルのダイヤモンドが全体の華やかさを演出する。
    ●クラシック・フュージョン チタニウム ライトブルー ダイヤモンド ブレスレット
    (径33mm/Tiケース/自動巻き/キャリバーHUB1120/パワーリザーブ約40時間/ Tiブレスレット)
    1,220,400円
    2018年発表モデル

  • [右]
    7個の連結した香箱を装備し、約14日間の連続駆動を実現。
    このパワフルな機構の直列シリンダーや、スモーク加工されたブラックカラーの3Dカーボン素材を採用したケースやベゼルなど、個性的な見た目に加え、約90グラムという軽さも魅力のモデルだ。
    ●ビッグ・バン MP-11 14デイ パワーリザーブ 3Dカーボン
    (径45mm/3Dカーボンケース/手巻き/キャリバーHUB9011/パワーリザーブ約14日間/ブラックラバーストラップ)
    9,266,400円
    2018年発表モデル
    世界限定200本
    東武販売予定数1本
    予約販売(お渡しは2018年11月以降予定)




シャリオール

CHARRIOL
シャリオール Since 1983
オリジナリティを追求する


時計宝飾業界で活躍してきたフィリップ・シャリオールが、1983年にブランドを設立。
時計からスタートし、現在はレザーグッズやアイウェアなど多岐にわたってアイテムを
展開するようになった。
創業以来ブランドのアイコンとして受け継いでいるのが、ケーブル装飾の「トルク」。
これは古代ケルト人が好んだモチーフであり、時計の場合はブレスレットに使用する。

  • [左]
    チェーンをあしらった可憐なアクセサリーウォッチ。ロゴが入ったベゼルとダイヤルは、マザー・オブ・パールを使用している。
    ダイヤルにあしらわれているのはパルム(椰子)で、華やかなアクセントに。ブレスレットに「トルク」を使っている。
    ●サントロペ フェスティバル
    (径30mm/SSケース/クオーツ/SSケーブル)
    280,800円
    2018年発表モデル
    東武販売予定数1本
    予約販売(お渡しは2018年9月予定)

  • [右]
    女性のみのポロ競技会を発足させていたシャリオールが、競技や馬具からインスピレーションを受けてジュエリーウォッチを製作。
    馬蹄型のクラスプが特徴だ。
    ダイヤルにはマザー・オブ・パールを使用。ストラップ部分に用いられるケーブルが「トルク」である。
    ●マリー オルガ
    (縦32×横24mm/SSケース(ピンクPVD)/クオーツ/ SSケーブル)
    496,800円
    2018年発表モデル
    東武販売予定数1本
    予約販売(お渡しは2018年11月予定)




クロノスイス

CHRONOSWISS
クロノスイス Since 1983
古典を受け継ぐ時計師ブランド


名うての時計師ゲルト・ラングがミュンヘンで立ち上げた、
小さな時計ブランド「クロノスイス」。
スイス時計産業への敬意が込められており、ギョーシェ彫りやエナメルといった伝統的な技法を取り入れた時計を少量生産していた。
そのクラシカルさが愛好家から評価され、徐々に名前が知られるように。現在は生産体制を整えるためにスイスのルツェルンへと拠点を移している。

  • [左]
    古典的な機構であるレギュレーターを、徹底的にモダンに進化させた。
    ダイヤル表示には高低差をつけて立体感を演出し、9時位置にはチタン製の球体を使ったナイト&デイ表示も追加。
    実用性だけでなく表現にもこだわり、ロマンティックな魅力を加えている。
    ●フライング・レギュレーター ナイトアンドデイ
    (径41mm/SSケース/自動巻き/キャリバーC.296/パワーリザーブ42時間/アリゲーターストラップ)
    1,047,600円
    2018年発表モデル
    予約販売(お渡しは2018年9月予定)

