東武百貨店 池袋店

8F催事場
6F 8~10番地 時計サロン

2017 東武ワールドウォッチフェア

イベント一覧

  • 8F催事場(1~3番地)
  • 6F 8~10番地 時計サロン
会期
2017年8月17日(木)~22日(火)
8F催事場(1~3番地) 営業時間:午前10時~午後8時※最終日は午後5時閉場
第二会場 6F 8~10番地 時計サロン 営業時間:午前10時~午後8時 





今年のテーマは『歴史と継承』
国内最大級の時計の祭典。
世界中から36のブランドが8F催事場に集結します。
長い歴史の中で培われた技術や伝統が継承された2017年の最新モデルをはじめ、限定品、人気商品を一堂にご紹介いたします。



2017 東武ワールドウォッチフェア デジタルカタログへ





8F催事場(1~3番地)




6F<第二会場>時計サロン(8~10番地)




8F催事場 会場案内図




=フォトスポット
会場内7ヶ所に特別なフォトスポットを用意しました。
宇宙服、レーシングスーツ、滑走路など、ブランドそれぞれが趣向を凝らした内容となっています。
ぜひ記念の1枚をお楽しみください。



※写真はイメージです。






SPECIAL EVENT [8Fイベント会場]
※すべてのイベント日時・内容等は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。




  • SEIKO
    匠の技を堪能できる!
    クレドール彫金実演会
    日時:8/19(土)午後1時
    「桜」と「牛車」をモチーフにした新モデルに施されている、セイコーの彫金技法を実演と解説を交えてご紹介します。
    今回、実演を行う技能士は雫石高級時計工房 幕張彫金工房に所属の小川 恒氏です。
    クレドール シグノメカニカル立体
    彫金限定モデル GBBY989


  • CITIZEN
    世界にひとつだけ!
    親子時計教室
    日時: 8/20(日)午前11時/午後1時(各回6組12名)
    対象: 6~12歳のお子様と保護者の方(1組につき各1名様)
    事前申込制(※定員を超えた場合は抽選)
    申込期間:8/1(火)~10(木)
    申込場所:6F 10番地シチズン
    コンセプトショップ店頭
    参加費:無料
    お子様が文字盤に絵を描き、保護者の方が針付けをします。

    申込受付は終了いたしました。


TALK SHOW
東武百貨店 池袋店 開店55周年記念特別イベント
黒部和夫氏とステキな時計仲間たち

ファッション評論家である黒部和夫氏と、時計&ファッションのスペシャリストたちとのトークセッション。
時計選びのヒントも満載のトークをお楽しみください。



  • [コーディネイター]
    カルロ インターナショナル 代表、ファッション評論家
    黒部和夫氏
    大手アパレルのメンズ商品開発室長やファッション業界4団体の委員を歴任する、ファッション評論・教育のスペシャリスト。
    ニックネームは「カルロ」。


  • 月刊誌「ゲーテ」発行人
    舘野晴彦氏
    1961年生まれ。角川書店を経て、’93年に幻冬舎創立メンバーとして参画する。
    ゲーテ初代編集長・発行人を務め、2015年に統括編集長に就任。
    日時:8/17(木)午後3時


  • ハースト・メンズ・メディア・ブランド・アンバサダー 兼、ナノ・ユニバース・メンズ・ディレクター
    戸賀敬城氏
    1967年東京生まれ。Men’s EX、MEN’S CLUBなど数々の雑誌編集長を務め、2017年5月1日よりナノ・ユニバース・メンズ・ディレクターに就任。
    日時:8/19(土)午後3時


  • 写真家
    高橋和幸氏
    1951年徳島県鳴門市生まれ。
    出版社勤務を経て、パブリックアートカムパニー設立。
    ’97年に「卓球王国」創刊、発行人に。
    現在、鳴門市PR鯛使も務める。
    日時:8/20(日)午後3時
    時計ご購入者様特典としてポートレート写真撮影会を実施します。(下記参照)


写真家 高橋和幸氏 写真展

開催期間:8/17(木)~22(火)
※最終日は午後5時閉場
場所:8F 1番地 特設スペース
時計界に造詣の深いカメラマン・高橋和幸氏による、撮り下ろし作品のベストセレクションを展示します。
作品はご購入いただけます。





  • 高橋和幸氏による
    「 時計と私 MY BEST PORTRAIT」撮影会
    日時:8/20(日)トークショー終了後
    場所:8F イベント会場
    ご購入いただいた時計を着けての特別なショットを撮影し、写真とデータをプレゼントいたします(お渡しは後日となります)。
    ※当日午後2時30分からイベント会場にて受付開始(整理券配布)、先着10名様。




[8F 催事場(1~3番地)]





BLANCPAIN
ブランパン Since 1735
現存する最古の時計ブランド
現存する時計ブランドのなかで、最も長い歴史を持つブランパン。
時計製造の伝統を守るだけでなく、未来にも思いを馳せ、伝統と革新を両立しているブランドである。
創業以来一貫して機械式ムーブメントにこだわり続け、時計師の叡智(えいち)を結集させたハイ・コンプリケーションモデルを得意とする。
伝統を受け継ぐ最もクラシカルな「ヴィルレ」コレクションは、創業地の地名から命名されたものだ。




  • [左]
    回転ディスクを使って月の満ち欠けを表現するムーンフェイズ機構は、長らく姿を消していた古典的機構だが、1980年代初頭にブランパンが復活させた。
    月面に顔を描くのは懐中時計時代から続く遊び心だが、これも継承している。
    ほかに針式のカレンダーも備える。
    ●ヴィルレ デイト ムーンフェイズ(径29.2mm/18KRGケース/自動巻き/キャリバー913QL/パワーリザーブ40時間/アリゲーターストラップ/30m防水/サファイアケースバック)
    2,019,600円
    2017年発表モデル
    予約販売(お渡しは2017年12月予定)

  • [右]
    「ヴィルレ」コレクションでは初となる、デイ・デイト機構搭載モデル。
    3時位置にコンパクトに表示した曜日と日付は、同時に動かすことができるため、修正も容易である。
    搭載するCal.1160DDの連続駆動時間は72時間。
    高い精度を維持し続けることができる良作だ。
    ●ヴィルレ デイ・デイト(径40mm /18KRGケース/自動巻き/キャリバー1160DD /パワーリザーブ72時間/アリゲーターストラップ/30m防水/サファイアケースバック)
    2,181,600円
    2017年発表モデル
    予約販売(お渡しは2017年12月予定)





JAQUET DROZ
ジャケ・ドロー Since1738
天才時計師の情熱を受け継ぐ
18世紀に活躍した天才時計師、ピエール-ジャケ・ドローは、シンボリックなデザインやからくり時計の名手として知られていた。
彼の工房はその後消滅してしまったが、その偉大な足跡を広めるべく、1995年に再興された。
彼が得意としていた小さな時分針と大きな秒針で8の字を描くレイアウトをブランドのアイコンとし、さらには、古典的なエナメル技法も得意とする。



[上]
リューズが4時位置になっているのは、搭載するムーブメントを少し回転させているから。
絶妙なバランスの文字盤デザインを生みだし、優雅さが増している。
ダイヤル素材として使用しているのは、内部にキラキラ光る銅片を閉じこめた半貴石アベンチュリンだ。
●グラン・セコンド オフセンター アベンチュリン(径39mm/SSケース/自動巻き/キャリバーJAQUET DROZ 2663.P/パワーリザーブ68時間/アリゲーターストラップ)
2,041,200円
2017年発表モデル
東武販売予定数1本

[中]
独特の光沢感を持つエナメルダイヤルの上に、得意の8の字レイアウトを表現。
6時位置には秒針と針式のカレンダー、そしてムーンフェイズを同軸上に並べている。
月の満ち欠けは、122年46日に1日分しか誤差が生じないという高精度仕様で設計されている。
●グラン・セコンド ムーン アイボリーエナメル(径43mm/18KRGケース/自動巻き/キャリバー JAQUET DROZ 2660QL3/パワーリザーブ68時間/アリゲーターストラップ)
3,391,200円
2017年発表モデル
東武販売予定数1本
予約販売(お渡しは2017年10月予定)

[下]
8の字レイアウトは守りつつ、左右に張り出した力強いデザインのケースと組み合わせ、スポーティな雰囲気を演出。
伝統は守りつつ、現代的な嗜好とも連動するのが21世紀のジャケ・ドローだ。
ケースも大きく見栄えがよいので、アクセサリー効果も高い。
●グラン・セコンド SW スティール(径45mm/SSケース/自動巻き/キャリバー JAQUET DROZ 2663A-S.Si/パワーリザーブ68時間/ SSブレスレット)
2,127,600円
2017年発表モデル





VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン Since 1755
ジュネーブ最古のマニュファクチュール
時計産業の中心都市ジュネーブの最古参。
かつては個々に独立して時計を作っていた時計師たちを一カ所に集約し、一度も途絶えたことがないマニュファクチュール。
創業当時の社屋があったレマン湖から流れるローヌ川の中州には、現在でも本店とヘリテージ・デパートメント(遺産管理部門)がある。
近年は極上のオーダーメイドサービス「レ・キャビノティエ」も好評だ。




  • [左]
    スポーティなデザインとエレガントなディテールを併せ持った特別な時計。
    レザーストラップ、ラバーストラップが付属しており、特別な道具無しで簡単に取り換えが可能。
    あらゆるシーンに対応できる実力派で、高品質の証であるジュネーブ・シールも取得済みだ。
    ●オーヴァーシーズ(径41mm/SS×18KPGケース/自動巻き/キャリバー Cal.5100/パワーリザーブ約60時間/ミシシッピ・アリゲーターレザーストラップ(ラバーストラップ付属))
    2,754,000円
    2017年発表モデル

  • [中]
    発色の豊かなピンクゴールド製のケースに、純白のマザー・オブ・パール製のダイヤル、そして華やかなフューシャ(赤紫)色のストラップを組み合わせた可憐なレディスウォッチ。
    存在感のあるデザインなので、ドレスアップのアクセントとして楽しみたい。
    ●マルタ・スモールモデル(縦38.7×横28.4mm/18KPGケース/手巻き/キャリバー Cal.1400AS/パワーリザーブ約40時間/ミシシッピ・アリゲーターレザーストラップ/ホワイト・マザー・オブ・パール文字盤)
    2,322,000円
    2017年発表モデル

  • [右]
    サイドから見ると手首にぴったりフィットするように湾曲し、表からは流麗なカーブデザインが目を引くトノーケースにトゥールビヨン機構を搭載。
    回転するキャリッジ(籠)が、アイコンであるマルタ十字の形になっているのも特長。
    スレートカラーの文字盤が洗練さを高めた。
    ●マルタ・トゥールビヨン(縦48.2×横38mm/18KPGケース/手巻き/キャリバー Cal.2795/パワーリザーブ約45時間/ミシシッピ・アリゲーターレザーストラップ)
    時価 20,034,000円(2017年6月時点 参考価格)
    2017年発表モデル オーダー対応





BREGUET
ブレゲ Since 1775
天才時計師の情熱が甦る
スイスで生まれ、フランス革命前後のパリで活躍した天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲ。
自動巻き機構やトゥールビヨン機構、耐震装置など現代に繋がる数々の発明を行い、時計技術を大きく飛躍させた彼の情熱は、現代へと受け継がれている。
現代のブレゲも、シリコン製パーツや磁気を使った機構、あるいは画期的なメカニズムなどで、次世紀の標準技術を探求し続けている。



[上]
初代ブレゲの上顧客だった皇帝ナポレオン。
その妹でありナポリ王妃でもあったカロリーヌのために作られたブレスレットウォッチからインスピレーションを受けた時計。
優美な卵型ケースとグラフィカルな数字インデックスでエレガントな仕上がりだ。
●クイーン・オブ・ネイプルズ ミニ 8928(縦33×横24.95mm/18KWGケース/自動巻き/キャリバー586/1/パワーリザーブ38時間/ブラックサテンストラップ)
4,222,800円
2017年発表モデル

[下]
古典技法であるグラン・フー エナメルのダイヤルを使用し、インデックスは繊細なブレゲ数字と呼ばれるアラビア数字。
すらりと伸びたブレゲ針も美しいクラシックウォッチだが、ムーンフェイズ表示やパワーリザーブ表示の位置で個性を作ることで、目新しい印象を伴わせることにも成功している。
●クラシック 7787(径39mm/18KWGケース/自動巻き/キャリバー591DRL/パワーリザーブ38時間/アリゲーターストラップ/ムーンフェイズ)
3,531,600円
2017年発表モデル





GIRARD-PERREGAUX
ジラール・ペルゴ Since 1791
デザインと機構に歴史を写す
時計業界には古典機構や古典デザインがいくつかあるが、そのなかでも古いとされるのが、ジラール・ペルゴのアイコンである、スリー・ゴールドブリッジトゥールビヨン。
1889年のパリ万博に出展されてから現代まで、メカニズムもデザインもほぼ変えることなく受け継がれてきた。
今年はこのスタイルを投影した「ブリッジ」コレクションもスタート。
伝統は確実に受け継がれている。



[左]
注目の「ロレアート」は、34mm径のレディスモデルも充実。
特徴的な8角形のベゼルを強調する、サイズの異なる56石のブリリアントカットダイヤモンドをセットして可憐な装いに。
しかもストラップと同色のラバーストラップも付属するため、シックにもカジュアルにも楽しめる。
●ロレアート 34mm(径34mm/SSケース/クオーツ/キャリバー GP013100-0002/アリゲーターストラップ/リファレンスNo.80189D11A131-CB6A)
1,026,000円
2017年発表モデル

[中]
輪列や脱進機を固定するブリッジにデサイン性を追求した同社のオリジナルスタイルを、現代的にアレンジした2針モデル。
ブリッジの美しさを生かすために完璧なシンメトリー構造を目指し、マイクロローターと動力ゼンマイを並列。
ケースバックに、もうひとつのブリッジが配置されている。
●ネオ・ブリッジ(径45mm/Tiケース/自動巻き/キャリバー GP08400-0001/パワーリザーブ約48時間/アリゲーターストラップ/リファレンスNo.84000-21-001-BB6A)
2,797,200円
2017年発表モデル

[右]
1975年に誕生したクオーツ式のラグジュアリースポーツウォッチが、機械式ムーブメントを搭載してレギュラー化した。
ケースサイズのバリエーションも豊富だが、特に人気が高いのはちょっと小振りな38mmモデル。
ブレスレットの肌当たりもよく、満足感の高い仕上がりになっている。
●ロレアート 38mm(径38mm/SSケース/自動巻き/キャリバー GP03300-0132/パワーリザーブ約46時間/SSブレスレット/リファレンスNo.81005-11-431-11A)
1,209,600円
2017年発表モデル





LONGINES
ロンジン Since 1832
復刻モデルの第一人者
創業以来、スイスのサンティミエにて時計を作りつづけているロンジン。
歴史が長いだけでなく、過去の傑作たちの設計図や仕様書、広告資料などが散逸(さんいつ)されず保管されているため、過去モデルを正確にトレースすることができる。
しかも会社の経営陣が40年以上もロンジン一筋であるため、当時の空気感まで一緒に蘇らせる。
それが魅力を高める要因になっている。




  • [左]
    急速に発展する鉄道を安全に運行するために開発されたロンジンの高精度鉄道時計を復刻。
    表側は大きなローマン数字とスモールセコンドのみでシンプルにまとめつつ、蒸気機関車の彫刻が施されたケースバック側には小さな窓があり、ムーブメントの鑑賞も可能。
    ●ロンジンレイルロード ポケットウォッチ(径49.5mm/SSケース/手巻き/キャリバー513/パワーリザーブ53時間/SSチェーンストラップ付)
    410,400円
    2017年発表モデル
    世界限定250本
    予約販売(お渡しは2017年12月予定)

  • [右]
    大西洋単独無着陸横断飛行を成し遂げたC・リンドバーグと、航空時計のパイオニアであるロンジンが共同開発したパイロットウォッチ。
    今年が彼の偉業から90周年ということで、現代的にアップデイトして復刻。
    ブラックPVD処理を施したベゼルが特徴だ。
    ●リンドバーグ アワーアングルウォッチ 90周年モデル(径47.5mm/Tiケース(ブラックPVD加工ベゼル)/自動巻き/キャリバー699/パワーリザーブ46時間/カーフレザーストラップ/延長ベルト付)
    683,640円
    2017年発表モデル
    世界限定90本
    予約販売(お渡しは2017年12月予定)





JAEGER-LECOULTRE
ジャガー・ルクルト Since 1833
技巧派が目指す新たな表現
創業以来、400以上の特許を取得し、1250以上のムーブメントを開発してきたジャガー・ルクルト。
その技術力は時計の精度を高めるというだけでなく、美的表現力にも注がれている。昨年は85周年を迎えた「レベルソ」がリニューアルし、今年はレディスコレクション「ランデヴー」が充実。
本格派のメカニズムに美しいデザインや装飾技法を組み合わせ、時計はさらに魅力を増す。




  • [左]
    昨年のリニューアル時に新たに加わった「レベルソ・ワン」は、女性のためのレベルソ。
    アール・デコ様式の端正なケースはやや縦長になり、反転する特殊構造ケースの裏側はソリッドバック。
    ダイヤモンドのセッティングで上品にまとめた、知的な時計だ。
    ●レベルソ・ワン(縦40.1×横20mm/SSケース/クオーツ/キャリバー657/3気圧防水/SSブレスレット)
    734,400円
    2017年発表モデル

  • [中]
    圧縮キーと呼ばれる特許取得の防水システムをリューズに組みこむハイスペッククロノグラフ。
    ケース素材には、軽くて頑強なセラミックを使用しており、見た目も精悍(せいかん)に仕上がっている。
    さらにローカルタイム表示針も備えており、実用性は極めて高い。
    ●マスター・コンプレッサー・クロノグラフ・セラミック(径46mm/セラミックケース/自動巻き/キャリバー757/パワーリザーブ65時間/10気圧防水/ブラックトリエステクロスストラップ)
    1,836,000円
    2017年発表モデル

  • [右]
    端正なラウンドケースに小振りな針を合わせ、6時位置にはナイト&デイ表示をセット。
    24時間かけて1周するこの機構は、太古から変わらぬ優雅な時間の流れを表現している。
    ダイヤルには精緻なギョーシェ彫りが施されており、美しい技巧も楽しめる。
    ●ランデヴー・ナイト&デイ・ミディアム(径34mm/18KYGケース/自動巻き/キャリバー898A/1/パワーリザーブ40時間/3気圧防水/アリゲーターストラップ)
    1,782,000円
    2017年発表モデル






PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ Since 1839
継承する価値のある至宝たち
パテック フィリップの時計たちが高い評価を受けているのは、時計の品質もさることながら、完璧なメンテナンス体制が整っているから。
いかなるモデルであっても必ず修復してもらえるため、時計が価値を失うことはない。
しかもスターン家による家族経営のためデザインや機構に継続性がある。
パテック フィリップを所有するということは、時計文化を支えることと同意なのだ。




  • [左]
    1932年の誕生以来、ラウンドウォッチの手本であり続けるコレクション「カラトラバ」。
    最新モデルは、4~5時位置にスモールセコンドを配置し、カレンダーは針式。
    ダイヤルの上にずらりと並ぶアラビア数字インデックスやレイルウェイ模様で、モダンな雰囲気を演出する。
    ●カラトラバ 6006(径39mm/18KWGケース/自動巻き/キャリバー240 PS C/パワーリザーブ約48時間/アリゲーターストラップ)
    3,607,200円(予価)
    2017年発表モデル
    予約販売(お渡しは2017年秋以降)

  • [右]
    とても美しい自社製クロノグラフ・ムーブメントを搭載。
    ブルーのグラデーションダイヤルの上に、バゲットダイヤモンドでインデックスを作る豪奢で華やかな1本。
    かつて知的階層のアイコン的デザインとして好まれていた、ドレッシークロノグラフの正式な後継者だ。
    ●クロノグラフ 5170P(径39.4mm / Ptケース/手巻き/キャリバー CH 29-535 PS /パワーリザーブ約65時間/アリゲーターストラップ)
    11,340,000円(予価)
    2017年発表モデル
    予約販売(お渡しは2017年秋以降)





ULYSSE NARDIN
ユリス・ナルダン Since 1846
海とのつながりを大切にする
船舶の安全な航行を支えた海洋高精度時計(マリーンクロノメーター)の名門として知られるユリス・ナルダンは、持ち前の技術力と素材への探求心を武器に、モダンクラシックな時計を作っている。
複雑機構であっても使い勝手を失わず、エナメルダイヤルのような古典技法も積極的に取り入れる。
歴史と伝統を大切にしつつ、革新も忘れない。それが彼らの強みになっている。




  • [左]
    12時位置にパワーリザーブ表示、6時位置にスモールセコンドを配置するというデザインは、かつてのマリーンクロノメーターに倣ならったもの。
    このモデルは1996年発表時のオリジナルデザインの復刻版である。ダイヤルはドンツェ・カドラン製のグラン・フー エナメルだ。
    ●マリーン 1846(径41mm/SSケース/自動巻き/キャリバー UN-118/パワーリザーブ60時間/アリゲーターストラップ)
    1,231,200円
    2017年発表モデル

  • [中]
    ヨットレースの特殊なスタート方法に合わせて開発されたカウントダウンタイマーつきのクロノグラフ。
    10時位置のボタンで設定した反時計回りで計測するカウントダウンタイムが0になる瞬間にクロノグラフが時計回りで計測を開始するという、技巧に富んだ機構になっている。
    ●マリーン レガッタ(径44mm/SSケース/自動巻き/キャリバー UN-155/パワーリザーブ60時間/ラバーストラップ)
    1,987,200円
    2017年発表モデル

  • [右]
    キャリッジを回転させて高精度を実現するトゥールビヨン機構を搭載しながら、価格は控えめ。
    それに加えて、自社傘下の工房、ドンツェ・カドランが制作したグラン・フー エナメルのダイヤルを使用している。
    とても美しく、コストパフォーマンスも高い時計である。
    ●マリーン トゥールビヨン(径43mm/SSケース/自動巻き/キャリバー UN-128/パワーリザーブ60時間/アリゲーターストラップ)
    3,499,200円
    2017年発表モデル





CARTIER
カルティエ Since 1847
ウォッチメーカーとして進化を続ける
〝王の宝石商?と称されるジュエラーでありつつ、革新的な時計を作る名門でもあるカルティエ。
近年はスイス時計産業の一大拠点ラ・ショー・ド・フォンに巨大なファクトリーを作り、自社ムーブメントの研究開発にも力を注ぐ。
メティエダールと呼ばれるいにしえの工芸技法を復活させたり、複雑機構を開発したりと時計のバリエーションは多岐にわたり、その実力は底知れない。



[上]
昨年誕生した「ドライブ ドゥ カルティエ」に薄型ムーブメントを搭載した2針のドレスウォッチが登場。
カレンダーさえも存在しない端正な姿が印象的で、そのクラシカルでノスタルジックなルックスに目を奪われる。
通常モデルよりもサイズが小ぶりでバランスがよい。
●ドライブ ドゥ カルティエ エクストラフラット ウォッチ(縦38×幅39mm/18KPGケース/手巻き/キャリバー 430 MC/アリゲーターストラップ)
1,728,000円
2017年発表モデル

[中]
スモールセコンドを外した場所にムーンフェイズ表示を加えた新バージョン。
ブルーのディスクに月と星を描いたことによって、フランケ模様のギヨシェ彫りを施したシルバーダイヤルの上で鮮やかに主張する。
ゆっくりとした時間の流れを楽しむ、優雅な時計である。
●ドライブ ドゥ カルティエ ムーンフェイズ ウォッチ(縦40×幅41mm/SSケース/自動巻き/キャリバー1904-LU MC/アリゲーターストラップ)
869,400円
2017年発表モデル

[下]
多くの女性に愛されてきた「パンテール」が現代に蘇った。
小ぶりで柔らかなスクエアフォルムや、カルティエらしい上品なダイヤルデザインは不変ながら、ブレスレットの質感を高めて肌当たりを向上させた。
サイズは2種類あり、こちらは小ぶりなSMサイズとなっている。
●パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ(縦22×幅30mm/18KPGケース/ダイヤモンド/クオーツ/ブルースチール製剣型針)
2,624,400円
2017年発表モデル





OMEGA
オメガ Since 1848
新たな標準技術を作る
誰もが知るスイスの時計ブランドで、かつ最先端をいくブランドでもある。
潤滑油の劣化による精度低下を防ぐために注油がほとんど必要ないコーアクシャル脱進機を実用化させ、デジタル機器等の磁気から時計を守るために非磁性素材を使った高耐磁ムーブメントの開発に成功した。
しかもこれらの技術を特別扱いせずに、多くのモデルに搭載。
オメガは時計の未来を作っているのだ。



[上]
天文台が主催する精度コンクールで、圧倒的な好成績を収めてきたオメガが、その象徴として作ったのが「コンステレーション」だ。
ベゼルに入った4つの爪がデザイン的特徴であり、さらに6時位置にはオメガが特許を取得したコンステレーション スターカットダイヤモンドをセット。
●コンステレーション(径24mm/18KWGケース/クオーツ/キャリバー Cal. 1376/18KWGブレスレット)
1,944,000円
2017年発表モデル

[中]
〝ムーンウォッチ?として知られるスピードマスターだが、その原点はレーシングウォッチ。
そのDNAを受け継ぐ新作は、ベゼルにホワイトエナメルのタキメータースケールを配置し、ダイヤルにはチェッカーフラッグをイメージしたミニッツトラックを入れ、精悍な顔つきになっている。
●スピードマスター レーシング マスター クロノメーター(径44.25mm/SSケース/自動巻き/キャリバーCal. 9900/パワーリザーブ60時間/アリゲーターストラップ)
972,000円
2017年発表モデル
東武先行販売

[下]
リューズ周りをすっきりとさせることで、ケースを対称形に変更。
そのフォルムの美しさを強調するために、クルーザーのデッキをイメージしたストライプ模様であるチークコンセプトを横線に変更している。
15,000ガウスに対応する耐磁ムーブメントCal.8900を搭載した高精度ウォッチだ。
●シーマスター アクアテラ マスター クロノメーター(径41mm/SS×18Kセドナゴールドケース/自動巻き/キャリバーCal. 8900/パワーリザーブ60時間/SS×18Kセドナゴールドブレスレット)
1,188,000円
2017年発表モデル






TAG HEUER
タグ・ホイヤー Since 1860
価格戦略でさらに魅力的に
スポーツウォッチとして圧倒的な知名度と人気を誇るタグ・ホイヤーだが、ここ数年は価格帯も強く意識する。
大規模ブランドというスケールメリットを生かし、〝価格の数倍の価値を作る?ことを明言しているのだ。
この戦略を牽引するのが、時計業界のカリスマ経営者であるジャン-クロード・ビバー氏。
彼が得意とするマーケティング戦略もスタートしており、今後が見逃せない。




  • [左]
    自社製クロノグラフムーブメントにスケルトン仕上げを施し、さらに複雑構造のケースに収めるという凝った時計でありながら、価格を60万円台に収め、コストパフォーマンスのよさが際立つ。
    ベゼルにはブルーセラミックを使用し、トレンドカラーも楽しめる。
    ●タグ・ホイヤー カレラ キャリバーホイヤー01 クロノグラフ(径43mm/SSケース/自動巻き/キャリバー ホイヤー01/パワーリザーブ約50時間/SSブレスレット/セラミックべゼル)
    604,800円(予価)
    2017年発表モデル