  • [右]
    時分秒針が独立してレイアウトされているレギュレーター機構は、非常に視認性に優れているため、時計工房の時刻合わせ用時計として使用されていた。
    クロノスイスはこの機構を好んで使うが、立体感を生かしてモダンに進化。
    時間を示す赤い時表示サークルは限定モデルのみ。
    ●フライング・レギュレーター ナイトアンドデイ リミテッドエディション
    (径41mm/SSケース/自動巻き/キャリバーC.296/パワーリザーブ42時間/アリゲーターストラップ)
    1,112,400円
    2018年発表モデル
    世界限定50本
    東武販売予定数1本
    予約販売(お渡しは2018年9月予定)




フランク ミュラー

FRANCK MULLER
フランク ミュラー Since 1992
独創性で新しい時代を拓く


数々の世界初の機構を考案し、のちの複雑機構ブームのきっかけを作った
時計師フランク・ミュラー。
時針をジャンプさせたり、ボタンを押した時のみ時刻を表示させたりと、時間の流れを哲学的に表現して、時計表現に新しい価値観を提唱したのも彼だった。
現在の時計は、単に時間を知るだけの道具から、時計を眺めるという行為自体を楽しむ時代になった。それは彼がいたおかげなのだ。

モダンなヴァンガードケースに収めたのは、フランク ミュラーの代名詞ともいえる機構「マスターバンカー」。
ダイヤル上に3カ所の時刻を同時に表示し、しかもリュウズひとつで操作できるという高い機能性を持つ。
ダイヤルをスケルトン化したことで、メカニカルな魅力を存分に楽しめる。
●ヴァンガード マスターバンカー スケルトン(縦53.7×横44.0mm/SSケース/自動巻き/クロコダイル×ラバーストラップ)
4,104,000円(予価)
2018年発表モデル
予約販売(お渡し時期未定)




エイチ・ワイ・ティ
HYT

エイチ・ワイ・ティ Since 2012
常識を超えたモダンウォッチ


かつて使われていた水時計の文化を機械式時計で再現。
時計内部にふたつのふいごを組みこみ、徐々に圧力を加えることで細いガラス管の中の液体を動かしていく。
決して混ざらない透明の液体と色つきの液体の境目を、時針として使用する仕組みだ。
H2.0は複雑時計工房の名門オーデマ ピゲ ルノー・エ・パピ、H0はクロノードとの共同開発によるHYT専用ムーブメントを搭載。
そのためメンテナンスなども万全だ。

  • [左]
    ふいご以外のメカニズムを隠し、洗練されたミニマリズムを表現。
    分針以外にスモールセコンドやパワーリザーブ表示も備える。赤い液体を使い、モデル名もフランス語で赤い水を意味する「オールージュ」。
    これは日本市場からの提案で誕生した時計であり、かなり希少性が高い。
    ●H0 オールージュ リミテッド
    (径48.8mm/SSケース/手巻き/キャリバー101/パワーリザーブ約65時間/ラバーストラップ)
    6,048,000円
    2018年発表モデル
    世界限定8本
    東武販売予定数1本

  • [右]
    メカニズムがすべて見えるので、圧巻の構造美を楽しめる。
    宙に浮くようにセッティングしたガラス管の中を液体が移動していき、境目が6時に達したら圧力が抜けて始点に戻る仕組み。
    ちなみに分は針で表示しており、オレンジ色にすることで視認性もしっかり確保。
    ●H2.0 グリーン
    (径51.0mm/SSケース/手巻き/キャリバー201/パワーリザーブ約192時間/ラバーストラップ)
    14,752,800円
    2018年発表モデル
    世界限定25本
    東武販売予定数1本




セイコー

SEIKO
セイコー Since 1881
高品質ウォッチの歴史は続く
日本の時計文化を牽引するセイコー。


その蓄積した時計技術やデザイン力を表現するのが、エレガンスウォッチの「クレドール」と、前衛的なスタイルを楽しむ「セイコー ガランテ」というふたつのブランドだ。
日本の時計には個性が少ないと言われることもあるが、両ブランドはセイコーの時計作りの伝統を生かしつつも、他にはない優雅さや奇抜さを表現する。
退屈とは言わせないのだ。