  • [中]
    溌剌(はつらつ)としたイメージがあるため、女性からの人気も高いタグ・ホイヤー。
    インデックスに華やかにダイヤモンドをセッティングし、ダイヤルはマザー・オブ・パール製。
    オールホワイトでまとめることで、スポーティでありながら、エレガントな装いに。
    ●タグ・ホイヤー カレラ レディダイヤモンド(径36mm/SSケース/クオーツ/ホワイトアリゲーターストラップ/ホワイト・マザー・オブ・パール・ダイヤル)
    280,800円(予価)
    2017年発表モデル

  • [右]
    ブランドアンバサダーであるプロサッカー香川真司選手とのコラボレーションモデル。
    サッカーの試合時間を意識した45分間のカウントダウンベゼルはセラミック製。
    ケースバックには香川選手のサインをデザインし、さらに限定ボックスも付いてくる。
    ●アクアレーサー キャリバー5 香川真司 エディション(径43mm/SSケース/自動巻き/キャリバー5/パワーリザーブ約40時間/SSブレスレット/セラミックベゼル/限定ボックス付き)
    318,600円(予価)
    2017年 香川真司限定モデル
    日本限定400本





IWC
アイ・ダブリュー・シー Since 1868
機能的な美しさがある
IWCはスイス時計業界のなかでは異色の存在だ。
創業者はアメリカの時計職人で、高い品質と効率的な時計製造の融合を実現するために、水力発電所があるスイス北東部、ドイツ語圏の街、シャフハウゼンに拠点を構えた。
技術革新に取り組み、独創的な設計には機能美が宿る。
今年は「ダ・ヴィンチ」がリニューアルされ、レディスウォッチも多く発表された。




  • [左]
    イタリアの優雅なリゾート地の名を冠する「ポートフィノ」は、シンプルな大型ケースと優美でクラシカルなデザインが特長。
    12時位置にはムーンフェイズ表示が収まり、8時位置にはパワーリザーブ表示。
    すらりと伸びた針がミニッツトラックに重なり、的確に時刻を指し示す、機能的で美しい仕上がりだ。
    ●ポートフィノ・ハンドワインド・ムーンフェイズ(径45mm/SSケース/手巻き/キャリバー59800/パワーリザーブ8日間/アリゲーターストラップ)
    1,458,000円
    2017年発表モデル
    予約販売(お渡しは2017年10月予定)

  • [中]
    4つのインダイヤルを使ったパーペチュアルカレンダーモデル。
    12時位置のクロノグラフ積算計には、ムーンフェイズ表示を統合。
    ホワイトゴールドの粒子が散りばめられた背景も美しい。
    スレートグレーダイヤルが洗練された雰囲気を漂わせる。
    さりげなく西暦表示も収まる、数百年単位で使える時計だ。
    ●ダ・ヴィンチ・パーぺチュアル・カレンダー・クロノグラフ(径43mm/SSケース/自動巻き/キャリバー89630/パワーリザーブ68時間/アリゲーターストラップ)
    3,650,400円
    2017年発表モデル
    予約販売(お渡しは2017年10月予定)

  • [右]
    小振りで可憐な36mmケースに、大き目のムーンフェイズ表示を組み合わせ、美しいアクセントとしている。
    ラグは可動式なので華奢な手首にも綺麗に収まる。
    イタリアの名門靴ブランド、サントーニ社が製造したアリゲーターストラップのブラウンの色合いも美しい。
    ●ダ・ヴィンチ・オートマティック・ムーンフェイズ36(径36mm/K18RGケース/自動巻き/キャリバー35800/パワーリザーブ42時間/アリゲーターストラップ)
    1,998,000円
    2017年発表モデル
    予約販売(お渡しは2017年10月予定)





PIAGET
ピアジェ Since 1874
極薄ウォッチに敬意を払って
極薄ムーブメントを得意とするピアジェ。
その出発点となったのが、1957年に完成させた厚さ2mmの手巻きCal.9Pだ。
ピアジェではこのムーブメントを使うことで、ダイヤルやケースデザインで工夫を凝らしてもエレガントさを失わずに、理想とする時計を作ることが可能になった。
今年は極薄ウォッチの60周年ということで、記念碑に残るようなモデルを発表している。




[上]
1960年に誕生した極薄の自動巻きCal.12Pの流れを汲む、Cal.1203Pを搭載。
3時位置にカレンダーを搭載して実用性を高めているにもかかわらず、ケースの厚みは6.36mmしかない。
グリーンダイヤル×イエローゴールドケースの鮮やかさに目を奪われてしまう。
●アルティプラノ(径40mm/18KYGケース/自動巻き/キャリバー1203P/パワーリザーブ約44時間/グリーンアリゲーターストラップ)
2,997,000円
2017年発表モデル
世界限定260本
東武販売予定数1本

[中]
極薄手巻きムーブメントを搭載し、ケースの厚みは6.30mm。
ジュエラーとしても名高いピアジェでは、ベゼルのジェムセッティングも自社工房で行っている。
ピンクダイヤルにピンクのアリゲーターストラップを組み合わせ、可愛らしい雰囲気に仕上げている。
●アルティプラノ(径34mm/18KWGケース/手巻き/キャリバー430P/パワーリザーブ約43時間/ピンクアリゲーターストラップ)
3,078,000円
2017年発表モデル
世界限定360本
東武販売予定数1本

[下]
ピアジェはクオーツ式ムーブメントであっても薄型を目指す。
そして、ダイヤル素材やケースデザインにも凝ることでさらなる美しさを追究している。
このモデルは2針の端正なデザインをベースに、インデックスやベゼルにダイヤモンドを散りばめて華やかさを強調させた。
●トラディション(径19mm/18KPGケース/クオーツ/キャリバー59P/18KPGブレスレット)
3,537,000円
2017年発表モデル





BREITLING
ブライトリング Since 1884
哲学を堅持し、ファンの期待に応えつづける
ブライトリングほど顧客から高い支持を集めているブランドはないだろう。
クロノグラフの名門という歴史的重みだけでなく、100%クロノメーター認定の取得や充実したアフターサービスの提供など、ユーザーメリットを意識した方針を実践しているからだ。
例年人気の高い日本限定モデルも充実し、さらに新しい試みもスタート。
時計を知る人ほど、このブランドのすごさを知っている。




  • [左]
    ブライトリングのラインナップのなかで、最もスモールサイズ(29mm)のモデル。
    タングステンカーバイト・ベゼルが美しい輝きを保ちつづける。
    また文字盤には、女性らしさを一層引きたてるダイヤインデックスを配した桜色マザー オブ パールを採用。
    日本のためだけに作られた特別な1本となっている。
    ●ギャラクティック 29 ピンク マザー オブ パール(径29mm/SSケース/スーパークオーツ/キャリバー ブライトリング72/SSブレスレット/2年間保証)
    621,000円
    2017年発表 日本特別モデル

  • [中]
    ふたつの事象を同時に計測できるスプリットセコンド式のクロノグラフ機構(ラトラパンテ)を、航空時計「ナビタイマー」に搭載。
    新開発の自社製ムーブメントCal.B03は、超複雑機構でありながら、製造のしやすさ、メンテナンス性を考慮して設計されている。
    ブランドの哲学を示す秀逸なキャリバーだ。
    ●ナビタイマー ラトラパンテ(径45mm/SSケース/自動巻き/キャリバー ブライトリングB03/パワーリザーブ70時間/クロコストラップ/スプリットセコンド・クロノグラフ/5年間保証)
    1,382,400円
    2017年発表モデル
    予約販売(お渡しは2017年10月予定)

  • [右]
    フラッグシップモデルである「クロノマット」から誕生した日本特別モデル。従来モデルではベゼルのデザインが変更されていたが、本作で1984年の初代モデルで考案されたライダータブが復帰した。
    もちろん自社ムーブメントのCal.01や500m防水など、優れたスペックはそのまま。
    価格もかなり魅力的だ。
    ●クロノマット JSP(径44mm/SSケース/自動巻き/キャリバー ブライトリング01/パワーリザーブ70時間/SSブレスレット/5年間保証)
    896,400円
    2017年発表 日本特別モデル





CARL F. BUCHERER
カール F. ブヘラ Since 1888
ユーザー目線の時計作り
ルーツは1888年に創業したルツェルンの名門時計店「ブヘラ」。
同社ではオリジナルウォッチの製造にも力を入れており、その品質は一流ブランドと肩を並べるほどだった。
その後高級時計部門を独立させて本格的な時計製造を開始したが、時計販売で培ったユーザー本位の時計作りは健在。
今年はカラーリングで個性を発揮しており、目を惹きつける華やかなモデルが揃った。




  • [左]
    ラ・ジュー・ペレ社が専用開発した2カウンター式のクロノグラフムーブメントを搭載。
    ’60年代モデルを思わせるクラシックなデザインだが、ダイヤルカラーをブルーグレーにすることで、洗練された美しさを演出。
    ケースも大きく、眺めていても楽しい。
    ●マネロ フライバック(径43mm/SSケース/自動巻き/CFB 1970キャリバー/パワーリザーブ42時間/アリゲーターストラップ/コラムホイール式フライバッククロノグラフ)
    950,400円
    2017年発表モデル
    東武販売予定数1本