[上]
柔らかな曲線が特徴の「リネアルクス」。
水をモチーフにデザインしており、ケースのカーブに合わせてダイヤモンドの大きさを変えるなど細部へのこだわりも深い。
ダイヤルには白蝶貝を使用。ブレスレットまで18Kイエローゴールドを使った優雅で華やかなドレスウォッチだ。
●クレドール リネアルクス
(径23.6 mm/18KYGケース/クオーツ/18KYGブレスレット)
3,240,000円
2018年発表モデル
東武販売予定数1本

[下]
〝自己の解放〞をコンセプトとするセイコー ガランテ。
このモデルは9mmパラベラム弾を彷彿とさせるデザインが特徴。
弾丸には「AMOR(=愛)」や「POTESTAS(=力)」「TEMPUS(=時)」などのメッセージが刻まれており、腕元で激しく自己主張する時計に仕上がった。
●セイコー ガランテ
(径45.0mm/SSケース/自動巻き(手巻きつき)/キャリバー8L38/パワーリザーブ約50時間/カーフストラップ)
691,200円
2018年発表モデル
世界限定50本
東武販売予定数1本




シチズン

CITIZEN
シチズン Since 1918
美と技の競演が個性となる


今年、創業100周年を迎えたシチズン。
エコ・ドライブやGPS衛星電波時計など、時代に即したハイテク機能を磨き上げ、さらにはスイスの時計ブランドやムーブメント会社を傘下に収めて機械式時計の品質向上にも力を注ぐ。
シチズンは市民(CITIZEN)のための時計を作ってきたが、さらに趣味性の高い時計を充実させることで、ブランドとしての厚みが増している。

  • [左]
    2011年に発売した世界初の光発電式衛星電波時計が進化した。
    モーターの性能を上げて針が速く動くようにし、ケース素材にスーパーチタニウムを使用することで軽量化して着用感もますます向上。
    ただし好評だった、人工衛星をイメージした前衛的なデザインは継続している。
    ●サテライトウエーブ GPS F990
    (径48.5mm(設計値)/スーパーチタニウムケース/光発電エコ・ドライブ/キャリバーF990/ウレタンバンド)
    367,200円
    2018年発表モデル
    世界限定1500本
    東武販売予定数10本
    予約販売(お渡しは2018年秋以降)

  • [中]
    日本の伝統工芸である漆塗りの技術を駆使してダイヤルを製作した。
    炭の内側から炎が燃えている様子を表現した「焃竈木」は、紅色の漆と貝が使われている。
    このモデルに搭載するのは、スイスのラ・ジュー・ペレ製ムーブメント。
    日本とスイスの伝統が融合した時計だ。
    ●カンパノラ 焃竈木(もえかまぎ)
    (径44.0mm(設計値)/ SSケース/自動巻き(手巻きつき)/キャリバーCal.Y150機械式/パワーリザーブ42時間/クロコダイルストラップ)
    1,080,000円
    2018年発表モデル
    限定20本
    東武販売予定数1本

  • [右]
    ムーブメントの厚みは1.00mm。
    ケース厚は2.98mmという驚異の薄さを実現した、世界最薄の光発電式アナログウォッチ。
    単なるスペック自慢なだけでなく、ミニマルなデザインも好評だ。
    今回はアルティックという硬質素材でベゼルを製造し、繊細だが強度も高めている。
    ●エコ・ドライブ ワン
    (径37.0mm(設計値)/サーメットケース/光発電エコ・ドライブ/キャリバー8826/クロコダイルストラップ)
    756,000円
    2018年発表モデル
    世界限定1000本
    東武販売予定数10本
    予約販売
    (お渡しは2018年秋以降)