  • [中]
    ここ数年、カラーダイヤルで時計をファッション的に楽しもうという提案が増えてきた。
    特に深みのあるグリーンは、今年から目立ち始めた注目色である。 見た目は華やかだが、デイ・デイトに加えて3時位置にはパワーリザーブ表示もあり、機能面も楽しめる。
    ●マネロ パワーリザーブ(径42.5mm/SSケース/自動巻き/CFB A1011自社製キャリバー/パワーリザーブ55時間/カーフストラップ/ペリフェラルローター)
    1,328,400円
    2017年発表モデル
    世界限定188本
    東武販売予定数1本
    予約販売(お渡しは2017年10月予定)

  • [右]
    ペリフェラル(環状)ローターを使った自社製ムーブメントCal.CFB A1011を搭載。カレンダー表示を左側にもってくるレイアウトに、独自の美意識を感じる。
    鮮やかなブルーグラデーションのダイヤルも美しく、腕元で強く主張してくれるだろう。
    ●マネロ パワーリザーブ(径42.5mm/SSケース/自動巻き/CFB A1011自社製キャリバー/パワーリザーブ55時間/カーフストラップ/ペリフェラルローター)
    1,328,400円
    2017年発表モデル
    世界限定188本
    東武販売予定数1本
    予約販売(お渡しは2017年10月予定)





CHANEL
シャネル Since 1910
メゾンの哲学が宿る時計
シャネルの時計には、創業者マドモアゼル シャネルの哲学が生きている。
2000年に登場した旗艦コレクションの「J12」は、セラミックをケースやブレスレットに使用し、普遍的でピュアな美しさを表現。
時計業界に新風を吹き込んだ「J12」は、今でも高い人気を誇っている。
新定番として人気が高い「ボーイフレンド」は香水、シャネル N°5のボトルストッパーがモチーフ。
随所にシャネルの歴史が詰まっているのだ。




[上]
ホワイトの「J12」をベースに、ストリートアートから着想を得たデザインを取りいれた限定モデル。
シルバーで描かれたアラビア数字のインデックスは、ダイヤルからベゼル部分にまでこぼれ落ちるかのようなクリエイティヴ溢れるもの。
目を楽しませる時計に仕上がった。
●J12 グラフィティ(径38mm/ハイテク セラミックケース/自動巻き/パワーリザーブ42時間/ハイテク セラミックブレスレット)
623,700円
2017年発表モデル
世界限定1200本

[中]
33mmケースのレディスウォッチ。
本来〝時間?というものは、寸分の誤差もなく、過去から未来へと流れさるもの。
そんな時間の象徴となるインデックスを崩してしまうことで、時間というルールから解放されたよう。
そんなメッセージを感じる時計だ。
●J12 グラフィティ(径33mm/ハイテク セラミック ケース/クオーツ/ハイテク セラミックブレスレット)
550,800円
2017年発表モデル
世界限定1200本

[下]
シャネルを象徴する素材、ツイードがモチーフとなったブレスレットは、ベージュゴールドのワイヤーを編みこみ、ツイードパターンを型押ししている。
しなやかで着け心地がよく、サイズ調整も容易。同社の独自素材、ベージュゴールドの色味も特徴の1本。
●ボーイフレンド ツイード(縦27.9×横21.5mm/18Kベージュゴールドケース/クオーツ/18Kベージュゴールドブレスレット)
3,888,000円
2017年発表モデル





FENDI
フェンディ Since 1925
アイコニックな美的デザイン
1925年にローマで創業したフェンディ。
ファーを得意とするラグジュアリーメゾンは、’88年にフェンディ タイムピーシズを設立し、時計にも力を入れている。
近年はフェンディ家4代目で、ジュエリーデザイナーとして活躍するデルフィナ・デレトレズ・フェンディとコラボレーションした、多層構造を駆使した幾何学的なデザインの時計「ポリクロミア」が話題になっている。



[左]
ホワイトの洗練された美しさとゴールドの華やかさを融合。
メイン素材はステンレススチールとイエローゴールド。
ダイヤモンドとマザー・オブ・パールをあしらうことで、光の加減によるきらめきの変化を楽しめる。
価格もこなれている。
●ポリクロミア(径33mm/SS×18KYGケース/クオーツ/アリゲーターストラップ/ダイヤモンド/マザー・オブ・パール)
988,200円

[中]
ケースに使用されるのは、ホワイトゴールドとイエローゴールド。
ブラウンの部分はタイガーアイで、マザー・オブ・パールも使用する。
ダイヤモンドもセッティングしており、とにかく華やか。
アシンメトリーな配置のおかげで見る角度によって印象が変わる。
●ポリクロミア(径33mm/18KWG×18KYGケース/クオーツ/アリゲーターストラップ/ダイヤモンド/タイガーアイ/マザー・オブ・パール)
2,268,000円
世界限定50本

[右]
全体をピンクトーンにまとめた可憐なドレスウォッチ。
ベースはローズゴールドとホワイトゴールドで、オパールとマザー・オブ・パールで装飾。
ダイヤモンドもセッティング。
柔らかな印象に仕上げており、優雅な時間のためのアクセサリーとなる。
●ポリクロミア(径33mm/18KRG×18KWGケース/クオーツ/アリゲーターストラップ/ダイヤモンド/ピンクオパール/マザー・オブ・パール)
2,268,000円
世界限定50本





CENTURY
センチュリー Since 1966
サファイアクリスタルで煌きを放つ
地球上でダイヤモンドに次ぐ硬度をもつサファイアクリスタルは、透明度も高いため、時計業界では風防ガラスに用いられる。
この素材に丁寧なカッティングを施し、まるでジュエリーのような煌きを放つサファイアケースを作るのがセンチュリーの特長だ。
ブランド独自のサファイアケースで特許を取得しており、文字通り〝唯一無二?の美しい時計を作っている。




  • [左]
    ステンレススチールのケースバックにマザー・オブ・パール製のダイヤルを合わせ、さらに、28面ものファセットカットを施したサファイアクリスタルを一体化。
    ケースの複雑なデザインを、ダイヤモンドで贅沢にまとめている。
    ●アフィニティー(縦32.7×横21.1mm/センチュリーサファイアケース/クオーツ/10気圧防水/SSブレスレット)
    637,200円
    2017年発表モデル

  • [中]
    ハンドカッティングされたサファイアケースの中に煌く結晶を内包したアベンチュリンをセッティング。
    ラグ部分にはダイヤモンドを可憐にあしらい、ブルーのサテンストラップと共に艶っぽい雰囲気に仕上がっている。
    ●ボレロ(径19mm/センチュリーサファイアケース/クオーツ/10気圧防水/サテンストラップ)
    928,800円
    2017年発表モデル

  • [右]
    サファイアケースの中にマザー・オブ・パールをセッティングしたドレスウォッチ。
    ハンドカッティングで60ものファセットを施したサファイアクリスタルとベゼルなどにセットした133個のダイヤモンドが、まばゆい輝きを作りだす。
    ●ラヴェニュー(径28mm/センチュリーサファイアケース/クオーツ/10気圧防水/アリゲーターストラップ)
    1,998,000円
    2017年発表モデル
    東武先行販売





HUBLOT
ウブロ Since 1980
進化と革新は続く
2005年に発表した「ビッグ・バン」の大成功によって、一躍スターダムへと駆け上がったが、10年以上たった現在でも、前衛的な時計作りへの強い意思は変わらない。
確立したデザイン文法は継続しつつ、業界のトップリーダーとのパートナーシップやケースバリエーションの拡充で、新たな魅力を作りだす。
今年は創業70周年を迎えたフェラーリとのコラボレーションウォッチが話題になった。 




  • [左]
    「ビッグ・バン」の特徴であるケースの多層構造を取り入れたトノー型ウォッチ。
    ケース素材はウブロ独自素材のキングゴールドで、ベゼルにパヴェダイヤモンドを贅沢にセッティング。
    前衛的なデザインと、ウブロの革新的な技術が〝フュージョン(融合)?したタイムピース。
    ●スピリット オブ ビッグ・バン キングゴールド パヴェ(幅42mm/18Kキングゴールド&ダイヤモンドケース/自動巻き/クロノグラフ/キャリバーHUB4700/パワーリザーブ約50時間/ブラウンアリゲーター×ブラックラバーストラップ/18Kキングゴールド&ダイヤモンドベゼル)
    6,004,800円
    2017年発表モデル

  • [右]
    2012年に初めて発表されたフェラーリとのコラボレーションは、年を追うごとに新しい仕掛けを取りいれてきた。
    今年の新作はケースデザインを変更し、ダイヤルデザインもフェラーリのメーターを意識。
    内装に使用されるスケドーニレザー×ブラックラバーのストラップも付属。
    ●ビッグ・バン フェラーリ チタニウム(径45mm/Tiケース/自動巻き/クロノグラフ/キャリバーHUB1241/ウブロ自社開発・製造ムーブメント〝Unico?/パワーリザーブ約72時間/ブラックアルカンターラレザー×ブラックラバーストラップ)
    3,002,400円
    2017年発表モデル
    世界限定1000本





CHARRIOL
シャリオール Since 1983
オリジナリティを追求
時計宝飾業界で活躍してきたフィリップ シャリオール氏が、自身でブランドを立ち上げたのが1983年のこと。
時計からスタートし、レザーグッズやアクセサリーなど多岐にわたってアイテムを展開するようになったが、ブランドの伝統として受け継いでいるのが、古代ケルト人が好んだ螺旋の装飾トルクだ。
共通するモチーフを使いつづけることで、歴史を継承していく最中にある。