カシオ

CASIO
カシオ Since 1946
プレミアム戦略に拍車がかかる


時計という枠に収まらず、独自の視点から製品を作ってきたカシオ。
その一例がG-SHOCKであり、世界的な成功を収めてきた。
次にカシオが目指すのは"時計ブランド"としての実力の強化。
持ち前の高精度と多機能性を保持しつつ、時計の価値を高める戦略を推し進める。
その核となるのは"日本らしさ"であり、伝統工芸の技を取り入れながらカシオ流の美を追求している。

  • [上]
    日本刀の装具である「鉄鐔(てつつば)」の強さと美しさからインスピレーションを受けたモデルで、ベゼルとブレスレットの中駒には「荒し鎚目(つちめ) 」と呼ばれる模様を施した。
    ベゼルは「素銅(すあか)」、ケースなどは「紫金(むらさきがね)」と呼ばれる金属工芸特有の色調を再現している。
    ●G-SHOCK MR-G MRG-G2000HA-1AJR
    (径49.8mm/Tiケース(AIP処理)/タフソーラー/GPS電波受信機能/標準電波受信機能/モバイルリンク機能/ LEDライト/ Tiブレスレット(AIP処理))
    864,000円
    2018年発表モデル
    世界限定350本
    東武販売予定数1本

  • [中]
    黒の濃淡で表現する「黒の五彩」をイメージし、「黒」を印象的に使ったモデル。
    深層硬化処理とDLC処理によって耐傷性能を高め、美しい黒の世界をいつまでもキープする。
    通常モデルよりケースサイズを2mm以上もダウンサイズしており、ミニマルで締まった印象に。
    ●G-SHOCK MR-G MRG-B1000B-1AJR
    (径46.2mm/Tiケース(深層硬化処理+DLC処理)/タフソーラー/標準電波受信機能/モバイルリンク機能/LEDライト/Tiブレスレット(深層硬化処理+DLC処理))
    302,400円

  • [下]
    標準電波受信、スマートフォン連動というふたつの時刻修正機能を搭載する高機能モデル。
    そのベゼル部分に江戸切子の伝統的な模様である「千筋」を施し、蒸着技術によってブルーに着色。
    東京の夜明けをイメージしており、朝日が水面に映る様子を表現している。
    ●オシアナス Manta OCW-S4000C-1AJF
    (径43.3mm/Tiケース(TIC処理)/タフソーラー/標準電波受信機能/モバイルリンク機能/Tiブレスレット(TIC処理))
    216,000円
    2018年発表モデル
    世界限定1500本
    東武販売予定数3本




グランドセイコー

GRAND SEIKO
グランドセイコー Since 1960
最高峰ブランドは止まらない


昨年、セイコー傘下から独立した「グランドセイコー」。
精度と品質の両面で世界最高峰を目指す姿勢は変わらないが、スポーツウォッチや
レディスウォッチにも力を注いでおり、領域を拡大している。
今年は機械式ムーブメント、キャリバー9Sの20周年ということで、
待望の小型自動巻きムーブメントを発表。
これによってデザインの自由度が高まり、さらなる進化が期待できる。

[上]
外装ケースにブルーのセラミックスを使用したスポーティモデル。
ブライトチタンとのハイブリッド構造で、頑強さと美しさを両立した。
機能的なGMTモデルであるだけでなく、時計師が徹底的に調整を施した高精度仕様になっている。
6時位置の「SPECIAL」がその証明だ。
●キャリバー9S 20周年記念限定モデル メカニカルハイビート 36000 GMT
(径46.4mm/Ti×セラミックスケース/自動巻き(手巻きつき)/キャリバー9S86/パワーリザーブ約55時間/ Ti×セラミックスブレスレット)
1,674,000円
2018年発表モデル
世界限定350本
東武販売予定数1本


[下]
ベゼルやインデックスにダイヤモンドをセッティングした可憐なドレスウォッチだが、グランドセイコーが築いてきた高い品質や時計作りへの情熱を感じることができる高性能な機械式時計。
主要部品を再設計して小型化したキャリバー9S25は、精度もハイレベルである。
●キャリバー9S 20周年記念限定モデル (径28.7mm/18KPGケース/自動巻き/キャリバー9S25/パワーリザーブ約50時間/クロコダイルストラップ)
3,564,000円
2018年発表モデル
世界限定50本
東武販売予定数2本




フレデリック・コンスタント

FREDERIQUE CONSTANT
フレデリック・コンスタント Since 1988
手の届くラグジュアリーがモットー


1988年に創業した新興ブランドだが、上質でタイムレスなスタイルと手に入れやすい価格を両立させており、目の肥えた時計愛好家からの評価が高い。
しかも自社ムーブメントも所有するほど技術レベルも高く、その独自性を生かした機構やデザインでも愛されている。

自社製ムーブメントCal.FC-702を搭載。
9時位置に針式のカレンダー、3時位置にムーンフェイズ表示を置くという独特のレイアウトのおかげで、ドレッシーウォッチでありながら主張もある。ケースは薄くてコンパクトなので、ビジネススタイルとも好相性だ。
●スリムライン ムーンフェイズ マニュファクチュール
(径38.8mm/SSローズゴールドプレートケース/自動巻き/キャリバーFC-702/パワーリザーブ42時間/アリゲーターストラップ)
434,160円




リュージュ
REUGE

リュージュ Since 1865
贅沢な時間を作りだす


"ゼンマイ仕かけの精密機械"という点では、時計とオルゴールは親戚関係といえる。
スイスは高級オルゴールの分野でも世界最高峰にあるが、その筆頭がリュージュだ。
奏でる音楽が美しいだけでなく、外装デザインも機械も美しい。
これも一生モノの価値がある。

バカラ社の最高峰の職人が手がけたクリスタルの天板を使ったオルゴール。
世界限定99個でシリアルナンバーが刻まれている。
連続演奏時間は約15分。このモデルはドビュッシー作「月の光」を奏で、その精密な機械も鑑賞できる。
贅沢な時間を過ごすための小道具だ。
●REUGE with Baccarat
(高さ68×横235×奥行130mm/天板クリスタルガラス、側面ガラス/収録曲ドビュッシー「月の光」(3パート))
980,000円
世界限定99個
東武販売予定数1個



ゼンマイを巻き上げると籠の中の小鳥たちがパタパタと動きだし、可愛らしくさえずる。
小鳥たちは20個以上のパーツで構成。
デザインも色も異なる羽を職人が1枚ずつ張りつけているため、1羽として同じものはない。
その愛らしい姿は見ているだけで癒やされる。
●シンギングバードケージ
(φ165×高さ300mm/スチールに金メッキ)
810,000円



リュージュ オルゴール演奏
イベント開催中、リュージュのオルゴールの美しい音色を間近で聴くことができる演奏会を実施する。
日時: 8/23(木)~28(火)午前11時/午後2時
場所:会場内リュージュ前






石國商店

石國商店
一九二〇年創業 時計ベルトと修理の店
ファッション目線で時計を楽しむ


腕時計は自己主張を楽しむアクセサリーでもある。
時計ブランドもそれを心得ており、デザインやカラーリングで新しいスタイルを提案しているが、今注目されているのが時計ベルト。
時計とファッションをつなぐ要素として、さまざまな工夫を凝らしている。
石國商店は1920年創業の時計ベルトメーカー。
時計ベルトの交換を楽しむために数多くのカラー・素材のベルトを販売している。
ワニ・トカゲ・牛革などのエキゾッチックレザーだけでなく、ジーンズで有名な岡山県の高品質デニム生地を使用したベルトなど、伝統を守りつつ新しいスタイルへも挑戦している。
また、オーダーメイドでベルトを作ることも可能。
クロコダイル・リザード・オーストリッチ・牛革などの革から選ぶことができ、カラーを組み合わせると90種類以上のパターンにもなる。
オーダーメイドしたベルトで自分の腕時計を、世界にひとつだけの腕時計にしてほしい。