[上]
ミステリアスな雰囲気漂うパープルカラー、そしてベゼルやダイヤルにダイヤモンドをセッティングして華やかさを加えた、女性らしさ溢れる1本。
シャリオール初期のアイデンティティを今に伝えるコレクションであり、U字型のリューズデザインがワンポイントにもなっている。
●コロンブス(径36mm/SSケース/クオーツ/カーフストラップ/ダイヤモンドベゼル/ダイヤモンドインデックスダイヤル)
623,160円
2017年発表モデル
予約販売(お渡しは2017年9月予定)

[中]
ブランドのアイコンである「トルク」モチーフを取りいれたラグジュアリーウォッチ。
ベゼル部分には、アメジストとピンクサファイア、そしてダイヤモンドをセッティング。
徐々に色が変わっていくように石を配置しており、優美さでも群を抜いている。
●サントロペ グラマラス(径25mm/SSケース/クオーツ/SSケーブルブレスレット/ダイヤモンドインデックスダイヤル)
842,400円
2017年発表モデル
予約販売(お渡しは2017年9月予定)

[下]
「トルク」モチーフを使ったブレスレットには、ブラックPVD処理を施してシックな雰囲気に。
ダイヤルやインデックス部分には、ブラックのマザー・オブ・パールを採用。
モノトーンのルックスはシックで上品な印象を手元に加える。
●サントロペ(径25mm/SSケース/クオーツ/SSケーブルブレスレット(ブラックPVD加工)/ブラック・マザー・オブ・パール/ダイヤモンドベゼル)
210,600円





CHRONOSWISS
クロノスイス Since 1983
古典を受け継ぐ時計ブランド
時計師ゲルト・ラングが立ちあげたクロノスイスは、スイス時計産業への敬意が込められている。
創業当初は業界で失われつつあったギヨシェ彫りやエナメルなどの伝統技法を取りいれ、少量生産をしていた。
愛好家の心をくすぐる時計は徐々に話題となっていった。
2012年に、ドイツのミュンヘンからスイスのルツェルンにオフィスを移転。古典を愛する信念は現在も変わらない。




  • [左]
    時分秒針がそれぞれ独立しているため、視認性に優れているのが特徴であるレギュレーターを搭載。
    この機構はかつて時計工房に置かれ、時刻調整用のマスタークロックとして使用されていたといわれる。
    このモデルではカレンダーを加えて実用性を高めている。
    ●シリウス レギュレーター クラシックデイト(径41mm/SSケース/自動巻き/キャリバーC.292/パワーリザーブ38時間/10気圧防水/ルイジアナ・アリゲーターレザーストラップ)
    529,200円
    2017年発表モデル

  • [中]
    上部のインダイヤルの分針が一周し、12時位置に到達すると、その瞬間にアワーディスクが回転するというジャンピングアワー機構を搭載。
    ダイヤルには精緻(せいち)なギヨシェ彫りを施しており、その上をブルーエナメルで仕上げるという、非常に手のこんだ仕上がりだ。
    ●シリウス アーティスト・レギュレーター ジャンピングアワー(径40mm/自動巻き/キャリバーC.283/パワーリザーブ42時間/ルイジアナ・アリゲーターレザーストラップ/スターリングシルバー+エナメルダイヤル/シースルーケースバック)
    1,722,600円

  • [右]
    クロノスイスのアイコンであるレギュレーターをベースとした特別モデル。
    雑誌『プレイボーイ』のドイツ版の出版45周年を記念して、歴代プレイメイト45人をピンナップガール風のイラストにしてケースバックに掲載するというユニークさ。
    唯一無二な時計だ。
    ●レギュレータークラシック・プレイボーイエディション(径40mm/SSケース(ブラックDLC加工)/自動巻き/キャリバー C.291/パワーリザーブ38時間/ルイジアナ・アリゲーターレザーストラップ)
    766,800円
    2017年発表モデル
    世界限定45本





FRANCK MULLER
フランク ミュラー Since 1992
天才時計師、25年目の情熱
天才時計師として注目されていたフランク ミュラーが自身の名を冠した時計ブランドを立ち上げてから、今年で25周年を迎えた。
美しいデザインと独創的な機構で時計業界に衝撃を与え続けてきた天才は、今、「ヴァンガード」と命名した新型のトノウ型ケースの発展に力を入れている。
優美だが力強いフォルムは、次なる25年を疾走するための原動力となるだろう。



脱進機を回転させることで重力の影響をキャンセルするオフセットトゥールビヨン機構を搭載。
回転軸とテンプの位置をずらすことで、その効果を大きくしている。
ムーブメントも重力を感じさせない軽やかなスケルトン設計にして、繊細ながら卓越した機能美を作りあげた。
●ヴァンガードTM グラビティ スケルトン(縦53.7×横44.0mm/Tiケース(ブラックPVD加工)/手巻き/パワーリザーブ約5日/クロコダイル×ラバーストラップ)
19,170,000円
2017年発表モデル
予約販売(お渡し時期未定)





HYT
エイチ・ワイ・ティ Since 2012
歴史と常識を破壊する
機械式時計は針を使って時刻を表示する。その常識に挑んだのがHYTである。彼らが注目したのは液体。
時計内部にふいごを組みこみ、時間の経過と共に圧力を加えることで、ゆっくりと液体を動かしていくのだ。
分子構造が違う特殊な透明の液体と色付きの液体は成分が異なるため混ざることはなく、その境界線が時針となる仕組み。
前衛的な表示方法であり、その挑戦心に敬意を払いたい。



技巧派工房「オーデマ ピゲ ルノー・エ・パピ」と傘下の「プレシフレックス」が共同開発した特殊ムーブメントは、ダイヤル下部のV字に配置したふいごからガラス管を通って液体が移動する仕組みで、現在時刻は10時10分。
時刻が6時まで達すると圧力が抜けて境界線が戻ってくるという広義のレトログラード機構だ。
●H2 トラディション(径48.8 mm/WG&Tiケース/手巻き/キャリバーCal. 201/パワーリザーブ192時間/アリゲーターストラップ)
27,172,800円
2017年発表モデル
世界限定50本
東武販売予定数2本





GRAND SEIKO
国産時計の最高峰ブランドが深化する
1960年に誕生した「グランドセイコー」は、精度とデザインの両面で世界最高峰を目指した。
この名門が今年から独立したブランドとなった。
大きなデザインの変更はないが、12時位置に「GS」ロゴを掲げ、さらにラグジュアリー化を進めていく。
今後が楽しみだ。



グランドセイコー初の飽和潜水用機械式ダイバーズウォッチ。
大切に守ってきた高精度ハイビートムーブメントの歴史を受け継ぐ、毎時36,000振動ムーブメントを搭載。
●グランドセイコー メカニカルハイビート36000 プロフェッショナルダイバーズ600m(径46.9mm/ブライトチタンケース/自動巻き/キャリバー9S85/パワーリザーブ約55時間/強化シリコンストラップ付属/600m飽和潜水用防水/ブライトチタンブレスレット)
1,101,600円
2017年発表モデル
世界限定500本
東武販売予定数3本




SEIKO
セイコー Since 1881
高品質ウォッチの歴史は続く
グランドセイコーが去ったとはいえ、セイコーにはエレガンスウォッチの「クレドール」と、オリジナリティで勝負する「ガランテ」というトップブランドは健在。
セイコーの時計作りの伝統を、それぞれに個性を生かした形で進化させる2ブランドにも期待が集まる。



[左]
アクシデントによって時計が壊れたような瞬間を封じこめたユニークなデザインの新作。
ベゼルやケースにも衝撃が加わったかのような演出を取りこんでおり、個性が強い。
●セイコー ガランテ SBLA103(径44.9mm/SSケース/自動巻きスプリングドライブ/キャリバー5R 66/パワーリザーブ約72時間/シャークストラップ/日常生活用強化防水(20気圧))
1,004,400円
2017年発表モデル

[右]
小振りなオーバルケースにダイヤモンドをセッティング。
ダイヤルはマザー・オブ・パール製で、光を受けると虹色に輝く。
日本の美意識を堪能できるドレスウォッチだ。
●クレドール JURI 特選品 GTTE539(縦26.8×横19.0mm/18KWGケース/クオーツ/キャリバー1E70/ダイヤモンド/日常生活用防水(3気圧)/白蝶貝ダイヤル(白)/18KWGブレスレット)
2,916,000円
2017年発表モデル






CITIZEN
シチズン Since 1918
デザインと機構が融合する
シチズンの快進撃が目覚ましい。エコ・ドライブやGPS衛星電波時計など、
時代に即した機能を磨きあげていることも要因だが、何よりもデザインが刺激的だ。
目を疑うほど薄いアナログウォッチやロマンを感じさせる複雑機構を作ることで、趣味性の高い時計に仕上げた。
もちろんそれを可能にするのは、積みあげてきた歴史あってのものである。