  • フェア情報
    1.時計修理ご相談会
    8F催事場では、時計修理の受付も実施する。愛用している時計のメンテナンス、自宅で眠っている時計や壊れている時計があるならば相談するよい機会だ。
    2.石國商店オリジナル バネ棒先行販売会
    石國商店オリジナルバネ棒は、工具を使わずに時計とベルトの取り外しができ、誰でも簡単にベルト交換を楽しめる。催事期間限定販売。
    石國商店のベルトのみ対応。
    ※8F催事場受付のみのサービス・一部除外あり




[6F 第二会場 時計サロン(8~10番地)]




ボーム&メルシエ

BAUME & MERCIER
ボーム&メルシエ Since 1830
老舗ブランドの新戦略


スイス屈指の老舗ブランドだが、こなれた価格帯でも人気。
今年はリシュモン開発チーム、そしてムーブメントメーカーのヴァルフルリエと共同開発した新型ムーブメント「ボーマティック」を使ったドレスウォッチをリリースした。

シリコン製パーツを使うことで実現した優れた耐磁性や5日間連続駆動のロングパワーリザーブを備える最新モデル。
さらに熟練の時計師が調整を施して精度を高め、COSC認定クロノメーター規格を取得している。
そのコストパフォーマンスのよさには驚くほかない。
●クリフトン ボーマティック
(径40mm/SSケース/自動巻き/キャリバーBM12-1975A/パワーリザーブ5日間/アリゲーターストラップ)
356,400円
2018年発表モデル
東武販売予定数3本




ティソ

TISSOT
ティソ Since 1853
本質を求める人に贈るスイスウォッチ


耐磁腕時計や新機構のワールドタイマーなどいくつもの"世界初"を作りだした
スイスの名門。
機械式時計の大敵対策として「防水時計」の研究にも早くから熱心に取り組み、その蓄積が現代の時計へとつながっている。ティソの時計は歴史の証言者なのだ。

  • [左]
    1950年代に完成したダイバーズウォッチ「ティソ シースター」の伝統を受け継ぐモデル。
    300mの防水性能に加え、対傷性に優れたセラミック製逆回転防止ベゼルや約80時間連続駆動の高性能ムーブメントを搭載している。
    ●ティソ シースター 1000 オートマティック
    (径43mm/SSケース/自動巻き/キャリバーPowermatic 80/パワーリザーブ約80時間/シースルーケースバック/ SSブレスレット)
    89,640円
    2018年発表モデル

  • [右]
    針もインデックスも大きくて視認性に優れており、ダイバーズウォッチのお手本的デザインでまとめた。
    深海を思わせるブルーのグラデーションダイヤルが高級感を添え、シティスタイルにも溶けこむ仕上がりだ。
    ●ティソ シースター 1000 オートマティック
    (径43mm/SSケース/自動巻き/キャリバーPowermatic 80/パワーリザーブ約80時間/シースルーケースバック/ラバーストラップ)
    86,400円
    2018年発表モデル




アイ・ダブリュー・シー

IWC
アイ・ダブリュー・シー Since 1868
機能的な美しさがある


エンジニアリングにこだわり、機能美を大切にするIWCは、今年創業150周年。
節目を記念した限定生産の「ジュビリーコレクション」はもちろん見逃せない。
しかし忘れてはならないのが、IWCの永遠の定番「ポルトギーゼ」。
1930年代のモデルを端にした、シンプルでモダンなルックスが人気だ。

  • [左]
    細いベゼルとシンプルな表示、そしてノン・カレンダーでドレッシーにまとめた人気のクロノグラフ。
    メタリックなブルーダイヤルは、光の加減によって表情を変えるため、時計を眺めるという行為自体が楽しくなる。
    ●ポルトギーゼ・クロノグラフ
    (径40.9mm/SSケース/自動巻き/キャリバー79350/パワーリザーブ44時間/アリゲーターストラップ)
    815,400円

  • [右]
    7日間連続駆動する自社製ムーブメントCal.52010を搭載。
    3時位置にパワーリザーブ表示、9時位置にスモールセコンドを配置しているが、ダイヤルの外側に沿うようにレイアウトしており、デザインバランスも秀逸だ。
    ●ポルトギーゼ・オートマティック
    (径42.3mm/SSケース/自動巻き/キャリバー52010/パワーリザーブ7日間/アリゲーターストラップ)
    1,436,400円




ブローバ

BULOVA
ブローバ Since 1875
美しきアメリカンクラシック


ジョセフ・ブローバがアメリカ・ニューヨークで宝飾店を創業。
スイスで時計製造を始め、アメリカを代表する時計ブランドとなる。
音叉時計などアメリカブランドならではの先進性を時計に取り入れる一方、
時代に合わせたクラシックモデルも作ってきた。

1970年代に誕生したクッション型ダイバーズウォッチを復刻。
印象的なモデル名の由来は防水性能にあり、オリジナルモデルが666ft(200m)防水だったことから、〝666=悪魔の数字=デビルダイバー〞と命名。
ボックス風防ガラスを使ってレトロ感を高めている。
●デビルダイバー
(径44mm/SSケース/自動巻き/キャリバー821D/パワーリザーブ42時間/ SSブレスレット)
90,720円
2018年発表モデル
予約販売(お渡しは2018年9月予定)




サントノーレ

SAINT HONORÉ
サントノーレ Since 1885
パリジェンヌの寵愛を受ける


パリを代表するショッピングストリート、サントノーレ通りに1885年に作られた
時計工房をルーツとするブランド。
フェミニンななかにラグジュアリーなパリのエスプリを内包しており、
女性の腕元を可憐に彩ってくれる。


アール・ヌーヴォーの特徴である曲線を用いたフォルムは優美な印象を与える。
ケースにはジルコニアがセッティングされ、ダイヤルにはマザー・オブ・パールを使用。
繊細に仕上げたインデックスも秀逸だ。
●エンジョイ
(縦33.5×横23mm/SSケース/クォーツ/レザーストラップ)
97,200円
2018年発表モデル





レイモンド・ウェイル

RAYMOND WEIL
レイモンド・ウェイル Since 1976
時計に吹きこむ音楽の精神


ジュネーブの新興ブランドながら、家族経営の強みを生かして、時計に"音楽"という斬新なコンセプトを取り入れた。
デヴィッド・ボウイなどの著名ミュージシャンとの関係も深め、
コアなファンを獲得している。

1970年代から活躍しているロックバンド「AC/DC」とのコラボレーションモデル。
12時位置にロゴマークを掲げており、6時位置にはオープンワークを施す。
トゥールビヨンのようなブリッジだが、通常の機構である。
●フリーランサー AC/DC リミテッドエディション
(径42 mm/SSケース/自動巻き/キャリバーRW1212/パワーリザーブ38時間/カーフレザーストラップ)
280,800円
2018年発表モデル
世界限定3000本




ハミルトン

HAMILTON
ハミルトン Since 1892
歴史的節目を迎えた


鉄道用高精度時計の名門だったハミルトンが、アメリカ初の定期航空便(ワシントンD.C.~ニューヨーク)の公式時計として採用されたのが1918年のこと。
今年はその航空時計の100周年ということで、特殊な計算ができるパイロットクロノグラフの限定モデルを発売する。

風による影響を計算するための偏流修正角計算機能を備えるクロノグラフ。
シリコン製ヒゲゼンマイを使うことによって耐磁性を高めた限定モデルは、COSC認定クロノメーターも取得しており、高品質に仕上がっている。
●カーキ X-ウィンド オートクロノ 限定モデル
(径45mm/SSケース/自動巻き/キャリバーH-21-Si/パワーリザーブ約60時間/カーフストラップ)
306,720円
2018年発表モデル
世界限定1918本
東武販売予定数2本