[上]
機械式時計の世界では最も複雑で高価な機構とされるミニッツリピーターを、クオーツ式ムーブメントを使うことで、もっと気軽に楽しめるようにした。
水琴窟(すいきんくつ)をイメージした澄んだ音色が特徴で、水面に水滴が落ちた際の波紋が漆黒の世界で際立っている。
●カンパノラ ミニッツリピーター(径42mm(設計値)/SSケース/クオーツ/キャリバー6762/クロコダイルストラップ)
432,000円
2017年発表モデル
限定200本
東武販売予定数5本
予約販売(お渡しは2017年8月予定)

[下]
北緯35度(つまり日本の位置)から見える星空の様子を時計で再現する天体ウォッチ。
14もの版を重ねることで、4.8等星以上の恒星1027個と星雲や星団166個を正確に表現した。
ダイヤルやケース、ストラップなどは、漆黒でまとめることで果てしない宇宙空間をイメージ。
●カンパノラ コスモサイン(径44mm(設計値)/SSケース/クオーツ/キャリバー4398クロコダイルストラップ)
345,600円
2017年発表モデル
限定350本
東武販売予定数10本
予約販売(お渡しは2017年8月予定)



エコ・ドライブ40周年の節目に生まれたアナログ式世界最薄の光発電時計がアップデイト。
1mm厚のムーブメントや2.98mm厚(※)のケースというスペックは変わらないが、デザインを刷新してモダンな雰囲気を高めた。
ブラック×ゴールドの配色も、贅沢で官能的である。
●エコ・ドライブ ワン(径39mm(設計値)/SSケース/クオーツ/キャリバー8826/クロコダイルストラップ/光発電エコ・ドライブ)
432,000円
2017年発表モデル
予約販売(お渡しは2017年秋予定)
※値は設計値です。公差の関係で最大0.22mmの誤差が生じる場合があります。





CASIO
カシオ Since 1946
いざ、世界ブランドへ
カシオではアナログウォッチに力を入れており、ライバルたちを凌駕するために、GPS衛星や標準電波に加えて、スマートフォンとも連動する〝Connected エンジン 3-Way?を考案して高精度技術にも磨きをかけた。
世界ブランドとなった「G-SHOCK」とビジネスマンから絶大な支持を集める「オシアナス」の2本柱は、最先端のイメージを守りつつ、時計としての価値も高めている。




  • [左]
    日本隊が初登頂に成功した名峰マナスルの名を冠するアウトドアウォッチ。
    世界的アルピニストの竹内洋岳氏のアドバイスを取りいれ、視認性を高めることを重視。
    さらにトリプルセンサーを内蔵し、方位や高度を正確に計測。天候の急変も感知する時計だ。
    ●プロトレック PRX-8000MT-7JR(径52.5mm/樹脂×Tiケース/タフソーラー/標準電波受信(世界6局)/トリプルセンサー(方位計、高度・気圧計、温度計)/日付・曜日表示/フルオートカレンダー/10気圧防水/Tiブレスレット)
    183,600円
    2017年発表モデル
    世界限定300本
    東武販売予定数5本

  • [中]
    洗練されたメタルアナログウォッチ「オシアナス」は、機能もさることながら、カラーリングにこだわりがある。
    DLC仕上げのケースやブラックダイヤルに映えるブルーは、焼き物の底に流れたまった釉薬(ゆうやく)が作る美しいグラデーションをイメージ。
    ●オシアナス OCW-G2000S-1AJR(径46.1mm/Tiケース/タフソーラー/Bluetooth搭載/GPS衛生電波受信/標準電波受信(世界6局)/日付・曜日表示/フルオートカレンダー/10気圧防水/Tiブレスレット)
    388,800円
    2017年発表モデル
    世界限定150本
    東武販売予定数5本

  • [右]
    G-SHOCKはプレミアム戦略が進行中。
    最高峰モデル「MR-G」では、伝統工芸などに用いられる鎚起(ついき)技法を駆使して、美的表現にもこだわった。
    最新作は霞鎚目(かすみついめ)と呼ばれる模様を施した、世界最強のタフウォッチであり、一品一様の手作業の温かみも楽しめる。
    ●G-SHOCK MRG-G2000HT-1AJR(径49.8mm/Tiケース/タフソーラー/Bluetooth搭載/GPS衛生電波受信/標準電波受信(世界6局)/日付・曜日表示/フルオートカレンダー/20気圧防水/Tiブレスレット)
    864,000円
    2017年発表モデル
    世界限定500本
    東武販売予定数3本
    予約販売(お渡しは2017年8月予定)




[6F <第二会場>時計サロン(8~10番地)]





BAUME & MERCIER
ボーム&メルシエ Since 1830
老舗ブランドの新たな可能性
現在まで一度も途切れることなく時計を作りつづけており、アーカイブを引用したクラシックスタイルを得意とするが、近年はクラシックスポーツカーとのコラボレーションもスタート。
歴史と伝統を軸とすることには変わりはないが、派生した新展開にも注目だ。



1960年代に活躍した伝説のレーシングカー、シェルビー コブラ デイトナ クーペ(CSX2299)からインスピレーションを得た、シェルビー・コブラとのコラボ第3弾。
ツートンカラーのダイヤルが特徴で、赤いクロノグラフ秒針には、コブラのマークが入っている。
●クリフトン クラブ シェルビー® コブラ CSX2299(径44mm/SS×Tiケース/自動巻き/キャリバーLa Joux-Perret8147-2/パワーリザーブ42時間/カーボンカーフストラップ)
891,000円
2017年発表モデル
世界限定196本





TISSOT
ティソ Since 1853
歴史と伝統に裏打ちされた良質なスイス時計
1853年に創業し、耐磁時計やワールドタイマーなどいくつもの〝世界初?を作りだした名門のティソ。
ブランドロゴにスイス国旗の〝+?を使用することを許された数少ないブランドであり、生産数もトップクラスを誇る。
その重厚な歴史と革新性を堪能したい。



ロマノフ王朝期のロシアで王侯貴族のために製造した長方形ウォッチが、100周年を経た復刻モデル。
モデル名が示す通り、ケースが柔らかに湾曲しており腕馴染みがよく、当時のデザイン性を受け継ぐ。
●ティソ ヘリテージ バナナ センテナリー 日本スペシャルエディション(縦49×横27mm/SSケース/クオーツ/キャリバーETA 901.001/アリゲーターストラップ)
48,600円
2017年発表モデル
日本限定500本
予約販売(お渡しは2017年9月予定)





BULOVA
ブローバ Since 1875
前衛的な技術は今も健在
NASAと協力関係を深め、月面探査機の計時装置を供給していたブローバは、世界初のクロックラジオや音叉(おんさ)式ムーブメントを開発した技術派ブランド。
その独自性は今も健在であり、史上初の湾曲したムーブメントなどを作る。
前進こそが彼らの伝統なのだ。



ブローバ独自の高精度クオーツ式ムーブメントを採用。
しかもそのムーブメントがケースのカーブに合わせて湾曲しているため、非常に腕馴染みのよい時計に仕上がっている。
●カーブ プログレッシブスポーツ(径44mm/SSケース(ローズゴールドPVD加工)/クオーツ/ハイパフォーマンスクオーツ/キャリバー/ラバーストラップ)
125,280円
2017年発表モデル
予約販売(お渡しは2017年9月予定)





SAINT HONORÉ
サントノーレ Since 1885
パリのエスプリを受け継ぐ
パリを代表するショッピングストリートであるサントノーレ通り。
ここに1885年に時計工房が作られたことからウォッチブランドサントノーレの歴史がスタートした。
長い歴史のなかで培われた時計作りのクオリティと、パリの文化に育まれたエレガントなデザインが魅力のブランドだ。



パリの名所であるオペラ座。
最高峰の芸術を楽しめるその場所をイメージした美しいモデル。
フラワーモチーフのダイヤルと輝くシルバーストラップが、可憐にエレガントに手首を彩ってくれる。
●オペラ(径33mm/SSケース/クオーツ/フラワーモチーフサテンダイヤル)
140,400円
2017年発表モデル



パリのシンボルであるエッフェル塔とコラボレーションしたモデル。
デザインだけでなく、実際にエッフェル塔から切りだされたスチール素材をベゼルに使用。
エッフェル塔委員会の証明書も付属。
●アート コード タワー エッフェル(径42mm/SSケース/自動巻き/キャリバーSellita SW360-1/クロコ型押しブラウンレザーストラップ)
453,600円
2017年発表モデル
世界限定64本





HAMILTON
ハミルトン Since 1892
古きよき時代に思いを馳せる
アメリカの時計文化を牽引したハミルトンは、鉄道用高精度時計やパイロットウォッチ、あるいは可憐なレディスウォッチ、そして当時の最先端技術だった電池式時計まで開発していた一大ブランド。
現在はスイスに拠点を移したが、オリジナリティあふれるスタイルは健在だ。




  • [左]
    1960年代にキャデラックのデザイナーとして活躍したリチャード・アービブ氏が考案した左右非対称ケースは、世界初の電池式時計というアバンギャルドさをビジュアルで表現している。
    ●ベンチュラ(縦50.3×横32.3mm/SSケース(イエローゴールドPVD加工)/クオーツ/クロコ型押しカーフストラップ)
    109,080円
    2017年発表モデル

  • [中]
    1957年に誕生した世界初の電池式ウォッチ「ベンチュラ」。
    その誕生60周年を記念し、当時の雰囲気を残したゴールド色ケースが復刻。
    非対称ケースは現代でも通用する美しさ。
    ●ベンチュラ レディ(縦36.5×横24mm/SSケース(イエローゴールドPVD加工)/クオーツ/クロコ型押しカーフストラップ)
    105,840円
    2017年発表モデル