ジーシー

GC
ジーシー Since 1997
自己表現のための時計


トレンドを的確に捉えたデザインとコストパフォーマンスの高さが強みで、コンセプトは
"スマートラグジュアリー"。
モダンなデザインに素材やカラーリングでアクセントを加えており、自己主張のアクセサリーとして時計を楽しみたいという人々から支持される。

  • [左]
    繊細に編まれたブルーのケーブルを、ベゼル回りにあしらったスポーティウォッチ。
    ブルーとローズゴールドを組み合わせ、艶やかに仕上げた。ストラップは着け心地のよいシリコンラバー。
    ●Gcストラクチャケーブル
    (径36mm/316Lステンレススチールケース/クオーツ/シリコンストラップ)
    45,360円
    2018年発表モデル

  • [右]
    トレンドカラーであるブルーを、ベゼルとダイヤルに採用。ストラップは、着け心地のよいホワイトのシリコンラバーを使用する。
    ケースも大きいため、アクセサリー効果を堪能できるだろう。
    ●Gc-1
    (径44mm/316Lステンレススチールケース/クオーツ/シリコン×SSストラップ)
    91,800円
    2018年発表モデル




シチズン

CITIZEN
シチズン Since 1918
美しい時を表現するために


高性能ムーブメントや光発電エコ・ドライブ、あるいは美しいケースやブレスレットを傷から守る表面加工デュラテクトなど、シチズンの時計技術は美しいデザインと心地よい機能性を
実現させるために生まれた。
可憐な時計に触れた時、それを実感できるだろう。

「エクシード」の上級ライン「エクシード プレシャス」から生まれたドレスウォッチ。
ベゼルとダイヤルにダイヤモンドをセットし、リュウズはアメジスト。
優美なダイヤルは白蝶貝。
しかも光発電エコ・ドライブで動くので、電池交換も不要という利便性も魅力。
●エクシード プレシャス 東武オリジナル
(径21mm(設計値)/ SSケース/光発電エコ・ドライブ/キャリバーG626/ SSブレスレット)
356,400円
2018年発表モデル
東武オリジナル限定10本
 




カシオ

CASIO
カシオ Since 1946
真の世界ブランド


東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、上海。
どこに行っても、G-SHOCKはクールな時計として認知されている。
スポーツや音楽、ファッションと融合し、世界中のユースカルチャーに入りこんだG-SHOCKは真のグローバルブランドであり、日本の誇りである。

時計モジュールを収めたカーボンファイバー樹脂ケースを、上下からメタルパーツで挟み耐衝撃性能を高めた「MT-G」。
パーツの配置を組み替えたことにより小型化と薄型化も実現し、腕になじみやすいサイズに。
ブラックIP処理を施すことで、精悍な雰囲気も高まった。
●G-SHOCK MT-G MTG-B1000B -1AJF
(径51.7mm/SSケース(ブラックIP加工)/タフソーラー/標準電波受信機能/モバイルリンク機能/LEDライト/ソフトウレタンバンド)
108,000円
2018年発表モデル




セイコーアストロン

SEIKO ASTRON
セイコー アストロン Since 2012
世界で戦う男のために


海外では時差が悩みの種になる。
そこで誕生したのが、GPS衛星を使って現在地を割りだし、
正確な現地時間を表示するハイテク機構だ。
「セイコー アストロン」は世界初のGPSソーラーウォッチ。
世界のどこにいても正確な時間がわかるというグローバルウォッチである。

アストロン初のスポーツモデルで、軽量なチタンケースや20気圧の防水性能、装着感に優れたシリコンラバーストラップを採用。
6時位置の白蝶貝ダイヤルで第二時間帯を表示しており、海外にいても日本時間がすぐわかる。
これもビジネスマンには嬉しい配慮だ。
●エグゼクティブ スポーツライン 8Xシリーズ デュアルタイム
(径46.7mm/Tiケース/ソーラーGPS衛星電波修正/キャリバー8X53/強化シリコンストラップ)
275,400円
2018年発表モデル



ホームページの表示価格は「消費税込み」の価格です。