  • [右]
    1968年に誕生した「クロノグラフB」を復刻。
    〝逆パンダ?と呼ばれる黒地に白のダイヤルなどは継続しつつ、ケースを少し大きくし、カレンダーも加えて現代的にアップデートした。
    ●イントラマチック68 オートクロノ(径42mm/SSケース/自動巻き/キャリバーH-31/標準持続時間60時間/ブラックカーフストラップ)
    279,720円
    2017年発表モデル
    世界限定1968本
    東武販売予定数5本





MICHEL HERBELIN
ミッシェル・エルブラン Since 1947
フランスの国民的ブランド
今年で創業70周年を迎えたミッシェル・エルブランは、スイス国境に近いフランスの街シャルクモンで創業。
フレンチシックなデザインセンスとスイスの時計技術を巧みに取りいれることで、フランスの国民的ブランドへと発展。
今もその情熱には一点の曇りもない。




  • [左]
    普遍的な魅力をもつレクタングルケースに、ブレスレットと長さの異なる2本のレザーストラップを付属。
    ストラップは、工具なしで簡単に変更可能なので、ファッション感覚で楽しめる。
    ●アンタレス(縦32.2×横19.0mm/SSケース/クオーツ/SSブレスレット/1本&レザーストラップ2本付属/ワンタッチ着脱)
    159,840円

  • [右]
    マリンカルチャーへの憧れをデザインに投影。
    クラシックヨットレースをサポートし、そのレースに合わせて、この〝オープンハート?モデルをリリースした。
    たいへん優雅な時計である。
    ●ニューポート オープンハート(径40.3mm/SSケース/自動巻き/キャリバーSW200/パワーリザーブ約38時間/クロコパターン加工ラバーストラップ)
    267,840円





GC
ジーシー Since 1997
自己表現のための時計
コンセプトは〝スマートラグジュアリー?。
トレンドを的確に捉えたデザインとコストパフォーマンスの高さが強みであり、モダンなデザインや素材使いを武器に世界中で人気を博している。
時計を自己主張のためのアイテムと考えるなら、このブランドに注目だ。



[左]
存在感のあるベゼルをローズゴールド色に加工し、型押しクロコのキャメルレザーストラップとの相性も良好。
ケースも大きく、腕元で主張できる時計になっている。
●Gc-3(径43mm/SSケース/クオーツ/スイス製キャリバーRonda 5040/100m防水/クロコ型押しレザーストラップ/サファイアクリスタル)
109,080円
2017年発表モデル
東武販売予定数5本

[右]
ケーブルをベゼルにはめこむという大胆なデザインを取りいれスポーティに。
ダイヤル素材にグレーカラーのマザー・オブ・パールを使用し、1本ラグで個性を作っている。
●レディ シック ケーブル(径32mm/SSケース/クオーツ/スイス製キャリバー Ronda 763.2/100m防水/シリコンストラップ/マザー・オブ・パール・ダイヤル)
41,040円
2017年発表モデル
東武販売予定数5本





MOVADO
モバード Since 1881
時を刻むアート
モバードの代表的なモデル「ミュージアム ウォッチ」。
ネイサン・ジョージ・ホーウィットが描いたデザイン原画(のちにMoMAの永久所蔵品に)を元にしたミニマルで美しい時計は、時計でありながらアートでもあるという、特別な価値を持っている。



オリジナルモデルは1961年に誕生。
12時位置にドットを配置するだけのシンプルで優雅なデザインは、今もその魅力を失っていない。
2017 年の新作はモダンにリファインされた自動巻きモデルだ。
●モダンクラシック オートマティック(径40mm/SSケース(ローズゴールドPVD加工)/自動巻き/ブラックレザーストラップ)
113,400円
2017年発表モデル





SCUDERIA FERRARI
スクーデリア・フェラーリ Since 1947
躍動感あふれる時計たち
自動車メーカーのフェラーリといえば、F1のために市販車を作っていることでも有名。
創業70周年を祝い、原点である同社のレースチーム、スクーデリア・フェラーリから限定モデルが誕生した。
レースファン垂涎の時計である。



本社のフェラーリ・デザインチームが手がけた時計。
カーボン製のダイヤルの上には、視認性を高めるように、インデックスやロゴを配置。
12時位置には跳ね馬が。
●プリマト(径44mm/SSケース/自動巻き/ブラックナイロンストラップ)
335,880円
2017年発表モデル
世界限定399本
予約販売(お渡しは2017年10月予定)





CITIZEN
シチズン Since 1918
美しく時を刻む
シチズンのコレクションのなかでも、特にエレガントなモデルが多いのが「エクシード」。
光発電技術のエコ・ドライブを搭載しつつ、ケースデザインやダイヤモンドで可憐さを表現。
気品高くアピールする、日本の美意識を内包した時計である。



光発電でありながら、星空を思わせるネイビーダイヤルを採用。
ベゼルには22石のダイヤモンドをセッティングした。
ダイヤルに配置された3つのダイヤモンドがアクセントに。
●エクシード プレシャス(径21mm(設計値)/SSケース/光発電エコ・ドライブ/キャリバーG626/SSブレスレット)
356,400円
2017年発表モデル
東武オリジナル限定10本





CASIO
カシオ Since 1946
高品質で所有感高い
カシオといえばエレクトロニクス技術であり、高機能時計が得意だが、魅力はそれだけではない。
カラーリングに徹底的にこだわり、さらには山形カシオに高級品専用のプレミアムプロダクションラインを立ち上げ、メイド イン ジャパンという価値も忘れない。



最新モジュールのConnected エンジン 3-Wayを搭載し、世界のいかなる場所でも正しい現地時刻を示す。
6時位置にはデュアルタイムも搭載しており、簡単な操作でメイン表示との入れ替えも可能。
オシアナスのテーマカラーであるブルーを、巧みに使っている。
●オシアナス OCW-G2000C-1AJF(径46.1mm/Tiケース/タフソーラー/Bluetooth搭載/GPS衛生電波受信/標準電波受信(世界6局)/日付・曜日表示/フルオートカレンダー/10気圧防水/Tiブレスレット)
270,000円
2017年発表モデル
世界限定1500本





SEIKO ASTRON
セイコー アストロン Since 2012
世界で活躍するために
世界中で活躍する日本人の増加は、より時差の悩みを浮き彫りにした。
そこで誕生したのが、GPS衛星を使って現在地を割りだし、正確な現在地時間に修正する機構だ。
「セイコー アストロン」は日本のハイテク技術を集約した、次世紀の高精度時計の標準機を目指している。



小型ビジネスジェット「HondaJet」とのコラボレーションモデルで、飛行機の設計者である藤野道格氏がデザイン監修を行った。
グローバルで活躍するビジネスマンのための時計だ。
●セイコー アストロン エグゼクティブライン 8Xシリーズ デュアルタイム ホンダジェット スペシャル限定モデル(径46.1mm /Tiケース/ソーラーGPS衛星電波修正/キャリバー8X53/日常生活用強化防水(10気圧防水)/Tiブレスレット)
302,400円
限定数量2000本
東武販売予定数3本




[8F 催事場(1~3番地)]





石國商店
一九二十年創業 時計ベルトと修理の店






時計の楽しみ方は革ベルトが広げる
高温多湿な日本の夏を考えると、汗にも強く、清潔に保てるステンレススチール製のブレスレットが使いやすい。
しかしスイスの時計ブランドの多くが革ベルトをラインナップしていることを考えると、〝使わず嫌い?で革ベルトを選択肢から排除してしまうのはもったいない。
革ベルトは連日使えば必ず傷んでくるが、換えのベルトを用意しておけば、その寿命は格段に延びるだろう。
しかもそのベルトを自分なりのセンスでアレンジすれば、ファッション感覚で時計を楽しめる。
石國商店は1920年に創業した、日本で最も古い時計ベルトのメーカー。
熟練職人が作る「クニスタイン」シリーズの革ベルトは、職人が1本1本丁寧に仕上げるこだわりの作りである。
素材も最高級のクロコダイルや発色の豊かなカーフ、個性が高まるオーストリッチなど用意。
なかでも【季縁】というクロコダイルのベルトは水や汗ジミなどのトラブルを防ぐ加工を施しており、おすすめ。
時計はTPOで使い分けるのが上級テクニックだが、革ベルトがあればそれが簡単にできるのだ。


フェア情報


  • 01 クニスタイン特別オーダー受注会
    クロコダイルの革は場所によって斑(まだら)模様が異なるため、どの箇所を使うかでできあがるベルトの雰囲気も変わる。
    今回は特別にクロコダイルの原皮を用意。
    お客様のご希望の斑を選んでオーダーすることができるのだ。


  • 02 修理見積サービス
    8F催事場では、時計修理の受付も実施。
    通常キャンセル時にかかる見積り作成料をこの期間受付分のみ石國商店が負担してくれる。
    家で壊れて止まったままの時計や、眠っている時計があれば相談するチャンスだ。
    ※8F催事場受付のみのサービス・一部除外あり





後援:スイス大使館 スイス時計協会FH (一社)日本時計輸入協会
協力:月刊[ゲーテ]GOETHE


ホームページの表示価格は「消費税率8%」の価格です。